知恵の花

本当に風邪?耳が聞こえない原因と注意が必要な症状

   

本当に風邪?耳が聞こえない原因と注意が必要な症状

風邪をひくと耳の聞こえが悪くなることはありませんか?

風邪をひくと体には様々な諸症状が現れるようになり、耳鼻には鼻水や聞こえなどに多いな影響が出てしまうようです。

しかし、耳が聞こえない場合、中には注意が必要な症状もあり、風邪が治っても耳の聞こえが改善しないこともあります。

耳の聞こえは風邪による一過性のものなのか、しっかり見極めて適切な対処を心がけましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

再婚によって子供の苗字はどうすべき?子供のために考えるポイント



母親が再婚すると子供の苗字が変わると...

告白してから返事を待つ期間と待っている間の過ごし方

勇気を出して告白したけど、返事を待って欲しいと言われてしまっ...

AB型彼氏の特徴〜冷たいと感じる性格と上手に付き合う方法



血液型で相手がどんな人かを当てはめて...

本当に結婚できる?彼氏との将来に不安を感じた時の処方箋



結婚はしたい!だけど今の彼氏とで将来...

好きな人に電話したのに無視される…その理由とは

好きな人が電話に出てくれなくて、無視されたらつらいですよね。...

メンヘラ彼女に要注意!別れたいけど別れられない恐怖の恋愛



大好きな彼女だったのに…付き合いが長...

なぜ異性の友達がいない?女性にとって男友達の重要性とは


近頃、異性の友達がいないという女性が増えていると...

バツイチの彼氏には子供がいる…長続きする付き合い方のコツ

付き合い始めた彼氏がバツイチで子供がいると知ったら、あなたは...

お菓子作りが趣味の女性は男性ウケする?男性の本音とは

お菓子作りと言えば、女性の趣味の定番ですね。
...

40代男性のデート代、割り勘はアリ?ナシ?婚活も考えた支払い方法


最近はデート代を割り勘にする男女が増えてきている...

男友達から突然の告白!その後も友達関係を維持する断り方



仲が良かった男友達から突然告白された...

片思いしている彼は仕事が忙しい人…メールで彼の心を掴む方法


片思いをしている彼との心の距離を縮めるには、直接...

騒音の苦情を警察に訴えたい…円満解決のための対策

今では、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる世帯が...

大学の部活は大変なの!?サ-クルとの違いについても紹介!


大学に進学しても、中学・高校時代に熱中した部活を...

大学生の彼氏が好きなご飯って?彼女に作って欲しい手料理とは

彼氏にご飯を作ってあげたいと思った時に悩むのが、「どんなご飯...

元カノから連絡するのは迷惑?別れた後の元カレの心理とは

しばらく前に別れた元カノから久しぶりに連絡が来たら、あなたは...

彼女の仕事が大変な時に彼氏がとるべきベストな対応

ページの目次1 仕事が大変な彼女とどう付き合う?2 仕事が大...

女性は告白されるのを待つべき?気になる今の恋愛事情!



草食男子と言われる恋愛に消極的な男性...

気になる彼女の交友関係!男友達グループに対する許容範囲



彼女に男友達グループと遊ぶと言われた...

勉強中に音楽を聴くことは科学的に本当に効果がないのか


数ある勉強法の中で、音楽を聴きながら集中力を高め...

スポンサーリンク


原因は風邪?耳が聞こえない場合の病気の可能性

風邪をひいたときに耳が聞こえにくい状態が続く場合、病気の可能性があります。

考えられるものの1つが中耳炎です。

子どもの病気というイメージをもたれがちですが、大人も中耳炎になることがあります。

中耳炎は、鼻から入った風邪のウイルスが鼻から耳の鼓膜部分に到達して炎症を起こすものです。

大人は子どもに比べて耳管が長いため、子どもよりも中耳炎を起こしづらいといわれていますが、絶対にならないというわけではありません。

耳が聞こえづらい、耳が痛いという場合は中耳炎の可能性が高いでしょう。

もうひとつ考えられる病気が耳管狭窄症です。

風邪で鼻水が出たときに鼻をかむと耳の中には圧力がかかります。

その圧力で炎症を起こしたものが耳管狭窄症です。

通常、耳には圧力を調整する機能がありますが、耳管狭窄症を起こした場合にはその機能が弱くなり、それが耳が聞こえづらくなる理由になります。

耳管狭窄症の場合は中耳炎のような耳の痛みがないのでわかりづらいですが、これも病気のひとつです。

風邪で耳の聞こえないのはなぜ?

耳詰まりを治す方法として、耳抜きがあります。

鼻をつまんで口を閉じ、鼻をかむようにいきみます。

すると、行き場のない空気が耳から抜けることで耳詰まりが治ります。

私は耳管狭窄症をもっていて、耳が聞こえづらくなるので、この方法をよく利用しています。

私の場合は重度の花粉症で、よく鼻をすすったりかんだりしていたために耳管狭窄症を起こしてしまったようです。

風邪などで耳が詰まるのはとりあえず耳抜きで対処しましょう。

耳のつまりが一時的なものであれば、風邪が治るのとともに耳のつまりの症状も薄れていくでしょう。

それでも症状が和らがない場合は、耳管狭窄症を疑った方がよいと思いますので、耳鼻科を受診してみてください。

耳鼻科では聴力検査をしたり、ネブライザーで鼻から薬剤を入れるなどの診察や治療をすることになると思います。

私は耳のつまりが重度になってしまったことがあり、そのときは、鼻の奥に細長い機器をいれて薬を塗ってもらったことがあります。

その治療は痛みがものすごかったので、重度になる前に対処することをおすすめします。

風邪からの中耳炎…さらに耳の聞こえが悪化することも!

軽い中耳炎は放置しておいても自然に治るようですが、時には悪化して滲出性中耳炎になり、耳垂れの症状がでたり、鼓膜が破れて耳の聞こえが悪くなることがあります。

また、ひどくなるほど治療もむずかしくなるようです。

さらに放置すると、癒着性中耳炎や中耳真珠腫となり、難聴が進行したり、めまいを起こしたり、最悪の場合は髄膜炎へ発展します。

耳が痛い、聞こえづらいという場合は早めに病院で診てもらいましょう。

すぐに見てもらえない場合は、薬局でロキソニンSという鎮痛剤を売っていますので、薬剤師さんに相談して使用しても良いと思います。

また、中耳炎の際は耳管が炎症をおこしているので、耳の下や耳の後ろを冷やしてみるのも良いと思います。

もし、耳垂れが出てきている場合は、無理に中まで拭くのではなく、外側だけふき取りましょう。

中耳炎の原因は、鼻をかみすぎや、鼻のかみかたの誤りにあるといいます。

勢いよく鼻をかむと耳に圧力がかかり、そのときに鼻の菌も耳に入ってしまいますし、下手をした鼓膜が破れてしまいます。

鼻をかむときは片方ずつゆっくりかむようにしてください。

風邪じゃない…飛行機で耳の聞こえが悪くなった時の対処法

耳が痛くなったときに、耳管に空気を通し、圧力の差をなくす必要があります。

この動作を耳抜きといいます。

例えば、ツバを飲み込む、飴をなめる、ガムをかむ、あくびをするという方法があります。

これらの方法はアゴを使って耳管を刺激するものです。

しかし、本当に耳が痛いときはこの程度ではなんの足しにもなりません。

ひどいときにはバルサルバ法という耳抜きが良いでしょう。

飛行機などに乗った際に耳が痛い、違和感があるという方もこの方法で治すことができます。

まず、鼻の空気が漏れないように鼻をしっかりとつまみます。

そして、鼻をかむ要領で鼻にゆっくりと空気を送ります。

しばらくすると耳のまわりがピキピキと鳴ると思いますが、もう少しがんばってみてください。

すると片方の耳の中にシュッと空気が入ると思います。

もう少し続けて、さらに鼻に空気を入れるともう片方の耳にも空気が入るので頑張ってください。

このときに一気に強くするのではなく、ゆっくりと強くしていくことが大事です。

空気がはいったら、少し耳の中の圧力が高くなっているので、ツバを飲み込むなどしてみて調整してください。

耳が聞こえない症状がある場合の風邪以外の原因は?

耳が聞こえづらくなる原因としては風邪以外に、急激なダイエット、ホルモンバランスの変化、ストレス、薬の副作用、加齢などが考えられます。

まず、急激なダイエットが原因の場合です。

ダイエットによってここの脂肪が減ると、耳管を支える脂肪も減り、耳管を支えきれなくなるために、鼻から中耳に空気が漏れてしまうので、耳が聞こえづらくなるようです。

このような場合は耳管開放症といいます。

前かがみの姿勢や、身体を横にするなど、頭を低い位置に保つと一時的に耳管が閉じて症状が軽くなります。

また、女性の場合は妊婦さんやピルを服用中の女性など、ホルモンバランスが変わっている際にも同じような症状が起きることがあります。

次に精神的・身体的ストレスです。

身体的ストレスが長く続き、自律神経が乱れると、めまいや耳鳴りと同時に難聴を起こすことがあります。

また、ストレスや疲労は、突発性難聴、メニエール病、低音障害型感音難聴など、他の耳の病気の引き金にもなります。

薬の副作用の場合は、結核やリウマチの治療薬、利尿薬、抗がん剤などを服用している場合に考えられます。

加齢が原因の場合は、50歳頃から始まります。

急激なダイエットやストレスは、他の病気や不調にもつながりかねませんので、できることなら避けることが大事でしょう。

もし耳が聞こえづらくなったと感じた場合は一度耳鼻科で相談してみてもよいかもしれません。

関連記事はこちら


 - 病院・病気・薬

ページ
上部へ