知恵の花

赤ちゃんのデリケート肌を守る優しい洗顔の仕方とポイント

   

赤ちゃんのデリケート肌を守る優しい洗顔の仕方とポイント

赤ちゃんのお肌は新陳代謝を繰り返し、意外と汚れています。

特にお顔は乳児性湿疹も出やすく、上手に洗顔できないとケアに困るママも多いようです。

そこで赤ちゃんのお顔をキレイに保つための、洗顔の仕方やポイントについてまとめてみました。

ぜひ参考にして、赤ちゃんもママも安心して洗顔しながら、クリーンな肌を優しく守ってあげましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

スポンサーリンク


洗顔の仕方って結構重要!赤ちゃんのデリケート肌!

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートです。

なぜかというと、赤ちゃんは大人に比べて皮膚がとても薄いからです。

赤ちゃんの肌の厚さは、大人の肌の半分から3分の1程度と言われています。

そのために刺激にとても弱く、傷つきやすい性質があります。

おむつかぶれを起こすのもこのためです。

肌の内側から水分の蒸散を防ぐバリア機能も弱いので、異物やウイルスにも弱く、乾燥しやすい肌をしています。

また、皮脂量に関しては、生後3ヶ月くらいまでは、お母さんの黄体ホルモンの影響があるので、皮脂の分泌がとても盛んで、「脂漏性湿疹」という肌の病気にかかることがあります。

しかし、その後は徐々に分泌量が減り、20代女性の3分の1ほどになります。

赤ちゃんの肌はすべすべでトラブルのないイメージがあると思いますが、実は、乳児期から3歳くらいまでは、人生の中でも1番皮脂分泌量が少ない時期なのです。

大人に比べて乾燥しやすいので、ちゃんとケアをしてあげることが重要です。

赤ちゃんの洗顔の仕方とソープ選び

ベビーソープにはどんなものが適しているのでしょうか。

まず、石鹸の成分は無添加のものを選ぶと良いと思います。

赤ちゃんの肌は敏感なので、お肌に優しい素材のものを選ぶと良いでしょう。

それから、無香料のものが良いと思います。

基本的に赤ちゃんは、赤ちゃん特有の良い香りがするので、強い香りのものを選ぶよりも無香料・微香料のものが良いとではないでしょうか。

だんだん大きくなり、お子さんが汗っかきだったりにおいが気になると思うことがあれば、そのときに香りの良いものを選ぶと良いと思います。

また、目にしみないものが良いでしょう。

赤ちゃんは洗うときも目を開けたまま好きに動きまわってしまうので、ベビーソープを含んだ水が赤ちゃんの目に入ってしまうことがあります。

大人も洗いづらいし、赤ちゃんも目にしみるのは痛がって、下手をすればお風呂を嫌いになりかねません。

「目にしみない」「しみにくい」といった表記をしているベビーソープも売られていますので、そのような商品を選ぶと良いでしょう。

洗顔嫌いの赤ちゃんに試したい!優しい洗顔の仕方

赤ちゃんを泣かさず洗顔をするには、できるだけ時間をかけないことです。

まず、赤ちゃんをできるだけお座りに近い状態にして、石鹸でささっと洗います。

そのときに泡が鼻に入らないよう顔に対して縦に洗いましょう。

そしてその姿勢のままシャワーをおでこか頭からかけて流します。

一瞬シャワーするだけで泡は十分に流れます。

そのあとガーゼで顔をぽんぽんと拭いてあげれば終了です。

もし、これでも泣いてしまう、上手くできないようであれば、シャワーかけるのではなく、ガーゼにお湯をたっぷり含ませておでこに近づけて絞って泡を流します。

そのままそのガーゼで水分を拭いてあげると良いでしょう。

どのような洗い方をするときも、笑顔で「気持ちいいねー」「キレイキレイしようねー」と優しく声をかけてあげることが大事です。

これによって赤ちゃんも安心して洗わせてくれるでしょう。

また、汗かきの赤ちゃん用には、専用のベビーソープがありますので、そちらを使ってください。

乳幼児湿疹が気になる赤ちゃんの洗顔の仕方

生まれて数週間の赤ちゃんの洗顔であれば、沐浴時にぬらしたガーゼで拭いてあげれば良いのですが、1ヶ月、2ヶ月になって乳児湿疹が出てくる頃になったらベビーシャンプー・ベビーソープで洗顔してあげることが大事だと思います。

そのときに、泡をシャワーでしっかり洗い流してあげることも重要です。

私の子どもが乳児湿疹がひどくなって病院に連れて行った際に、小児科の先生からもそう指導されました。

そのあと、別の小児科に連れて行ったこともあるのですが、そちらの先生にも同じように指導されました。

乳児湿疹の多くは、過剰の皮脂分泌が原因だと言います。

乳児湿疹が出る頃の赤ちゃんの皮脂分泌量は、思春期の男子と同じくらいだと言われています。

顔に皮脂がたまり、そのせいで肌荒れを起こしている状態なのです。

そのため、お湯でぬらしたガーゼで拭いてあげる程度では皮脂を取りきることができません。

ベビーソープを用いて洗ってあげることが大事だと思います。

赤ちゃんの洗顔後はケアも重要!保湿の仕方

沐浴後の赤ちゃんは、大人以上に潤いを失っています。

大人でも、洗顔したあとに乾燥で肌が突っ張る感覚がしたことがある人は多いと思いますので、そう考えると、赤ちゃんの肌の保湿の重要性が分かると思います。

そのままですと肌のバリア機能が低くなって外部刺激を受け、乳児湿疹が悪化したり、肌荒れを起こしたりしてしまいます。

沐浴が終わったらできるだけすぐにベビー用ローションや乳液、クリームなどで肌を保護してあげましょう。

また、沐浴後に保護した状態がずっと続くわけではありません。

朝に顔を拭いた後、食事やミルクのあと、お出かけ前後、おむつ交換のときなどに、肌の状態を見てあげる習慣をつけて、必要があれば保湿してあげるようにしましょう。

病院では、保湿や炎症を抑える目的で、アンダーム軟膏や保湿ローションを処方されることがありますので、処方された場合はそれを用いましょう。

市販のものを利用する場合は、可能な限り無添加で、赤ちゃんの肌に合うものを選ぶようにしましょう。

関連記事はこちら


 - 育児

ページ
上部へ