知恵の花

リンパの腫れは疲れから?疲れによる腫れの原因や対処方法

   

リンパの腫れは疲れから?疲れによる腫れの原因や対処方法

リンパという言葉を1度は聞いたことがあると思います。

疲れや風邪などで、簡単に流れが滞ってリンパが腫れてしまうものなので、意外とリンパの腫れを経験した人も多いのではないでしょうか。

リンパが腫れたままだと、疲れが取れなかったり、免疫が下がったりしてしまうので対策が必要です。

そこで今回は、疲れが原因でリンパが腫れてしまった場合に着目して、原因や対策、マッサージ方法などをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

スポンサーリンク


リンパって聞いたことはあるけど一体何?リンパの正体と役割

リンパという言葉をよく耳にすると思いますが、体の中でどんな働きをしているのか知っている人は少ないと思います。

リンパは体の中で必要なくなった老廃物を回収したり、体に入ってきた細菌やウイルスを撃退するといった体の機能の中でも重要な役割を担っています。

リンパ液は、血液から染み出した血しょうという成分の一部がリンパ管に回収されて生成されます。

リンパ管は血管と同じように体中に張り巡らされていて、内臓や皮膚といったところに網目状に広がっています。

全身に800箇所のいくつかのリンパが集中して作られる「リンパ節」と言われる節が存在しています。

このリンパ節では、リンパ液によって回収されたウイルスや細菌を除去する役割を担っています。

リンパ液は血液と似ているのですが、血液のように心臓のポンプ運動で流されるわけではなく、全身の筋肉の動きにあわせて流れていきます。

そのため、体を動かすことが少ないとリンパは流れにくく詰まってきてしまいます。

リンパが詰まり、老廃物が溜まっているとむくみや肩こりが酷くなったり、免疫力が落ちで病気になりやすくなったりします。

疲れが溜まって免疫力が下がるとリンパが腫れる原因になる

リンパ節はウイルスや細菌を退治する機能をもっているのですが、免疫力が落ちていることにで処理しきれずに溜まってしまいリンパが腫れてしまうことがあります。

免疫力が落ちる原因には疲労やストレスがあります。

人の体は疲労やストレスの影響で免疫力が低下して病気になりやすくなります。

免疫力が低下した状態だとわずかな細菌やウイルスでも体にダメージを受けてしまい、倦怠感や疲労を感じるようになります。

また、リンパが腫れる原因が歯周病の場合もあります。

この場合にも疲労などで免疫力が低下していることで歯周病の原因となっている細菌がリンパ節に進入してきて腫れを引き起こします。

もし、リンパが腫れた場合は専門の病院を受診して原因をみつけてもらい対処しましょう。

早めに対応することで悪化を防ぎ早く治すことができると思います。

リンパの腫れを防ぐには、疲労やストレスを溜めて免疫力を落とさないようにすることです。

ゆっくり湯船につかったり、運動をして汗を流したりと自分にあった解消方法を見つけて健康的な体にしましょう。

リンパマッサージをしてリンパが滞らないようにしておくのも免疫力アップに良いです。

疲れが溜まったのが原因でリンパが腫れてしまったときの対処法

疲労によってリンパが腫れてしまった場合にはゆっくり体を休めることが大切です。

日頃から仕事が忙しいと睡眠不足や不規則な生活になってしまい体の免疫力が低下してしまっています。

疲労が溜まっているようなら十分な睡眠をとり体を休め、ストレスが溜まっているようなら好きなことをおもいっきりやりストレスを発散しましょう。

リンパの腫れを抑える市販薬としては消炎鎮痛効果のあるものが有効です。

もし、それでも腫れが引かないようであれば一度病院を受診してみましょう。

特に、首のリンパが腫れているようであれば早めに受診した方が良いです。

ウイルスや細菌の種類によっては特別な治療が必要になる場合もあります。

余りに酷いリンパの腫れであれば市販薬を試す前に病院に行ったほうが、安心できますし、治りも早いと思います。

リンパが腫れてから対処していると長引く場合もあります。

なるべく免疫力が落ちないように、疲労やストレスを溜め込まないように生活できると予防することができます。

疲れだけではない!リンパが腫れてしまう大きな病気

リンパが腫れる原因は、疲労や風邪などだけではありません。

もっと大きな病気の可能性もあります。

特に気をつけなければいけないのが悪性リンパ腫です。

悪性リンパ腫とは、白血病や骨髄腫と同じように血液の癌でありリンパ系の組織に発生します。

リンパ節や胸腺、扁桃腺、脾臓などの体中のリンパ組織に腫瘍できる可能性があります。

この病気の症状としては、脇の下や脚の付け根などリンパ節が密集しているところに痛みが出たり、体重の減少、大量の汗をかくなどが起ります。

また、腫瘍で臓器が圧迫され血液障害、麻痺などが現れる場合もあります。

悪性リンパ腫は腫瘍組織の違いで「ホジキン病」と「非ホジキンリンパ腫」に分けられ、さらにその中の細胞で細分化され、30種類以上のパターンがあります。

そのためリンパの専門医でなければ判断や治療が難しい場合が多いです。

風邪だと思い軽い気持ちでいたら悪性リンパ腫で進行していたということもあります。

初期ではリンパ節が一つ腫れる。

Ⅱ期では上半身または下半身のリンパ節が2箇所以上腫れる。

Ⅲ期では全身のリンパ節が腫れる。

Ⅳ期では内臓や、骨髄などにも悪性の腫瘍ができる。

リンパが腫れてなかなか腫れが引かないようであれば病院を受診しましょう。

疲れが原因のリンパの腫れを解消するマッサージ方法

自宅で簡単!セルフリンパマッサージの方法リンパが詰まったまま放置していると、体内に老廃物が溜まってしまい、免疫力が低下してしまいます。

その結果、脚のむくみや肩凝りが発生したり、疲労や便秘で体調が悪くなるなど体に様々な影響がでてきます。

日常生活で運動することが少なく筋肉が動かないとリンパの流れが滞り老廃物が体内に溜まってしまいます。

これを解消するには運動をすることが一番ですが、運動が難しくてもマッサージをすることでリンパの流れを促し健康を維持することができます。

特に、リンパが集中していて自分で出来る場所は、鎖骨リンパ節、顎下リンパ節、耳下リンパ節、腋窩リンパ節となっています。

この箇所だけでも覚えておくと良いでしょう。

セルフマッサージを行うポイントとしては、

  1. 湯船にゆっくりとつかり筋肉がほぐれてリラックスした状態で行う。
  2. リンパの流れをスムーズにするイメージでリンパ節を優しく押す。
  3. リンパ液をリンパ節に向かって優しくなでるように流す4.リンパの最終出口である鎖骨の下からマッサージを始める。

関連記事はこちら


 - 医療・病気

ページ
上部へ