知恵の花

年下男性と職場で育む恋愛事情!年上女性に必要な魅力とは

   

年下男性と職場で育む恋愛事情!年上女性に必要な魅力とは

職場の年下男性を好きになってしまった場合、今後のためにもなるべくスマートに恋愛を発展させたいものです。

自分の方が年上ということもあり、自分の方が一方的に盛り上がったり先走ったりしたくない!ではどうすればいいのでしょうか?

そこで年下男性が魅力を感じる年上女性のポイントを詳しくリサーチしてみました。

ぜひ参考にして、年下男性に好意を持ってもらえるように頑張りましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

体調不良で会社を早退したい…早退の伝え方とマナー

体調不良で会社を早退するときにあなたは正しいマ...

男性がお酒に酔う時の言動は本音から?気になる心理と対処法

男性はお酒に酔うと気分が大きくなり、普段は見...

自然に髪が茶色くなる…考えられる茶髪の原因と対処法

ヘアカラーをしたわけでもないのに、髪の毛が自然と...

彼女に好きと言う頻度は?言えない理由・気持ちの伝え方

日本の男性は、恋人に対する愛情表現が乏しいと言われています。...

彼女がラインで男友達とやり取り…彼氏の本音と対処法


彼女が自分以外の男性とラインをしているのを嫌がる...

告白の返事が保留に!待っている期間とその間の対応方法


好きな相手に勇気を出して告白したものの、返事を保...

柴犬の子犬は興奮しやすい!その対処法としつけ方

柴犬は飼い主に忠実で賢い性質と愛らしい見た目で日本のみならず...

猫の皮膚病でカビが原因の皮膚糸状菌症…人間にも感染する可能性が!

猫や犬が罹る「皮膚糸状菌症」というのがあります。
...

飼い犬が飼い主を噛む……噛み方によって変わる対応方法

飼い犬が飼い主を噛むといっても、犬の噛み方にはいろいろな種類...

犬の目にゴミが!対処法と気になる目の病気

愛犬の目にゴミが入った場合、あなたはどのように対処されていま...

彼女の料理が微妙……彼氏の反応と対応方法


自分が作った料理が微妙だったとき、彼氏である男性...

平安時代の貴族の女性の暮らし〜想像を超えた恋愛と日常生活〜



平安時代の貴族の女性、どんな暮らしを...

ゴールデンレトリバーの子犬の飼い方と正しいしつけの方法

犬を好きな方ならご存知のゴールデンレトリバー。この犬を飼おう...

平安時代の貴族の食事とは?〜意外と豪華で健康的ではなかった


平安時代の貴族がどのような食事をしていたのかご存...

彼氏と喧嘩が多い…喧嘩の原因と関係がうまくいく秘訣


彼氏と喧嘩が多いと悩んでしまうかもしれませんが、...

彼女よりも友達を優先させる男性側の理由と女性が楽になる考え方


彼女よりも友達を優先する男性は多いようです。それ...

彼の本意はどこに?好きな人が友達と食事に行く理由と対処法

憧れのあの人と二人きりのお食事デート!次の展開にドキドキ…。...

旅行は身軽に!事前に荷物を送る際のポイントと注意点


旅行する際に煩わしさを感じるのは荷物ではないでし...

彼氏と喧嘩で冷めた瞬間…その後の対応・仲直りの方法


彼氏と喧嘩した時、心無い言動に気持ちが冷めたこと...

独身女性が自分の時間を謳歌するためにおすすめしたい趣味5選


独身の女性は自由に使える時間が多く、一人の時間を...

スポンサーリンク


職場にいる年下男性と恋愛に発展したいなら!

男性が年上女性に求めるものとは何か?

実はさほどありません。あえて挙げるなら安心感と言えます。

自分を見守ってくれるといった安心感が年下男性から好まれる理由と言えます。

反対に嫌がられるのが、年上女性から甘えられる、頼られ過ぎるといった点です。

年下男性は甘えられること、あまり頼られることは苦手ですが、絶対嫌という程ではないといえます。

ですが、対等の立場でありたいと思う男性は年上女性を選ぶ傾向にあるので、甘え過ぎ、頼りすぎは疲れてしまうのです。

年上女性は、年下女性と比較し自立しているのが魅力なので、適度な距離感が重要です。

彼氏を立てるのもその1つで、女性としての完成度についても年上女性は年下女性よりも上と言えます。

だから彼氏が年下でも、彼氏を立てることを理解して自分が一歩下がることが可能です。

立てられて喜ばない男性は存在しませんし、何よりそんな状況を把握することができる女性に魅力を感じます。

だから年下よりも年上女性を選ぶ人が増えている傾向にあるのです。

職場恋愛には重要!年下男性が好む女性の5か条!

ポイント1 仕事ができる

年下男性は、職場で年上女性に対して魅力を感じるのが、まずは仕事をテキパキとしている時です。

仕事ができる女性は、同性から見てもカッコよく、憧れるものです。

ダラダラ仕事をしていると、反対に嫌われたり尊敬されないので注意しましょう。

仕事ができてスゴイと思ってもらえるようにテキパキ仕事をしていきましょう。

ポイント2 さりげない気遣い、心配りができる

仕事に煮詰まってしまった際や、失敗をした時などにコーヒーを差し出し、「頑張ってね」と言ってくれる気遣いや心配りは嬉しいものです。

ポイント3 デスクの上がいつも整理されている

使用しているデスクが整理整頓されてるのはやはり見ていて気持ちがいいと言えます。

できる女性は整理整頓が上手です。

ポイント4 多忙でも嫌がらず笑顔で対応

仕事で聞きたいことがある時に、忙しくてもそっけなくならずに、笑顔で対応する年上の女性に年下男性は憧れますし癒されます。

今は忙しいからといった態度は取らないように心がけましょう。

ポイント5 愚痴は口にしない

「もう何で私なの?」「あの上司ムカつく」と聞くとガッカリです。

女性同士で愚痴の言い合いをする時もあるでしょうが、愚痴を言う年上女性は魅力的には映りません。

目指せ職場恋愛!年下男性が魅力を感じる女性とは?

■職場では感情を抑え冷静な女性

プライベートでも同じことが言えますが、仕事では特に好まれる傾向があります。

仕事中に感情を出すと冷静な判断が難しくなります。

年下男子は結構クールな人が多いので、落ち着いた女性と仕事をしたいと思っているのです。

■仕事ができる女性

職場では仕事ができる女性がやはり無条件に尊敬され人気です。

年上から好まれるためには愛嬌が重要ですが、年下男性からは愛嬌がなくても仕事ができれば「ツンとしていてカッコイイ」と思われます。

■プライベートでは少し抜けている

職場ではクールでできる女性なのに、飲み会では意外とダメ女とか、時々天然な女性というのが年下から人気です。

少々抜けてるほうが後輩からみると親しみやすいと言えます。

年下からすると先輩なので、ポイントは「大人の女性でありながら可愛い部分がある」ことです。

職場の年下には関心がないと切り捨てずに視野を広げてみてください。

年下男性となかなか進展しない…職場恋愛のポイントは?

連絡先を聞き出すのはまだです。

焦らないでコミュニケーションをしましょう。

職場という括りから抜け出すために連絡先を聞くという事に拘りすぎている人が多いと言えます。

まずはコミュニケーションをしっかりして下さい。

好きになったら受け身ではなく動くことが大切です。

また個人的に連絡をする為にはLINEを欠かすことはできません。

人に連絡先を聞く時に「LINEのID教えて」というのが常識になりつつあります。

LINEのIDを聞いたら確認メッセージを送信し、数日放置してみましょう。

あまり積極的になりすぎるのはNG、相手の出方を見るようにしましょう。

初めは仕事関係の話題から入るのがスマートです。

そして徐々にプライベートな話題にシフトしていくといいでしょう。

男性は、女性と2人だけだと意外とプレッシャーを感じたり、自意識過剰になって腰が引ける場合もあるので、最初はグループで会うといいでしょう。

少しずつ距離を近づけて、まるで忍者みたいに忍び寄るようにする。

つまりいつの間に、気がついたら側にいたといった風に相手が感じる頃には恋は実っていると言えます。

職場で実る?年下男性との恋愛指南

1.時間をかける

不思議なことに社内においては、余程ベタベタとしない限りは年下男性とは噂が立つことはありません。

普通に仲がいいくらいではしばらく安全と言えます。

だから、時間をかけていい関係を築くように心がけましょう。

最初はメル友からスタートして相手がLINEをするなら友達登録をして貰って下さい。

メールを毎日交換するよりも刺激的です。

2.仕事の話を聞く

年下男性は、職場の年上女性に仕事の話を聞いてもらうことにより、自分にとってプラスにしたいと思っています。

だから職場のいい先輩としてアドバイスをしてみましょう。

秘密は厳守、噂話は避けるようにしてください。

3.まずはランチの買い出しなど気軽なところから

まずは近くにランチの買い出しに行ったり、他の人も誘ってランチをしに行ったりして、距離を縮めていきましょう。

最初から二人きりにならずに、まずは周囲の人も巻き込んで仲良くなることが大切です。

そのあと親しくなって一緒に外食をしても周囲に怪しまれません。

4.男性がその気になるまで待つの

会いたいしデートに誘いたい気持ちは理解できますが、相手の方から誘って来るまで待ちましょう。

男性が年齢を気にしないで女性として接してくれるまで辛抱することが大事です。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ