知恵の花

葬儀の場で使う「参列」と「列席」の違いと正しい使い分け

   

葬儀の場で使う「参列」と「列席」の違いと正しい使い分け

葬儀を執り行う際には、日常とは違う様々なマナーや言葉の表現があります。

そしてよく使う時に迷うと聞かれるのが、「参列」と「列席」という言葉です。

どちらも葬儀などの冠婚葬祭で用いられる言葉ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

実際に使用する時に、正しく使い分けられるようボキャブラリーの一つとして理解しておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

平安時代の貴族の女性の暮らし〜想像を超えた恋愛と日常生活〜



平安時代の貴族の女性、どんな暮らしを...

ゴールデンレトリバーの子犬の飼い方と正しいしつけの方法

犬を好きな方ならご存知のゴールデンレトリバー。この犬を飼おう...

平安時代の貴族の食事とは?〜意外と豪華で健康的ではなかった


平安時代の貴族がどのような食事をしていたのかご存...

彼氏と喧嘩が多い…喧嘩の原因と関係がうまくいく秘訣


彼氏と喧嘩が多いと悩んでしまうかもしれませんが、...

彼女よりも友達を優先させる男性側の理由と女性が楽になる考え方


彼女よりも友達を優先する男性は多いようです。それ...

彼の本意はどこに?好きな人が友達と食事に行く理由と対処法

憧れのあの人と二人きりのお食事デート!次の展開にドキドキ…。...

旅行は身軽に!事前に荷物を送る際のポイントと注意点


旅行する際に煩わしさを感じるのは荷物ではないでし...

彼氏と喧嘩で冷めた瞬間…その後の対応・仲直りの方法


彼氏と喧嘩した時、心無い言動に気持ちが冷めたこと...

独身女性が自分の時間を謳歌するためにおすすめしたい趣味5選


独身の女性は自由に使える時間が多く、一人の時間を...

中学生男子の告白必勝法!脈ありサインを見逃すな


思春期真っただ中ともいえる中学時期は、男子も女子...

毎日LINEをやり取りする男友達の恋愛感情と脈ありサイン


今やメッセージツールとして定着したLINE。使っ...

元カレが夢に毎日出てくるのはなぜ?意味するもの・対処法


昔、別れた元カレが毎日のように夢に現れたらどう思...

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

男女の友情は既婚者でも成立する?良好な関係を築くコツ


男女の友情は成立するのでしょうか?
<...

彼氏の元カノの存在が気になる場合の対処法

大好きな彼氏ができたとき、自然と彼の元カノのことが気になって...

恋愛の相談は誰にする?別れるかどうか相談するのにベストな相手とは



一言で恋愛相談といっても、内容につい...

好きになった人はスーパーの店員!付き合うまでのプロセス

恋は突然訪れるものといいますが、多くの場合が職場や学校など、...

彼女が男友達に会うのに嫉妬…彼氏の本音・気持ちの伝え方


男友達が多い彼女の場合、付き合っている彼氏がいて...

女性が恋愛の切り替えが早いのはなぜ?理由・男女差・立ち直り方


女性は、男性よりも恋愛において気持ちの切り替えが...

40代の男性との恋愛!好きになった時のアピール術



最近は芸能人の年の差カップルの熱愛報...

スポンサーリンク


葬儀の際に使う「参列」と「列席」の使い分け

葬儀に参列します。

葬儀に列席します。

どちらの言葉もあまり違和感がありません。

しかし、このように言葉に違いがあるということは意味合いも違うのでしょうか。

この言葉の違いについて考えてみます。

「参列する」という言葉の主語は、葬儀に参加する立場で使われることが多いです。

「列席する」という言葉の主語は、葬儀を主催する喪主の方の立場で使われることが多いです。

このように、どちらの言葉も、葬儀に参加している方のことを指して使う言葉ですが、使う方の立場が違うために、このような言葉の違いとなったと考えられます。

一方で、「列席」という言葉は、昔、列を作って死者を墓地まで送ったことに由来しますが、現代では、火葬場に行くのは親しい親族のみで、納骨も同様です。

こうしたことから、葬儀の場合は、列を作って送るわけではなく、葬儀式場に参上し、皆で集まって死者を弔いますので、「参列」という言葉がしっくりきます。

このように、「参列」と「列席」では、若干ニュアンスが違うことがわかります。

葬儀の場で「参列」はどのように使うの?

「参列」を使った例文をご紹介します。

  • ミサに参列しました。
  • 参列者が多くてびっくりしました。
  • 今日は、親しい友人の通夜に参列してきました。
  • 葬式の連絡を頂いたのが当日でしたので、参列できませんでした。
  • ○○株式会社の皆様、並びにご参列の皆様、本日は、足元の悪い中ご参列いただきまして、誠にありがとうございます。
  • 僕は明けがたの夢の中に島木さんの葬式に参列し、大勢の人人と歌を作ったりした。
  • 豆腐屋の葬儀には彼も父の黄村とともに参列した。
  • 葬儀参列者名簿を作成しました。
  • 参列者に会葬礼状をお渡しします。
  • 参列者に返礼品をお渡しします。
  • 様々な宗派の方が参列する場合、喪主の宗派にかかわらず、焼香の方法はそれぞれの信じる宗派のやり方でいいです。
  • 神道の葬儀に参列する場合は、玉串を捧げた後、二拝二拍手一拝をします。
  • 葬儀の参列者は、日を追うごとに増えていきました。
  • 遺族は、中国、日本、インドネシアなど、各国から集まって参列していました。

葬儀の場で「列席」はどのように使うの?

「列席」を使った例文をご紹介します。

  • 列席の人々に向けてお礼を述べます。
  • ご列席の皆様、本日は、故人のためにお集まりいただき、誠にありがとうございました。
  • 祝宴に列席していた村人たちは、何か不吉なものを感じたが、それでも、めいめい気持を引きたて、狭い家の中で、むんむん蒸し暑いのも怺え、陽気に歌をうたい、手を拍った。
  • メロスも、満面に喜色を湛え、しばらくは、王とのあの約束をさえ忘れていた。

  • 本日はご列席いただき、ありがとうございます。
  • ご列席の皆様、これより、ご住職による読経が始まりますので、火葬場へお集まりください。
  • ご列席の皆様には、この式の後、簡単ではございますが、お食事の用意がございますので、お時間のある方は、ぜひ、故人を偲んで、お食事をしていってください。
  • 葬儀に列席している方々の顔ぶれは、前から、県知事に市長、県会議員など、錚々たる顔ぶれです。
  • 通夜、告別式にご列席の方には、送迎バスの用意がございます。

結婚式では葬儀に結び付く「参列」よりも「列席」

葬儀の場合、参加する側は「参列する」といい、喪主の側からすると、「ご列席の皆様」というように使われることが多いです。

言葉の使い方からすれば、これは、葬儀のみならず、結婚式のようなおめでたい儀式においても当てはまることなのです。

しかし、結婚式の場合、参加する側も、新郎新婦の側も「列席」という言葉を使うことがほとんどです。

これは、「参列」という言葉のイメージが葬儀と結びついてしまうからに他なりません。

葬儀においては、「参列」「列席」の両方の言葉が使われます。

特に、日常生活において、「参列」という言葉は葬儀のときくらいにしか聞きません。

反対に、「列席」という言葉は、結婚式の他、国際的な会議や式典などで幅広く聞かれ、ニュース番組でも「○○首相らが列席する中・・・」というように使われます。

このように、語源や本来の使われ方よりも、世間一般の心情で決まる言葉もあるのです。

そのため、結婚式では、「列席」という言葉で統一するほうが望ましいです。

葬儀以外の式典は「参列」よりも「列席」

葬儀では、「参列する」、「列席する」のどちらの言葉も聞かれます。

どちらも、通夜

  • 告別式に参加している人の事を指します。

    しかし、同じ対象を指す言葉なのに、なぜ2つの言葉が存在するのでしょうか。

    現代では、言葉のイメージで使われ方が決定されることがままあるからです。

    葬儀に限らず、儀式や式典、会議に至るまで、参加する場合、列席や参列という言葉が使えます。

    参加者は参列すると使いますし、主催者はご列席の皆様、などと使います。

    このように、本来であれば、葬儀に限らず、「参列」、「列席」の2つの言葉が使えますが、「参列」という言葉は、葬儀で使われることが圧倒的に多いため、他の儀式では殆ど使われず、葬儀においてのみ「参列」と「列席」が使われています。

    使われ方の例としては、葬儀に参列する(焼香の為、告別式に参列する)、結婚式に列席する、神社の厄除け行事に参加する、などと使われ、葬儀以外の儀式や式典では、参列という言葉を避けて、列席や参加という言葉を使用します。

  • 関連記事はこちら


     - 生活

    ページ
    上部へ