知恵の花

脱ニート生活!就職へのやる気を出す効果的な方法と体験談

   

脱ニート生活!就職へのやる気を出す効果的な方法と体験談

ニート生活から脱出し就職して働きたいけど、なかなか思うように進まない。

ニート生活を送る多くの人が抱える問題の一つです。

物事が進まない原因はやる気が大きく影響しているかもしれません。

今の生活を変えるためには、就職へのやる気を再燃させ、目標をもって行動することが重要です。

ではニートを卒業し、就職するためにどうやる気を起こしていくか、ぜひ参考にしてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

居酒屋の店員さんがかわいい!自然な感じで仲良くなる方法

なかなか良い出会いがないなぁ…と思っていたら、よく行く居酒屋...

男には彼女を自慢したがる本能がある?自慢したくなる特徴について


「彼氏にとっての自慢の彼女になりたい」 このよう...

夫の両親と同居を解消するベストなタイミングと切り出し方


義理の親と同居している方はいますか? 

遠距離恋愛の彼が言う「忙しい」は本当?長続きのコツとは

遠距離恋愛は、なかなか会えない分、関係を続けていくのはとても...

彼女のことを男友達が呼び捨てする…男性が嫉妬する理由とは

つきあっている彼女が男友達に呼び捨てされているのを聞くと嫌な...

中学生と教師!禁断の恋愛を成就させるための方法について


中学生ともなると、体も心も子供から大人に変化を遂...

女友達が好きかも!?自分の気持ちがわからない時の対処法



女友達としてずっと接してきたのに、あ...

彼氏と元カノのアヤシイ関係!連絡を取っている時の対処法

あなたは彼氏が元カノと連絡を取っていることを許せますか?

彼の仕事が忙しい!彼女と会う余裕ない理由と彼とうまく付き合う方法


仕事が忙しい彼と付き合うことになると、なかなか会...

女性の好意に気づくとモテる!女性からのサインに気づくコツ


女性が自分に好意を持っていると感じることはありま...

仕事で疲れた彼・彼女にかけたい言葉と注意したい言葉


現代は女性の社会進出により、男女問わず仕事をする...

スポンサーリンク


脱ニートを後押しする就職にやる気が出るアドバイス

ニートの方は世の中が自分を必要としてないんじゃないかと思いがちですが、それは間違いでっす。

ニートを必要としてる企業はたくさんあるのです。

ニート生活が長くても、必要としてくれる企業はたくさんあるので、悲観的にならないほうがよいでしょう。

職業安定所に行くと年齢不問・学歴不問・経験不問といった条件の会社がいくつもあります。

これは「ニートでもやる気があればお願いしたい!」という会社側の意思の現れです。

業種によっては、人材が不足している企業はたくさんあります。

誰でもいいから助けてほしい、手伝ってほしい、といった状況の会社が少なからずあります。

数は多くないかもしれませんが0ではないので、あなたが前に進むことがまず第一歩です。

必要とされる場に向かえば自然と自分が生かされていきます。

知識や技術は仕事をしながら身につけていけばいいのです。

やる気が出ないのはやりたいことがないからではないでしょうか。

やる気はやりたいことをしていれば自然と出るものです。

ニートが就職へのやる気を出すには?

無職の人が無気力になってしまう原因の多くは生活習慣の乱れです。

仕事や学校に行ってた時のように、時間に縛られることがなくなるので、生活が乱れやすくなります。

食事の量が増えた、体を動かす時間が減ったなどが当てはまる方は生活習慣の乱れを表しています。

生活習慣が乱れると、やる気が起きても1日経つとまた無気力な状態に戻ってしまいます。

就活のやる気を維持するには、まずは生活習慣を元に戻す事が大切です。

また、最初からたくさんのことを一気にやろうとするのは禁物です。

ゆっくり時間をかけて一つずつ手をつけましょう。

その他、誰か信頼できる人を作るのも良いかもしれません。

自分が頼りにできる人や信頼できる人、あるいは自分を信頼してくれる人が近くにいると、気力を取り戻すことがあります。

引きこもりやニートの中には、本当の意味で甘えて仕事をしない人もいますが、大半が人間不信などで人との接し方がわからず社会に出られない人たちです。

脱ニートは目標が重要!やる気を出して就職しよう!

⬛︎自分は元ニートでしたが、最近は週4回ですがアルバイターとして社会復帰することができました。

なぜ復帰できたのかと言うと目標や生きがいを見つけることができたからです。

⬛︎自分はベタですがもう定年を迎えた両親を楽にさせたかったからです。

親孝行したい時に親は無しとよく言いますからね…。

また自分は車が好きと言う趣味があります。

元々好きだったので購入するする目標を立てました。

⬛︎私がニートになったのは失業がきっかけでした。

失業後、仕方なく資格の勉強をしましたが、2年もかかったため、家族や周りからはキツイ言葉もたくさん言われました。

キツイ言い方かもしれませんが、無理に仕事しろと言ってもできないのがニートです。

⬛︎私は今社会復帰できましたが、復帰した動機は遊ぶ金欲しさです。

ニートのはじめはすることがなく、よく海外に旅行へ行きました。

海外にもやる気のない方はたくさんいました。

いろいろ見て回るのも凄く楽しかったですし、何よりまた来たいと思いました。

また来たいと思えれば、私みたいに社会復帰に近づくこtもできるかもしれません。

 親の後押しがやる気に!就職したい脱ニート体験談

⬛︎私は在学中に3ヶ月程コンビニバイトをしたぐらいで、その後4年半弱にわたってニートでした。

ニート3年目で自動車免許を取りに行かされ、2ヶ月後には車を手にしました。(親な払ってくれました…)

車を手に入れてからハローワークに行くようになりましたが、紹介された仕事は全滅。

求人情報誌からもいくつか受けました。

面接では今の仕事について聞かれましたが、家の手伝いをしてると言いそれ以上は追求されませんでした。

ピッキングの仕事だったのでその場採用、来月から来てと言われました。

ピッキングの作業と言えどとても大変です。

⬛︎私は英語が好きで英語を生かした仕事に就きたかったのですが対した才能がある訳ではなく好き程度だったのに努力する事はなくバイトに明け暮れてましたが28歳。

いつまでもこのままは良くないと思いハローワークに行き初の就活をしました。

正直仕事を選ばなければたくさんの求人があります。

特技も資格も実務経験もない、フリーター上がりがつける仕事なんて限られている。

当時就活を始めた頃には、具体的にやりたい仕事がなく、仕事が決まればいいやと思ってました。

しかし、やりたい仕事がなくても、やりたくない仕事はたくさんあり、なかなか自分にあった仕事がないと途方に暮れてました。

そんな時福祉の仕事が目にとまり、それまで全く興味が無かったのですが、思い切ってその道に進む決意をしました。

後はやる気の問題!脱ニートで就職しよう!

未経験、学歴ゼロでも正社員になれるのでしょうか?

バイトも長続きせずフリーターとも名乗ることができないほどの職歴しかなく立派な大学でも出とけば良かったもののそんな学歴はもちろんありません。

最初はやりたい職種をネットや情報誌で探しましたが応募資格が無いことがすぐにわかりました。

そもそも応募できる仕事はかなり少なかったです。

自分1人で職探しに疲れて限界を感じ、エージェントに相談することに決めました。

いくつかのエージェントのホームページを見比べ一番相談しやすい所を見つけました。

何度も躊躇いがありましたが結果相談して大正解。

未経験、学歴不問の求人を探すのに一番早くて確実なのがエージェントを利用する事でした。

エージェントと言うと正社員の転職専門だと思い勝ちですがニート、フリーター専門のエージェントもあります。

相談料や利用料もかからないのでおすすめです。

エージェントはかなり多くの求人を扱っており迷うこともありますが、「正社員になりたい」「この求人のここがわからない」などを正直に伝えましたが、その都度一緒に考えてくれる専任のカウンセラーがついていたので、安心でき納得いく就職活動を進められました。

関連記事はこちら


 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ