知恵の花

美容と健康!朝の紅茶習慣がもたらす嬉しい効果が話題に!

   

美容と健康!朝の紅茶習慣がもたらす嬉しい効果が話題に!

最近、美容や健康に意識が高い方に、朝の紅茶が話題になっているのをご存知ですか?

朝、一杯の紅茶を習慣づけることで、カラダには嬉しい効果がたくさん現れるようになります。

しかし、ポイントや注意点を守らないと、逆効果になってしまうこともあるようです。

そこで、美容に健康に効果的な紅茶習慣について詳しく調べてみました。

ぜひ参考にして、毎朝一杯の紅茶から一日を始めてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

スポンサーリンク


美容に健康に!紅茶の効果に大注目!

赤ワインやココア、紅茶にはポリフェノールという健康成分が含まれています。

ポリフェノールとは、「ポリフェノール類」と呼ばれる何種類もの物質の総称であり、単独の物質ではありません。

お茶にはカテキン、タンニン、フラボノイドなど、70種類ものポリフェノールが含まれています。

緑茶やウーロン茶と比較すると、紅茶にはこのようなポリフェノール成分が特に多く含まれており、そのために紅茶を飲むと良い効果があると話題となっています。

赤ワインにもポリフェノールが含まれているのですが、飲みすぎてしまうとアルコールも一緒に摂取してしまうこととなります。

フランス人は赤ワインをいっぱい飲むので、フランスは欧州一心臓病の死亡率が低いのですが、その一方でフランスは世界一、膵臓病や肝硬変での死亡率が高い国なのです。

また、ココアにもポリフェノールが含まれていますが、やはり飲みすぎると糖類を一緒に取り入れてしまう欠点があるのです。

紅茶はノンカロリーですので、茶葉を抽出して煎れる分にはアルコール分や糖分を摂取する心配もなく、有効なポリフェノールを摂取することができます。

紅茶をいっぱい飲んでも体への悪影響は少ないのです。

 朝の紅茶習慣で現れる3つの嬉しい効果

紅茶といえば、アフタヌーンティーのイメージがありますね。

午後のゆったりとした時間にいただく印象の強い紅茶ですが、朝に紅茶を飲むことでもリラックスでき、3つのメリットがあるのです。

「朝はコーヒー」という方も是非、朝の紅茶を楽しんでみてください。

まず、集中力がアップし、心もスッキリします。

紅茶に含まれるテアニンには、気持ちを落ち着かせる効果があるので、紅茶にも含まれているカフェインには、頭をスッキリさせる作用があるのですが、テアニンの働きが加わりリラックスすることもできます。

朝の紅茶の2つ目のメリットは、体を温める作用があることです。

紅茶は、緑茶やコーヒーと比べて「陰」の気が少なく、そのため、体温を上げ、代謝を高める効果があるのです。

生姜やはちみつを加えることで、ダイエットや冷え性への対策にもなりますよ。

そして最後に、紅茶カテキンには糖分を分解する働きがあるほか、食後の消費効果もあります。

パンや焼き菓子たけ、といった糖分の多い朝食にも紅茶はぴったり!ですね。

食べ合わせの相性はもちろん、効果という点でも甘いお菓子やパンは、紅茶といただくことで糖分の吸収を抑える働きをするのです。

朝の一杯に効果あり!生姜紅茶について

熱い紅茶に生姜のすりおろしを加えた「生姜紅茶」は、紅茶の効果に生姜の効果が加わるので、朝にオススメの一杯です。

1.冷え性改善

生姜の辛味成分には、新陳代謝を活発にし、血行を改善する働きがあります。

血行不良による冷え性体質は、生姜紅茶をいただくことが改善方法の1つとなります。

2.風邪の予防

生姜にも紅茶にも、身体を温める効果に加え、殺菌作用があるので、「生姜紅茶」は風邪やインフルエンザの予防に役立ちます。

生姜の発汗作用による解熱の効果は、特にひきはじめの風邪の症状改善などには有効です。

さらに生姜には咳を鎮める、痰を切りやすくする効果がありますので、気管支炎や風邪に対処する漢方薬を構成する生薬としても使われているのです。

3.ダイエット効果

「生姜紅茶」によるダイエット方法はかつて注目され、多くの場面で取り上げられていたのですでにご存知かもしれません。

「しょうが紅茶ダイエット」の著者、石原結實先生の本には「生姜紅茶ダイエット」の2つのコンセプトが紹介されています。

1つは、「生姜紅茶」の冷え性改善効果により、新陳代謝を活発にすることで、効率よく脂肪や糖分を燃焼させ、痩せやすい体質にすることです。

もう1つは、紅茶の利尿作用によって、余分な水分を身体から排出させ、むくみを解消する効果です。

「しょうが紅茶ダイエット」は下半身太りに対し、特に効果を発揮するようです。

ダイエットにも健康にも効果的な「生姜紅茶」簡単に作ることができますので、お試しになってみてはいかがでしょうか。

朝のショウガ紅茶習慣!効果をアップさせる方法

「生姜紅茶」は高温で抽出した紅茶にすりおろし生姜を加えたものです。

もっとも、「生姜紅茶」の効果を最大限に堪能するためには、いくつか重要なポイントがありまして、そのポイントを紹介させていただきます。

紅茶については、茶葉でもティーバックでも効能は変わりません。

お湯の温度は少なくとも80度以上の熱いお湯を使い、3分ほど蒸らします(ティーバックでしたら1分程度で十分です)。

紅茶の赤い色素であるテアフラビンを適切に抽出するには、なるべく高い温度で紅茶を入れると良いでしょう。

テアフラビンはポリフェノールの一種なのですが、強い抗酸化力を持っているため、殺菌効果があると言われています。

生姜は、一杯の紅茶に対して小さじ1〜2杯を使用します。

生姜は皮を剥かずにすりおろし、すぐに使用するのがベストです。

生姜の血行改善作用は生の生姜に含まれる辛味成分であるジンゲロールの働きによるものなのですが、空気中に放置することで成分が減少していきます。

一番手軽な方法は、ティーバックで煎れたお茶にチューブのすりおろし生姜を加えることですが、チューブの生姜には生姜以外のものも含まれていますので、できれば生の生姜、面倒でしたら乾燥生姜を用意しておくことをおすすめします。

朝の空腹時や就寝前の紅茶は逆効果!?

心と身体に良い効果のある紅茶ですが、もちろん、飲んではいけない時もあります。

すでにご存知かもしれませんが、睡眠前や空腹時、また、お腹の調子が悪い時は控えるべきです。

また、貧血が気になる方は、食中食後の紅茶を控えた方が良いのです。

睡眠前の紅茶は、紅茶に含まれるカフェインの覚醒作用により、寝付きにくい人にとっては、睡眠の妨げになってしまう可能性があります。

確かに、紅茶にはリラックス作用のあるテアニンが含まれているのですが、コーヒーや緑茶と同じく、カフェインも含有していますので、寝る前の紅茶に飲むことには、注意が必要です。

空腹時の紅茶もカフェインの作用によって、人によっては胃酸が分泌され、胃を荒らしてしまう場合があります。

目覚めの一杯は薄めに煎れるか、ミルクティーにする、はちみつや生姜を加える、など、カフェインの作用を緩和する飲み方をおすすめします。

また、お腹の調子が悪い時には、紅茶は控え、カフェインの少ない温かい飲み物をいただきましょう。

白湯や番茶、麦茶などがいいですね。

確かに紅茶には身体を温める効果があるのですが、胃腸の調子が優れない時は、カフェインの摂取は刺激となるため、控えるべきです。

最後に、貧血気味の方は食事時に紅茶を飲むことに対し、注意が必要です。

紅茶に含まれているタンニンは、野菜などに含有している非ヘム鉄の吸収の妨げになるのです。

そのため、せっかく食事で野菜を摂取しても、必要な鉄分が身体に吸収されにくくなってしまうのです。

とりわけ、鉄欠乏性貧血の方は、紅茶を飲む時間に注意が必要です。

関連記事はこちら


 - 健康

ページ
上部へ