知恵の花

声を大きくしたい!すぐ実践&改善できる方法

   

声を大きくしたい!すぐ実践&改善できる方法

声が小さい人と大きい人の違いは何なのでしょうか?

声が小さいことを悩んでいる人は意外に多くいるようですが、実は簡単な方法で改善することができるようです。

そこで今回は声を大きくする方法についてまとめてみました。

毎日意識して行うことで、小さい声も改善が期待できます。
ぜひ参考にして、日々の習慣として取り入れてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

スポンサーリンク


短期集中型!声を大きくするのに有効な方法

質問!短期間で声を大きく出せるようになるには?

体育祭が1週間後に迫り、私は応援団長という役割を担うことになりました。

応援団長は声を出すことが仕事なので、声を出す機会が非常に多くなります。

そのため、1ヶ月ほど前から、毎日腹筋をしたり、公園でお腹から声を出す練習をしたりしていました。

しかし、声が大きくなったという実感はなく、他の団長よりも声が出ていないような気がします。

いい応援をするためにも、短期間で声を大きく出すことができるようになる発声の方法があれば、是非教えていただきたいです。

回答その1 腹式呼吸が肝心!

まずは腹式呼吸をやってみてください。

それでもうまくいかなければ、横になり適度な重さのものをお腹に乗せて15秒間、迷惑にならない程度に大きな声で「あー!」と叫んでください。

乗せるものは辞書などがおすすめです。

現実的に考えて、1週間で声を大きくすると言うのは不可能に近いです。

声を大きくする方法はありますが、とても1週間では成果を出すことができません。

回答その2 すぐに声が大きくなる3つのコツ

専門ではありませんので詳しくはありませんが私が知っている方法をお教えします。

背筋を伸ばす

猫背気味な場合は姿勢を良くするように意識してください。

天井を見るように視線は高い位置へ向けるようにしましょう。

口を大きく動かす

出口を大きくしなければ大きい声は出ません。

発音はやり過ぎに思えるくらいはっきりと大げさにしてください。

照れない、恥ずかしがらない、自信を持つ

今挙げてきた中で一番のポイントがこれです。

人前で大声を出すのは恥ずかしいと思いますが、中途半端なことが一番格好悪いですし、当然声も出ないと思います。

思い切って声を出してみましょう。

すぐ実践!声を大きくするの方法!

2,500〜4,000Hzの周波数の音には音圧増強作用が働くため、この周波数の音は小さくても通りやすく聞こえやすい音になります。

たくさんの人が話をしている所で、特に大きな声で話していないのに声がよく通る人がいますが、そういう人の声はさきほど言ったとおりの周波数を出しています。

人の第一印象は約4割が声で決まると言われています。

声は変えることができます。

1時間でも効果が見られることもあるので、トレーニングしてみましょう。

<実践メニュー>

  1. 柔軟や首回し、肩を上げ下げすることで、体をほぐします。
  2. 腹式呼吸に声を乗せる訓練をします。
  3. のどの奥を開け、「あーあー!」と続けて声を出すことで声帯を鍛えます。
  4. 口を開けたり閉じたり、舌を左右に動かすなどして、顔や舌の筋肉を鍛えます。

腹式呼吸ができるようになるために、両手を腰にあてて発声する方法をおすすめします。

腰に手をあてると、肩が固定されて動かなくなり、お腹に息がたまるようになります。

このままゆっくりと「はっひっふっへっほっ」と短く切るように発声してください。

お腹がへこんだり膨らんだりしていれば、お腹からしっかり声を出すことができているということです。

練習していくとお腹から声を出す感覚が分かるようになってきます。

大きな声を出すためには必要不可欠なことですから、是非練習してマスターしてください。

声を大きくする方法は意識の問題!?

声は勝手に大きくなると言うと、そんな訳がない、と思う人がほとんどでしょう。

しかし、声は出し方を変えることで本当に大きくなるものなのです。

なぜかというと、人はもともとパワーを持っているからです。

考えてみてください。

赤ちゃんの泣き声はとても大きいですし、子どもは大きな声で笑いながら走り回っていますよね。

声は大きくならないという考え方は捨ててしまいましょう。

自分が、いつも考えている場所はどこか考えてみてください。

私は、自分の顔の前あたりで考えています。

ネガティブなことは特にそうです。

そうすると、一点に意識が集中してしまい、縮こまってしまいます。

声が小さくなる原因の一つはこれです。

意識が縮こまってしまうならば、それを広げてあげましょう。

そのために、意識を前ではなく後ろへ持っていきます。

前よりも、後ろの世界の方が広いのです。

背中にうちわなどを差し込んで、後ろにに意識を持っていって話してみましょう。

背筋が伸びて大きな声になると思います。

そして、目の前にいる話し相手のいる前に向かってではなく後ろへ向けて話してみると、勝手にお腹に力が入ルと思います。

これが、お腹から声を出すということです。

お腹に力が入ることで、息の量をコントロールすることができます。

息が多いと声がはっきりせず、息が少ないとはっきり声が聞こえます。

後ろを意識することで、勝手にお腹に力が入るからです。

後ろを意識するだけで、大きな声を出すことができます。

遠く後ろを意識すればするほど、どんどん大きくはっきりとした声になっていくはずです。

一週間で劇的変化!声を大きくするストレッチ方法

寝る前にストレッチと腹筋を歌唱力を上げるポイントは体の柔軟性と腹筋です。

体が柔らかいと怪我をしにくいと言いますよね。

実は、体が柔らかいことのメリットは他にもあります。

毎日ストレッチをすることで効率の良い筋肉を保つことができるのです。

歌を歌うことには喉だけでなく体のあらゆる部分の筋肉を使うので、効率よく働く筋肉が必要不可欠です。

歌唱力を上げたければ、毎日寝る前にストレッチをしましょう。

効果が出てくることを実感できると思います。

また、歌唱力に腹筋はなくてはならないものです。

声は腹から出すものなので、腹に力が入らないと良い声を出すことができません。

腹筋を鍛えることが歌唱力を上げる上でのポイントです。

ペットボトルの中の空気を吸う歌唱力は肺気量とも深く関係しています。

オペラ歌手は胸板が厚いことが多いことはご存じでしょうか。

これには肺気量が関係しているのです。

そこで、空の大きいペットボトルの空気を一気に吸う訓練をします。

これは思った以上に難しいのですが、訓練すれば肺気量が上がり、質の良い声を出すことができるようになります。

やり過ぎると酸欠になることもあるので注意しましょうストローを使う方法もあります。

息を思い切り吸い込み、そのままストローを口にくわえ息を吐いていきます。

初めのうちは10秒ほど息を吐いただけで苦しくなってしまうかもしれませんが、練習すると20秒〜30秒続けてできるようになります。

効果が出ていることがわかりやすいので、是非やってみてください。

声を大きくする方法はある?

「会社で声が小さいと注意された」「緊張してしまうので、人前で話すことが苦手」 など、声の悩みを抱えている人は少なくありません。

声が小さいと指摘されて落ち込んだ、聞き返されることが多いなどその悩みは様々です。

声が小さい原因は、精神的なものと物理的なものの2つに分類されます。

精神的な原因には、

  • 自信がない
  • すぐ緊張してしまう
  • 相手対して遠慮や怖さがある

などがあります。

これらが大きい声を出す妨げになってしまっているのです。

あなた自身にあてはまることはありませんか?一度改めて考えてみてください。

物理的な原因には、

  • お腹から声が出せない
  • のどを開くことができない

などがあります。

物理的なものは、訓練することで克服することができます。

お腹から声を出すための発声方法があるので参考にしてみてください。

お腹に手を当てて「ハッ、ハッ、ハッ、ハッ」と短く切るように声を出します。

数メートル離れた相手に声が聞こえるような感じを意識しましょう。

「ハッ×8回」を1セットとして何度もくり返し練習します。

だんだんと声が出しやすくなってくるはずです。

関連記事はこちら


 - 美容・健康・ダイエット

ページ
上部へ