知恵の花

犬を飼いたい!家族が反対している場合にすべき対処法

   

犬を飼いたい!家族が反対している場合にすべき対処法

犬を飼いたいと思っても、家族と生活している場合は、みんなの意見を聞く必要があります。

家族の中に犬を飼うことに反対する人がいる場合、無理やり事を推し進めるのはよくありません。

犬の幸せのためにも、家族を説得し、みんなで一緒に飼育することが好ましいでしょう。

そこで今回は犬を飼うためのプロセスについてお伝えします。

家族としっかり話し合い、みんなが納得いく形で犬を迎えましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼の元カノが気になる時の気持ちの処理方法〜男性の心理を知る〜


付き合っている彼の元カノが気になることはありませ...

既婚者の異性とどう付き合う?友達or恋人…ポイントと注意点


気になっている異性が既婚者だった場合、あなたはど...

彼氏の呼び方どうするべき?年下彼氏との付き合い方



付き合い初めは2人の関係もぎこちなく...

友達に対して嫉妬する男の特徴と上手な対処法


友達として付き合っている人に対しても嫉妬する男っ...

大事な本が日焼けしたら大変!予防や修復の方法を知ろう!


大事な思い入れのある1冊。大切に保存しておいたハ...

突然メールを無視する女性心理と効果的なアプローチ法

気になる女性とメールをしていたのに、急に無視された経験はあり...

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

スポンサーリンク


犬を飼う!反対する家族がいる場合は慎重に!

家族一人ひとりの許可を得ましょう。

犬が欲しいと思った場合、必ず家族一人ひとりの意見を確認しなければなりません。

確実に反対してくるであろう人に黙ったまま話が進んでしまえば、大問題になるでしょう。

もし子供が「犬が欲しい」というのであれば、お父さんやお母さんだけでなく、なるべくは、おじいちゃんやおばあちゃんなど、一緒に住んでいる家族全員に許しをもらえるようにするべきです。

黙って飼ったことで、家族内に亀裂が生じてしまっては元も子もありません。

子犬はかわいいから、慣れればそのうちデレデレになるだろうと考えるのは。

犬好きの発想です。

もちろん結果そうなることもありますが、その逆もまたあるのです。

子犬が新しい場所にやってくれば、環境に慣れずに夜鳴きわめいたり、部屋のあちこちを荒らすということもあるでしょう。

ただでさえ自分の意見を無視されて苛立っている家族が、子犬の夜鳴きが原因で寝不足になったなんてことになれば、もう怒りは収まらないでしょう。

この感情的なもつれの原因が子犬に向かってしまうようなことがあれば、子犬の存在そのものが憎まれてしまう可能性はあります。

そんな状況にさせたのは他でもない人間です。

きちんと段取りを踏まなかった責任は重いです【見出し】【家族に反対される!それは犬を飼う最初の登竜門】

犬を飼いたい!家族の反対は想定内!

ペットを飼いたくても家族に大反対されて飼えなかった、という経験はありませんか。

私は数え切れないほどあります。

小さい頃は実家で家族と一緒に生活していましたので、ペットを飼う前は家族の許可がいりました。

学校の帰りに、けなげな子猫ちゃんが捨てられているのに気づき、かわいそうだなと連れて帰ったことがありました。

すると母親は「元の場所に返しておきなさい」と大反対です。

飼ってもいいなどということは、まずあり得ませんでした。

ペットの種類問わず、猛烈に反対されていました。

確かに、面倒をみることは大変ですしお金も時間もかかります。

しかし親が許してくれるかどうかということよりも、自分のペットに対する情熱をいかに理解してもらえるかということに神経を注ぎました。

勝負は長期戦になりますので、覚悟しましょう。

その時は一生懸命に面倒をみることを約束し、なぜ飼いたいのかということを熱弁しました。

では、なぜ親は鬼のような形相で「ダメ!」と言うのでしょうか?そこには「真剣に飼う気はあるのか?」という子供の飼いたい気持ちを確認する意味も含まれています。

「ダメ」と言われて引き下がるようでは、ペットへの愛情もすぐなくなるのです。

「絶対に飼いたい!」「ちゃんと面倒見るから!」「放っておけないよ!」と泣きながら訴えることで、徐々に親は理解を示してくれるようになるでしょう。

犬に対する情熱を見せてください。

犬を飼い始める前の最初の一歩はここからです。

犬の飼育を反対する家族に犬の魅力を伝えてみよう!

犬を飼うということは新しい家族が一人増えるということです。

愛犬との新しい暮らしは、楽しいことばかりではありません。

生き物を飼うわけですから、当然、飼い主さんの自由な時間やお金に制約がつきます。

また家族の支えもいるので、反対されることもあるでしょう。

なぜ反対されるのかその理由をよく考慮して、説得するための切り口を見つけておきましょう。

例えば、お金の面やお世話の問題があります。

犬も生きています。

ごはんも食べますし、病気にもなります。

生き物を飼うということは、お金の面でもお世話の面でも全面的にサポートするということです。

犬は欲しいけれど、お金の面や面倒な世話は家族に任せようなんて考えだと、反対されるのは目に見えています。

その部分については事前に家族でしっかりと決めて、役割を分担しましょう。

例えば、日常で家にいない間は家族にみてもらい、帰宅してからの散歩やごはんは必ず自分でやると決めるのです。

そうすれば家族一人ひとりの負担は軽くて済みます。

お世話の作業分担を示すことで「みんなで協力して犬を育てよう!」という気持ちになってくれるかもしれません。

犬の飼育を反対する家族を説得する方法

知り合いのおじさんに「赤ちゃんが生まれたから見にこないかい」と誘われワクワクしながら行きました。

母犬は豆柴犬だったため、体が小さく2匹しか産むことができませんでした。

しかし、そのちっちゃくてまだ弱々しい2匹の体が私の手のひらに収まったとき、必死で生きようとする2つの命の力強さを感じ、感極まってしまったのを今でも覚えています。

その時は、まだ生まれて間もない頃だったので、いつまでも触っているわけにはいかないし、スヤスヤ眠っていたので起こすのも可哀想だと思い、「また来るね」と帰る準備をしていました。

すると1匹の子が目をパチクリさせて何ともいえない眼差しでこちらを見つめてくるのです。

その愛くるしい瞳が「私を連れてって」と訴えかけているようで、見事に私のハートを撃ち落としてしまいました。

今思えば、単なる偶然だったのかもしれません。

しかしそんなことは関係ないのです。

それからというもの、あの子を我が家で飼うために、母親を説得する術を必死で考えていました。

初めはやはり嫌そうな顔をされましたが、朝から晩まで毎日のように訴え続け、それが無理なら家を出てやるくらいの勢いで迫ってみたところ、渋々ですが了承してくれました。

必死に訴える努力と何度も粘る忍耐力があれば、反対から賛成に変わる可能性はいくらでもあるのです。

家族の反対は犬にとって幸せなのか考えよう!

年々、多くの犬たちが飼い主やペット業者の都合によって、地域の動物愛護管理センターに持ち込まれ殺処分されてます。

犬たちの尊い命を、これ以上増やすべきではありません。

動物とともに生活したいのであれば、ペットショップなどで購入するのではなく、動物愛護管理センターや里親探しの団体などから探すという方法があります。

犬も人と同じ感情があり「生き物」なのです。

犬をいち家族として受け入れることは簡単なことではありません。

あなたが子犬を母親から引き離し自分で飼うというからには、母親代わりという責務をしっかりと果たしていかなければなりません。

動物の幸せをあなたが保証するのです。

本当に犬を幸せにできるか以下の項目に「はい」か「いいえ」でチェックしてみてください。

  1. 犬を飼うことに全ての家族が納得していますか?
  2. 動物アレルギーを持った人が家族にいませんか?
  3. 飼う犬の性格や性質、考えられる病気、予防法などわかっていますか?
  4. 犬を飼育するのに必要なスペースは十分にありますか?
  5. 庭などで飼育する場合、適した環境はありますか?

リストに全て「はい」と答えられれば、あなたの犬が不幸になることはありません。

犬の幸せを願うことが、何よりも飼い主に求められていることなのです。

関連記事はこちら


 - ペット・動物

ページ
上部へ