知恵の花

彼女との電話はめんどくさいと思う彼氏の理由と本音

   

彼女との電話はめんどくさいと思う彼氏の理由と本音

女性のみなさんには少しショックな結果かもしれませんが、実は大好きな彼女からの電話なのに、どこか話すのがめんどくさいと思っている男性がいます。

彼女としては彼氏と話すのが楽しくて、どんなことでも電話で喋りたいという気持ちが多いですが、電話をしている彼氏の本音は少し違うようです。

お付き合いを継続させるには一方的ではいけません。

今回は、彼女の電話がめんどくさいと思ってしまう彼氏の割合や本音などご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

居酒屋の店員さんがかわいい!自然な感じで仲良くなる方法

なかなか良い出会いがないなぁ…と思っていたら、よく行く居酒屋...

男には彼女を自慢したがる本能がある?自慢したくなる特徴について


「彼氏にとっての自慢の彼女になりたい」 このよう...

夫の両親と同居を解消するベストなタイミングと切り出し方


義理の親と同居している方はいますか? 

遠距離恋愛の彼が言う「忙しい」は本当?長続きのコツとは

遠距離恋愛は、なかなか会えない分、関係を続けていくのはとても...

彼女のことを男友達が呼び捨てする…男性が嫉妬する理由とは

つきあっている彼女が男友達に呼び捨てされているのを聞くと嫌な...

中学生と教師!禁断の恋愛を成就させるための方法について


中学生ともなると、体も心も子供から大人に変化を遂...

女友達が好きかも!?自分の気持ちがわからない時の対処法



女友達としてずっと接してきたのに、あ...

彼氏と元カノのアヤシイ関係!連絡を取っている時の対処法

あなたは彼氏が元カノと連絡を取っていることを許せますか?

彼の仕事が忙しい!彼女と会う余裕ない理由と彼とうまく付き合う方法


仕事が忙しい彼と付き合うことになると、なかなか会...

女性の好意に気づくとモテる!女性からのサインに気づくコツ


女性が自分に好意を持っていると感じることはありま...

仕事で疲れた彼・彼女にかけたい言葉と注意したい言葉


現代は女性の社会進出により、男女問わず仕事をする...

スポンサーリンク


約半数の彼氏は思ってる!彼女との電話がめんどくさい理由

Q.女性のことを面倒だと思った経験はありますか?

この質問に対して「はい」と答えた人が47.5% 「いいえ」と答えた人が 52.5%でした。

Q.どんなところが面倒ですか?

■連絡を怠ると機嫌が悪くなる、届いたメールや電話にすぐに出ないと何があったのと後で聞かれる、肉体関係を持ったら大抵の女性が彼女面でどんどんメールをしてくる、1週間程連絡をしないと「嫌いになった」と怒るし、生理の際には本当にイライラして面倒。

■話を聞くの面倒、女性の話は中身のない、話が長い点や自分の事ばかり、噂話は聞いてて楽しくない、どうでもいい話を聞くのは苦痛。

■話す内容に気を使う必要がある。

男性と女性とでは根本的に考え方が違うので話が合わない、女性はあまり男っぽい言葉を好きではないと思うので、話す時には言葉遣いに注意しなといけなくてそれが面倒だと感じる男性もいるようです。

女性であることを考慮して話を勧める必要がある、例を挙げると性的な事柄は避けないといけないなどが面倒なようです。

1度機嫌を損ねると女性は機嫌が直るまで本当に時間がかかるし、相手に対して気を使わないといけないので疲れてしまいます。

意識の違い?彼女からの電話をめんどくさいと思う彼氏の考えかた

交際が長くなると男性は女性と電話をすることが面倒だと感じる傾向が強いと言えます。

それはもともと会話に対しての意識が男性と女性では異なるからだと言うことができます。

同じような話がいろいろなサイトで紹介されていて、似たような話になるかもしれませんが、その点はご容赦願います。

例を挙げると相手から電話があるとまずはどんな用件かな?と思うものです。

ですが彼女はその日あった事柄や、他愛もない事柄を話し続けます。

男性からしたら一体何の目的で電話をしたのか理解できず、話の終着点もわかりません。

それでイライラしてしまいます。

ですが女性同士の場合は電話に目的や話に終着点を求めないのです。

既に説明しましたが女性は共感を求めます。

要するに会話自体が共感を得る為の手段で目的なのです。

その点が男性には理解しにくい点でどうしたら上手く噛み合うのでしょう。

それは互に男女の違いを理解した上で会話をするしかありません。

男性と女性とは考え方が違うので無理して壁を超える必要はないと言えます。

彼氏がめんどくさいと思う彼女の言動や行動

試すような言動をする時

彼氏の前でわざと別の男性と会話をしたり、別れ話をチラつかせて相手の気持ちを確認しようとします。

そんな風に相手を試す様な言動を嫌う男性は多いと言えます。

束縛が強い

「誰と一緒なの?」「○○って誰?」など彼の行動を全部把握しようとするのは控えてください。

束縛されると信頼されていないと思ってしまいます。

「信じてるから」といった姿勢を貫くことが結果として上手に物事が進みます。

密なコミュニケーションを強要される

メール、電話をマメにしたり、人前でベタベタしたり、おねだりされるくらいならいいのですが、断ると機嫌が悪くなる女性は面倒だと感じるようです。

不安がある場合は可愛くおねだりし、拗ねる時も可愛らしく拗ねるように心がけましょう。

1人の時間がとれない時

大抵の男性は1人の時間が必要です。

それは彼女と一緒に過ごすのが嫌なわけではありません。

ですが少し1人にしてと言われたら女性は不安になります。

だけど男性だから仕方ないと考えることにしましょう。

そうすれば居心地のいい女性になれます。

電話がめんどくさい彼氏と話がしたい彼女の違いは脳の構造の問題

女は男と比較して自己開示、要するに自分のことをオープンにしやすいといのが理由です。

自己開示というのは自分の意見をきちんと相手に伝えることを指し、つまり打ち明け話を意味します。

女性は男性よりも自分自身の事を話すことが好きな生き物で、会話が好きな女性はあまり相手が聞きたくない様なことまで話してしまうものです。

だから自分勝手といったイメージを相手に与えることになるので注意が必要です。

あなたも女性と会話をしていてこんなことまで話すなんて女性というのは自分勝手だと思ったことがあるのではないでしょうか。

さらに脳の違いにより女性は言語能力が優れているのでおしゃべりな人が多いと言えます。

また女はストレスを感じた時に会話をすることによりストレス発散をする脳の構造があるのです。

だからストレスが溜まったら普段よりおしゃべりになる傾向があると言えます。

逆に男性の場合はストレスを感じると黙ったり、攻撃的なる傾向があります。

そうして比較すると脳の構造からも理解できるように女性がおしゃべりなのは納得できることです。

電話でめんどくさいと彼女と彼氏に思わせないためのポイント

相手の状況を確認しましょう。

彼以外にも該当しますが電話に出ても相手が今あなたの話を聞ける状況かは分からないのです。

仮に彼が友人と一緒の場合、電話に出るのを迷っていて友人の方が気を使い電話に出るように言ったケースも考えられます。

そしたらいきなり自分の話をするような女性をどう思うでしょうか。

多分互い後味が悪い結果になると言えます。

今電話しても問題ない?と確認するのがマナーです。

それとあまり長時間話さないことも大切です。

つい彼と長電話をしてしまう事があると思いますが、話したいことがたくさんあり、長くなりそうな時には、事前にその旨を伝えると彼もきちんと段取りができるので話を聞いてくれます。

基本として男性は話を聞くのあまり得意ではないので、電話を切りたいと思っている彼に対してダラダラと話を続けると面倒な女性と思われてしまいます。

彼女なので甘えたり、電話でも互いの気持ちを確認する為に工夫をしましょう。

自分のテンションのみで話さずに相手のテンションを確認し合わる必要があります。

そうすればいい雰囲気で電話をすることができます。

電話に出た相手が外出先なのか、誰かと一緒なのか、都合が悪いのか伺ってみてください。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ