知恵の花

彼女との電話はめんどくさいと思う彼氏の理由と本音

   

彼女との電話はめんどくさいと思う彼氏の理由と本音

女性のみなさんには少しショックな結果かもしれませんが、実は大好きな彼女からの電話なのに、どこか話すのがめんどくさいと思っている男性がいます。

彼女としては彼氏と話すのが楽しくて、どんなことでも電話で喋りたいという気持ちが多いですが、電話をしている彼氏の本音は少し違うようです。

お付き合いを継続させるには一方的ではいけません。

今回は、彼女の電話がめんどくさいと思ってしまう彼氏の割合や本音などご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

再婚によって子供の苗字はどうすべき?子供のために考えるポイント



母親が再婚すると子供の苗字が変わると...

告白してから返事を待つ期間と待っている間の過ごし方

勇気を出して告白したけど、返事を待って欲しいと言われてしまっ...

AB型彼氏の特徴〜冷たいと感じる性格と上手に付き合う方法



血液型で相手がどんな人かを当てはめて...

本当に結婚できる?彼氏との将来に不安を感じた時の処方箋



結婚はしたい!だけど今の彼氏とで将来...

好きな人に電話したのに無視される…その理由とは

好きな人が電話に出てくれなくて、無視されたらつらいですよね。...

メンヘラ彼女に要注意!別れたいけど別れられない恐怖の恋愛



大好きな彼女だったのに…付き合いが長...

なぜ異性の友達がいない?女性にとって男友達の重要性とは


近頃、異性の友達がいないという女性が増えていると...

バツイチの彼氏には子供がいる…長続きする付き合い方のコツ

付き合い始めた彼氏がバツイチで子供がいると知ったら、あなたは...

お菓子作りが趣味の女性は男性ウケする?男性の本音とは

お菓子作りと言えば、女性の趣味の定番ですね。
...

40代男性のデート代、割り勘はアリ?ナシ?婚活も考えた支払い方法


最近はデート代を割り勘にする男女が増えてきている...

男友達から突然の告白!その後も友達関係を維持する断り方



仲が良かった男友達から突然告白された...

片思いしている彼は仕事が忙しい人…メールで彼の心を掴む方法


片思いをしている彼との心の距離を縮めるには、直接...

騒音の苦情を警察に訴えたい…円満解決のための対策

今では、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる世帯が...

大学の部活は大変なの!?サ-クルとの違いについても紹介!


大学に進学しても、中学・高校時代に熱中した部活を...

大学生の彼氏が好きなご飯って?彼女に作って欲しい手料理とは

彼氏にご飯を作ってあげたいと思った時に悩むのが、「どんなご飯...

元カノから連絡するのは迷惑?別れた後の元カレの心理とは

しばらく前に別れた元カノから久しぶりに連絡が来たら、あなたは...

彼女の仕事が大変な時に彼氏がとるべきベストな対応

ページの目次1 仕事が大変な彼女とどう付き合う?2 仕事が大...

女性は告白されるのを待つべき?気になる今の恋愛事情!



草食男子と言われる恋愛に消極的な男性...

気になる彼女の交友関係!男友達グループに対する許容範囲



彼女に男友達グループと遊ぶと言われた...

勉強中に音楽を聴くことは科学的に本当に効果がないのか


数ある勉強法の中で、音楽を聴きながら集中力を高め...

スポンサーリンク


約半数の彼氏は思ってる!彼女との電話がめんどくさい理由

Q.女性のことを面倒だと思った経験はありますか?

この質問に対して「はい」と答えた人が47.5% 「いいえ」と答えた人が 52.5%でした。

Q.どんなところが面倒ですか?

■連絡を怠ると機嫌が悪くなる、届いたメールや電話にすぐに出ないと何があったのと後で聞かれる、肉体関係を持ったら大抵の女性が彼女面でどんどんメールをしてくる、1週間程連絡をしないと「嫌いになった」と怒るし、生理の際には本当にイライラして面倒。

■話を聞くの面倒、女性の話は中身のない、話が長い点や自分の事ばかり、噂話は聞いてて楽しくない、どうでもいい話を聞くのは苦痛。

■話す内容に気を使う必要がある。

男性と女性とでは根本的に考え方が違うので話が合わない、女性はあまり男っぽい言葉を好きではないと思うので、話す時には言葉遣いに注意しなといけなくてそれが面倒だと感じる男性もいるようです。

女性であることを考慮して話を勧める必要がある、例を挙げると性的な事柄は避けないといけないなどが面倒なようです。

1度機嫌を損ねると女性は機嫌が直るまで本当に時間がかかるし、相手に対して気を使わないといけないので疲れてしまいます。

意識の違い?彼女からの電話をめんどくさいと思う彼氏の考えかた

交際が長くなると男性は女性と電話をすることが面倒だと感じる傾向が強いと言えます。

それはもともと会話に対しての意識が男性と女性では異なるからだと言うことができます。

同じような話がいろいろなサイトで紹介されていて、似たような話になるかもしれませんが、その点はご容赦願います。

例を挙げると相手から電話があるとまずはどんな用件かな?と思うものです。

ですが彼女はその日あった事柄や、他愛もない事柄を話し続けます。

男性からしたら一体何の目的で電話をしたのか理解できず、話の終着点もわかりません。

それでイライラしてしまいます。

ですが女性同士の場合は電話に目的や話に終着点を求めないのです。

既に説明しましたが女性は共感を求めます。

要するに会話自体が共感を得る為の手段で目的なのです。

その点が男性には理解しにくい点でどうしたら上手く噛み合うのでしょう。

それは互に男女の違いを理解した上で会話をするしかありません。

男性と女性とは考え方が違うので無理して壁を超える必要はないと言えます。

彼氏がめんどくさいと思う彼女の言動や行動

試すような言動をする時

彼氏の前でわざと別の男性と会話をしたり、別れ話をチラつかせて相手の気持ちを確認しようとします。

そんな風に相手を試す様な言動を嫌う男性は多いと言えます。

束縛が強い

「誰と一緒なの?」「○○って誰?」など彼の行動を全部把握しようとするのは控えてください。

束縛されると信頼されていないと思ってしまいます。

「信じてるから」といった姿勢を貫くことが結果として上手に物事が進みます。

密なコミュニケーションを強要される

メール、電話をマメにしたり、人前でベタベタしたり、おねだりされるくらいならいいのですが、断ると機嫌が悪くなる女性は面倒だと感じるようです。

不安がある場合は可愛くおねだりし、拗ねる時も可愛らしく拗ねるように心がけましょう。

1人の時間がとれない時

大抵の男性は1人の時間が必要です。

それは彼女と一緒に過ごすのが嫌なわけではありません。

ですが少し1人にしてと言われたら女性は不安になります。

だけど男性だから仕方ないと考えることにしましょう。

そうすれば居心地のいい女性になれます。

電話がめんどくさい彼氏と話がしたい彼女の違いは脳の構造の問題

女は男と比較して自己開示、要するに自分のことをオープンにしやすいといのが理由です。

自己開示というのは自分の意見をきちんと相手に伝えることを指し、つまり打ち明け話を意味します。

女性は男性よりも自分自身の事を話すことが好きな生き物で、会話が好きな女性はあまり相手が聞きたくない様なことまで話してしまうものです。

だから自分勝手といったイメージを相手に与えることになるので注意が必要です。

あなたも女性と会話をしていてこんなことまで話すなんて女性というのは自分勝手だと思ったことがあるのではないでしょうか。

さらに脳の違いにより女性は言語能力が優れているのでおしゃべりな人が多いと言えます。

また女はストレスを感じた時に会話をすることによりストレス発散をする脳の構造があるのです。

だからストレスが溜まったら普段よりおしゃべりになる傾向があると言えます。

逆に男性の場合はストレスを感じると黙ったり、攻撃的なる傾向があります。

そうして比較すると脳の構造からも理解できるように女性がおしゃべりなのは納得できることです。

電話でめんどくさいと彼女と彼氏に思わせないためのポイント

相手の状況を確認しましょう。

彼以外にも該当しますが電話に出ても相手が今あなたの話を聞ける状況かは分からないのです。

仮に彼が友人と一緒の場合、電話に出るのを迷っていて友人の方が気を使い電話に出るように言ったケースも考えられます。

そしたらいきなり自分の話をするような女性をどう思うでしょうか。

多分互い後味が悪い結果になると言えます。

今電話しても問題ない?と確認するのがマナーです。

それとあまり長時間話さないことも大切です。

つい彼と長電話をしてしまう事があると思いますが、話したいことがたくさんあり、長くなりそうな時には、事前にその旨を伝えると彼もきちんと段取りができるので話を聞いてくれます。

基本として男性は話を聞くのあまり得意ではないので、電話を切りたいと思っている彼に対してダラダラと話を続けると面倒な女性と思われてしまいます。

彼女なので甘えたり、電話でも互いの気持ちを確認する為に工夫をしましょう。

自分のテンションのみで話さずに相手のテンションを確認し合わる必要があります。

そうすればいい雰囲気で電話をすることができます。

電話に出た相手が外出先なのか、誰かと一緒なのか、都合が悪いのか伺ってみてください。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ