知恵の花

絵の上達に必要な練習〜初心者はまず描くことから始めよう!

   

絵の上達に必要な練習〜初心者はまず描くことから始めよう!

絵が上手な人を見ると、自分もあんな風に描きたいなぁと羨ましくなることがあります。

上手に絵を描くことは自分には無理…と思っている人も多いようですが、練習を積み重ねることによって絵が上達していくようになります。

特に初心者は描くこと自体に躊躇しがちです。

まずは絵を描きながら、正しい練習法やポイントを押さえていくことが重要です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

これでバッチリ!料理の苦手意識を克服するためのプロセス

料理を作ってもなかなかうまくいかない…何度か...

スポンサーリンク


 初心者が絵の練習前に用意しておく道具 

あなたは絵を描くのが好きですか?これからも絵を描き続けて上達もしたい人は、まずは道具を準備をしましょう。

アナログで絵を描く場合に必要なのは、当たり前ですが紙と鉛筆ですね。

紙と鉛筆さえあれば、何かを描くことはできます。

鉛筆はメーカー等で濃さや硬さ、書きやすさが個人で違うと思うので、自分が普段使っていて描き慣れている鉛筆がよいと思います。

次に絵を描くための紙なのですが、絵を描く紙と言うとスケッチブックを思いつくと思います。

量より質を重視した本番向けのスケッチブックは、普段使う紙よりも画用紙のような質感のものが多いので練習に使うにはもったいないです。

なので、私はコピー用紙やクロッキー帳をお勧めします。

スケッチブックは、より多くの画材に適応するために質が良く、厚手の画用紙を使っているため、消しゴムで何度も消しても紙が痛みにくいのがメリットです。

時間をかけてじっくりと描くデッサンに向いているため、本番向けなのです。

しかし、ページ数が少ないために練習用に使うと、すぐに無くなってしまうので値段的にも大変になります。

クロッキー帳とコピー用紙は、紙が薄いため耐久性はなく、水彩など画材が使えない紙ですが、値段も安く、紙の枚数も多いので練習には適しています。

コピー用紙は、プリンターの用紙のことでよく500枚入りなど大きな束で売っています。

綺麗な容姿もありますがリサイクル用紙のほうがより安く購入できるのでお勧めです。

絵の練習だけでじゃなく、メモとしてして使ったりプリンタで書類を印刷するときにも使えるので家にあると便利ですよ。

また、安くて一枚ずつ取り出すことができるので失敗した際に捨てやすいのもよい点です。

クロッキー帳は、ノートの様になっているので過去の絵を見返すのに向いています。

毎日見ていても変化がないかもしれませんが、1カ月や半年後に見直すと自分の絵の上達がわかるので、モチベーションの維持にも効果的です。

クロッキー帳とコピー用紙、好きな方を選んでください。

私のお勧め方法は、コピー用紙で練習をして本調子になった時に本番としてクロッキー帳に描くことです。

是非、試してみてくださいね。

初心者は絵を描く前に練習目標をしっかり立てて! 

絵が上手くなりたい人が「どうやったらそんなにうまく描けるんですか?」と聞いてくると絵を描く知人に言われるのですが、知人は毎回「まずはひたすら描け」と言うそうです。

いきなり絵が上手くなることはありません。

長期戦だと思って、まずは目標立てて挑戦してみましょう。

まずは目標を立てましょう。

長期の目標として365日、1日1枚描きましょう。

最低でも3カ月は頑張ってみてください。

時間がある日や急いでいる方は、期間を決めてポーズ集を1冊終わらせることを目標にしましょう。

絵は男性・女性どちらも描くようにしましょう。

100枚ほど描いていると苦手なパーツが出てくると思いますので、次は苦手なパーツを重点に練習をしましょう。

目標を立てることで、曖昧に描いている状態じゃなくなり、目標を超えるために絵を描くようになります。

すると自然にモチベーションが上がります。

途中で挫折してしまってもいいので、まずは目標を立ててみましょう。

1日1枚カラーまで仕上げるとなると時間がかかりますし難しく感じ、負担になると思います。

なので慣れるまでは腕を慣らすための円を描く練習や模写をして、もっと慣れてきたら ラフやアタリの練習をしましょう。カラーはそれからです。

目標に向かって描くと上達します。

ただ描きたくない時はモチベーションも低いので、描かないで明日のために休みましょう。

目標を続けるには楽しい気持ちで描くことが大事ですよ。

初心者向け!絵の練習を始める前に必要な準備

自分のイメージする絵を紙に描こうと思っても、思うような線が描けないことはありませんか?絵を描くことは手や腕を使うので体操と同じです。

軽く準備運動をして手慣らしをした方が描きやすくなります。

なので、まずは準備運動をしましょう。

丸を描きましょう。

本番の時は分割して描いた方がバランスのよい丸が書けますが、練習なのでなるべく一筆で描きます。

正円じゃなくていいので大小様々に綺麗な丸を紙1枚分に描きましょう。

三角や四角などの図形を描いていきましょう。

こちらも大小様々で色々な図形を描きましょう。

こちらも紙1枚分です。

線を引きましょう。

紙の角度を変えないで直線、横線を引きましょう。

斜線、曲線は引きやすい角度のを引きます。

何故線を描くかと言うと、均等な線を引く事に慣れるためです。

ぐるぐるなど曲線も適当に描かずにイメージする通りの曲線を描けるように練習しましょう。

線を描く練習も紙1枚分です。

初めはたくさん描いてほしいのですが、慣れてきたら徐々に減らしても大丈夫です。

上記の練習でイメージ通りの線を描けるようになったら、模写などに変えてもOKです。

最初は、徐々に綺麗な丸を増やしていくことを目標しましょう。

丸と曲線はラフの際にも便利な形なので綺麗に描けると時間短縮にも繋がります。

準備運動に使った紙に限らず、絵を描いた紙は日付を書いてとっておくと、後々見返した際に成長を感じ、モチベーションアップになるのでお勧めです。

初心者は恐れるな!まずは絵を描き始めることが練習の第一歩!

中国の「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」という古い言葉をご存知でしょうか。

「戦う相手を知り、その上で味方のことを知っておけば、百回戦っても負けることはない」という意味で、簡単に言うと状況把握の重要性を表しています。

これを絵を描く環境に置き換えてみてください。

絵を知り自分のことを知ることで、上達しなかった理由や漠然とした何かが見えてきます。

すると次に何をすれば上達できるのかがわかるようになるのです。

もし、これから描き始めるという人は、一度何も見ないで自分のイメージのみで描いてみてください。

何も見ないで描くことで、今描きたいと思ったイメージを「自分の知識のみ」で描くことになります。

完成した時、嫌な気持ちになるかもしれません。

ですが、最初から描ける人はほとんどいないので、恥じたり紙を捨てたりしないで下さい。

その絵からは様々なことを学べますし、初心の心は後のモチベーションアップにもなるので大切に保管しましょう。

では、次に完成した絵をじっと見てください。

そして何が足りないのか、描いている時に何に苦戦したかを思い出してください。

今描いた絵はあなたが思い描いたものを、あなたの脳から腕を通して出力したものです。

絵の上手さもありますが、完成した絵は思い描いたものとはかけ離れていると思います。

絵が上達すると、その出力の精度を高めることができます。

時には何も見ないで描いて、自分と絵を知ることを大切にしていきましょうね。

初心者に効果的な練習は絵の模写!

初心者向けの練習方法は、色んな方法がありますが、模写は必ず通る道です。

模写とは、写真や他の人の作品を描き写すことです。

絵を描くには知識なども必要なので、模写だけで上達することはできませんが、練習には最適なのでぜひ実践してみてください。

描き写すだけで、上達するのか疑問に思う人もいると思います。

模写を行うことによって、自分では描けない絵をペンを通し知ることができるのです。

絵の構造や構成、線のひき方や空間の使い方、描写の仕方などは、見るだけでは感想のみで終わってしまいます。

なので模写をして自分の知識に取り込むのです。

そのために模写は必要なのです。

では、模写をするときはどのようにすればいいのでしょう。

注意点を2つ書いてみました。

◆毎日行うこと絵だけじゃなく、何かを上手になりたいならば「練習」が大事

模写を面倒だからと途中でやめてしまったり、回数を減らしていくと、上達の道は遠ざかってしまいます。

だからと言って絵を描くのが嫌になってしまうほどに描くのは悪化してしまうので簡単なものや短時間で模写できるものを最初は選びましょう。

慣れてくると短時間で描けるようになるので最初から難題なものを描く必要はありません。

モチベーションが維持できるように、好きなものを描きたいと思うものを模写するようにしましょう。

◆まずはパーツから模写しよう模写の題材は、自分が好きな絵や写真でOK

全身図は全体のバランスや、詳細に描く部分が多く難しいので慣れてからにしましょう。

最初は、身体のパーツやバストアップの絵から模写をすると続けやすいですよ。

この2つを守って模写をしてみてくださいね。

絵は1日やそこらでは上達できません、長期戦になると思いますが、頑張りましょう。

関連記事はこちら


 - 雑学・ライフハック

ページ
上部へ