知恵の花

小学校の教師は結構大変…急増するトラブルはこう乗り切る!

   

小学校の教師は結構大変…急増するトラブルはこう乗り切る!

子供の成長を近くで見守る小学校の教師。

憧れの仕事として、以前は人気がありましたが最近はその人気も陰り気味…

その原因は、小学校の教師の大変さがどんどんと増していることが原因ではないでしょうか?

子供のいじめ問題や親とのトラブルなど、大変な事柄が山積しています。

そこで今回は、実際の小学校で起きている教師が抱える問題や大変さについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

これでバッチリ!料理の苦手意識を克服するためのプロセス

料理を作ってもなかなかうまくいかない…何度か...

スポンサーリンク


小学校教師が一気に大変になる担任制

小学校教師の場合はそのほとんどが担任を受け持っています。

そこで、担任を受け持つ小学校教師が苦労することの1つが、児童の多さです。

担任を受け持つ場合、児童の性格や学力、人間関係、家庭の様子などを把握しておかなければなりません。

しかし、児童数は低学年の1,2年生を除き、大半の自治体が1クラス最大40人としており、実際も大体1学級30〜40人になります。

近年児童数が減少していると言われていますが、だから1学級の児童数が減るわけではありません。

たとえば、40人学級制のところに60人入学すると、2クラスで各30人となります。

また81人入学すると、40人のクラスと41人のクラスになってしまうので、40人を超えることを避けるため、3クラスに分けるので、1クラス27人ほどになります。

逆に、児童が38人しか入学しなかったとしたら、1クラス編成で38人学級になります。

このように、児童数の増減によりクラスの数が変わるので、単純に1学年の児童数が減ったから1クラスの児童数が減るわけではないのです。

人数の多いクラスを受け持つと特に、友達関係に配慮しなければなりません。

児童一人ひとりの性格と人間関係を照らし合わせ班や当番、係などを決めないと仲間はずれやいじめに繋がる場合があります。

全然楽じゃない…小学校教師は結構大変!

職員室でのんびりしているイメージを抱かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際の先生達はのんびりなどしていられません。

常に事務仕事や次の授業の準備に追われているのです。

生徒が休み時間でも教員は仕事の時間です。

お昼も食べながら仕事をしています。また、残業代も出ません。

それでも学校に遅くまで残っている先生なら10時ごろまで残っています。家に帰っても仕事です。

そして次の日の7時には出勤しています。

土日もゆっくり寝ることも許されない仕事です。

一人で仕事をするのではなく、他の教員と連絡を取りながら常に仕事をすることになります。

特に大変なのが新任の先生です、特に研修期間があるわけでもなく、教育現場に経った日から、他のベテランの先生と同じ仕事を要求されるのです。

また、何か起きたら、ベテランの先生と同じように責任を問われるのです。

他の職種、職場では考えられない環境でしょう。

先生たちはこのような環境下で仕事をしているのです。

大変過ぎる小学校教師のエピソード

子どものトラブルへの対応ももちろん仕事の一部分ですが、あくまでメインは勉強を教えることです。

教師がどれだけトラブルに対応しても評価されるものではありません。

むしろトラブルが起きないようにすることが良い教師なのだと思いますが、そうはいってもトラブルは起きてしまいます。

その中で子どもや保護者に対応し、教育委員会とやりとりをし、それがやっと終わったと思ったら授業の準備をして、終わった授業の処理をして、の繰り返しです。

本当に大変で、心も体もぼろぼろになります。

一生懸命取り組んで受け持っている学年を次へ送り出しても、また次は次でトラブルが続いたりするのです。

まさに一難去って一難とはこのことです。

もちろん、税金の中からお給料をいただいて、社会保証も得ているわけですから、どんなに大変でも誠心誠意つとめようと思っていましたが、やはり休みなく続けるのは大変です。

これは私だけではなく、日本中どこの学校もこうなっているのだと思います。

日本が抱えている問題が集約されているものこそが学校なのだと思っています。

小学校の教師って大変…心を病むケースも!

小学校教師が心を病んでしまう理由の1つとして多忙が挙げられます。

教師を志したのは、円滑な事務処理に憧れたわけでも、怒りまくし立てる保護者や近隣住民のクレームをなだめることにやりがいを感じているわけでも、意味があるのか分からない多数決ばかりの職員会議で意見を言うためでもありません。

もちろん、8:30から15:00ころまでは授業や給食などで子どもたちと一緒に過ごします。

しかし子どもたちが下校したあとは、会議や打ち合わせが次から次へと襲ってきます。

「あの子、今日の算数分かってなかったから、少し残して教えたいな」などと思っても、会議があります。

子どもが下校する時刻を過ぎると、子どもよりも会議を優先しなくてはいけなくなるのです。

例えば、大人の都合より子どもを優先すべきだと考え、打ち合わせがあると分かっていつつ子どもの勉強を見た若い教師がいましたが、あとでベテランから注意を受けていました。

このように教師に憧れた人ほど、子どものことをよく考えている人であるほど、良心の呵責に悩むことになるのです。

小学校の教師って大変!急増する親とのトラブル

私は小学校教員です。

最近は子どもの対応よりも親の対応に疲れてしまいます。

学校のルールをなかなか理解してくれないのです。

校長先生や生徒指導主任も親にルールを説明してほしいと思っています。

忙しいのに、今後に生かせない研究委嘱もやめてほしいと思っていますし、生徒指導研究年度の直後になぜが学校が荒れたり、もう意味が分かりません。

正直、内部への不満がかなりあります。

学級経営のノウハウを家庭で生かしたり、家庭での教育方針を学校で生かしたりできるはずなのに、そういう交流がないのももどかしいです。

子どもたちは、いつも、一緒に遊ぼうとか言ってくれるけど忙しくてなかなか向き合えず、いつも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私も小学校教諭です。

子どもは可愛いし、保護者の方とお話するのも好きなのですが、たまに、子ども同士のトラブルによって親同士が喧嘩して話がこじれてしまうことがあって困ります。

先に担任に相談してもらえれば事実確認して双方の保護者に対応することができますが、中には自分の子どもの言い分ばかりを信じ込んで、いきなり相手の子どもや親に文句を言ってしまう方がいます。

私が相談してもらえらえるような担任でいなければならないのはもちろんですが、まずは担任に相談してほしいです。

関連記事はこちら


 - 仕事

ページ
上部へ