知恵の花

まぶたや眼球が痛い原因は?気になる病気の可能性と対処法

   

まぶたや眼球が痛い原因は?気になる病気の可能性と対処法

まぶたや眼球に痛みが生じた場合、いくつか考えられる原因があります。

目の酷使による眼精疲労からくる場合もありますが、中には気になる病気の可能性もあるようです。

目の不調は自己判断で放置せずに、早めの対策が重要になります。

まぶたや眼球に痛みが生じる原因を特定し、不快な症状を改善できるように適切な対処を心がけましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

再婚によって子供の苗字はどうすべき?子供のために考えるポイント



母親が再婚すると子供の苗字が変わると...

告白してから返事を待つ期間と待っている間の過ごし方

勇気を出して告白したけど、返事を待って欲しいと言われてしまっ...

AB型彼氏の特徴〜冷たいと感じる性格と上手に付き合う方法



血液型で相手がどんな人かを当てはめて...

本当に結婚できる?彼氏との将来に不安を感じた時の処方箋



結婚はしたい!だけど今の彼氏とで将来...

好きな人に電話したのに無視される…その理由とは

好きな人が電話に出てくれなくて、無視されたらつらいですよね。...

メンヘラ彼女に要注意!別れたいけど別れられない恐怖の恋愛



大好きな彼女だったのに…付き合いが長...

なぜ異性の友達がいない?女性にとって男友達の重要性とは


近頃、異性の友達がいないという女性が増えていると...

バツイチの彼氏には子供がいる…長続きする付き合い方のコツ

付き合い始めた彼氏がバツイチで子供がいると知ったら、あなたは...

お菓子作りが趣味の女性は男性ウケする?男性の本音とは

お菓子作りと言えば、女性の趣味の定番ですね。
...

40代男性のデート代、割り勘はアリ?ナシ?婚活も考えた支払い方法


最近はデート代を割り勘にする男女が増えてきている...

男友達から突然の告白!その後も友達関係を維持する断り方



仲が良かった男友達から突然告白された...

片思いしている彼は仕事が忙しい人…メールで彼の心を掴む方法


片思いをしている彼との心の距離を縮めるには、直接...

騒音の苦情を警察に訴えたい…円満解決のための対策

今では、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる世帯が...

大学の部活は大変なの!?サ-クルとの違いについても紹介!


大学に進学しても、中学・高校時代に熱中した部活を...

大学生の彼氏が好きなご飯って?彼女に作って欲しい手料理とは

彼氏にご飯を作ってあげたいと思った時に悩むのが、「どんなご飯...

元カノから連絡するのは迷惑?別れた後の元カレの心理とは

しばらく前に別れた元カノから久しぶりに連絡が来たら、あなたは...

彼女の仕事が大変な時に彼氏がとるべきベストな対応

ページの目次1 仕事が大変な彼女とどう付き合う?2 仕事が大...

女性は告白されるのを待つべき?気になる今の恋愛事情!



草食男子と言われる恋愛に消極的な男性...

気になる彼女の交友関係!男友達グループに対する許容範囲



彼女に男友達グループと遊ぶと言われた...

勉強中に音楽を聴くことは科学的に本当に効果がないのか


数ある勉強法の中で、音楽を聴きながら集中力を高め...

スポンサーリンク


まぶたと眼球が痛い場合に考えられる2つの原因

眼の痛みは「表面の痛み」と「奥の痛み」の2つに分けることができます。

眼の表面の痛みを感じる場合のたとえとしては、異物感のようなゴロゴロした違和感や痛み、しみるような痛み、チクンと刺されたような痛み、といった表現ができるかと思います。

そのような軽い痛みやひっかかるような感覚である場合は、ドライアイや逆まつ毛などで角膜や結膜など、眼の表面に傷ができてしまったなどがあげられます。

対する眼の奥の痛みの場合は、眼の奥からの重い感覚、鈍痛を感じます。

言葉で説明するとわかりづらいかもしれませんが、実際に体験してみると、表面からの痛みであるのか、奥からの痛みであるのは感覚的にわかるでしょう。

どちらの痛みであるか自覚していることで、眼科で病気の診断をする際にも役立ちます。

大きな病気であった場合は特に、病気を早期発見して治療することが重要になってきますので、自分が抱えている痛みはどこから発せられているのか、自覚することが大事になります。

痛い原因は疲労から?まぶたや眼球の不調

眼精疲労の症状には、軽い場合では、眼が乾く、視力が落ちる、眼が充血する、眼の奥が痛いなどがあげられます、さらにひどくなると、肩がこる、頭痛がする、瞼が痙攣する、眼がかすむ、吐き気がする、食欲がなくなる、など、多岐にわたります。

では、なぜこのような症状が出るのでしょうか?

眼精疲労は、「毛様体筋」の疲れであると言われています。

毛様体筋は、眼の中でレンズの役目を果たす水晶体の厚みを調整している筋肉です。

遠視の方や、コンタクトレンズやメガネを利用して視力を矯正をしている方、老眼の入っている方などは、近くのものを見るときにピントを合わせるのに、普通の人よりも毛様体筋を動かす必要があり、その分通常の人より眼精疲労が蓄積しやすくなります。

もし、眼が重い、痛む、疲れているといった感覚がある場合は、一旦休憩してしっかり眼を休めてあげましょう。

それでも症状が軽減しない、症状がひどいといった場合は、眼科で一度診てもらうと良いでしょう。

まぶたと眼球が痛い…気になる眼精疲労

眼精疲労の症状は、眼が痛い、まぶたを押すと痛みを感じる、肩こり、腕が痛い、背中が痛い、などがあげられます。

また、眼精疲労の症状は精神的な面にも及びます。

精神的に不安になる方、イライラするという方も見受けられます。

眼精疲労は、同じ姿勢で、長時間パソコンやスマホなどの画面を見続けることで起こります。

では、どのような方法で改善できるのでしょうか?まず、休憩をはさむことです。

1時間作業をした、5分や10分程度の休憩をいれて、ずっと近くを見ていた眼を休ませるために遠くの景色を眺めてみましょう。

次に体を動かすことです。

ずっと同じ姿勢で作業している方は、肩や首の筋肉が固まりがちになってしまいます。

ストレッチや、首、肩を動かす運動をして筋肉をほぐしてあげましょう。

また、エアコンの風が眼に当たらないようにしましょう。

エアコンの風はドライアイが進行する原因になることがあります。

すでにドライアイの方は1回眼科で診てもらいましょう。

適切な治療をすることで、ドライアイの進行や眼精疲労を防ぐことができます。

まぶたや眼球が痛い…気になる病気の可能性

眼の鈍痛は、眼の内部、もしくは眼の周囲の病気が原因で生じます。

このうち、「緑内障発作」の場合は治療を急がなければなりません。

緑内障発作は通常の緑内障とは違い、急に眼圧が上昇し、強い眼の痛み、頭痛、見えにくさが症状として挙げられます。

若い頃はよく見えていて、眼の病気とはあまり縁のなかったような遠視の方は特に発症しやすいと言われています。

早期発見して治療することで、治療も容易になりますし、後遺症のリスクも軽減しますので、このような症状が出たときはすぐに眼科を受信しましょう。

他にも、眼の鈍痛の理由は様々です。

例えば、頭痛のときに一緒に眼の痛みを感じることがあります。

また、歯の病気や鼻の病気のときにも眼の奥に痛みを感じる場合があります。

この場合は、歯や鼻の病気が治れば眼の痛みもなくなりますので、そちらを治療してください。

さらに、眼鏡が合わなかったり、眼精疲労を起こしたりしている場合も鈍痛を感じる場合があります。

眼に鈍痛を感じる、というだけで眼科に行くのは気がひけるという方もいらっしゃると思いますが、最悪でも「見え方におかしい」と思ったときは眼科を受診しましょう。

まぶたや眼球が痛い場合の対処法

今朝からずっと右眼に違和感を感じています。

まばたきをするたびに右のまぶただけが痛みます。

まぶただけが痛くて、特に眼球やその周りなど、まぶた以外の部分はなんともないようです。

見てみたところ左眼は特に何ともないようです。

右眼も、赤く腫れているなどといったことはないのですが、左眼に比べると、まぶたが少しだけ膨らんでいるように思えます。

しかし、前日に特に眼をいじったとか、自分で何かをしたという記憶は全くないので、自分では原因がまったくわからず困惑しています。

また、どのようにしたら症状が和らぐのかもわからず、今朝からずっと眼は痛むけど、何も対処できないまま放っています。

眼の病気に詳しい方や、実際にこのような症状を経験したことがある方がいらっしゃいましたら、一般的に何が原因なのか、また自分のときはこれが原因だった、このような対処法がある、自分のときはこのように対処した、などを教えてください。

よろしくお願いいたします。

まぶたや眼球が痛いのは炎症を起こしているかも!

左まぶたと比べて、右まぶたが膨らんでいるというのであれば、まぶたの内側の粘膜に炎症が起こっていることが考えられます。

炎症の原因として考えられるのは、流行性角結膜炎(はやり目)や咽頭結膜炎熱(プール熱)に代表されるようなウイルス性急性結膜炎の可能性です。

その他、紫外線やハウスダスト、目をこするなどによる物理的刺激、花粉などのアレルギー反応によって炎症が起こることが考えられます。

また、ものもらいの可能性もあります。

女性に多いのは、薬品や化粧品などに対するかぶれやアレルギーです。

まずは一度眼科を受診することをオススメします。

関連記事はこちら


 - 病院・病気・薬

ページ
上部へ