知恵の花

試用期間中なのに退職したい!社会人が守るべき2週間の壁

   

試用期間中なのに退職したい!社会人が守るべき2週間の壁

新しい仕事に就き、仕事覚えの使用期間中。

やっぱりこの仕事自分には向いてないかも…そんな風に感じたことはありませんか?

人には向き不向きがあり、入ったばかりでも退職を考えてしまうこともあります。

しかし、一度入った会社は試用期間中であっても雇用契約が成立している状態です。

一般的には2週間は必要と言われる退職告知。

どう伝え、どう乗り越えるべきか、まとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

元カレが連絡を数年後に突然してくる理由とは?彼の心理と対処法

別れてしばらく経ってから数年後、元カレから連絡が来たら、あな...

既婚男性が女性を食事に誘う本当の気持ちと下心

気になる相手が既婚男性だったという経験をした女性は多いのでは...

彼女が元カレと連絡してる!?気になる女性の心理と対処法



彼女が元カレに連絡を取っていることが...

徹夜で勉強する時に集中力を保つ効果的な方法



試験前など今日は徹夜で勉強しなきゃ!...

テスト前の勉強でやる気が出ない時…やる気を高める5つの極意!


テスト勉強でやる気のスイッチが入らず、そのまま時...

結婚の挨拶で彼の実家へ…女性が気をつけるべきポイントとは

結婚が決まり、彼の実家へ挨拶しに行くことになったら、どうすれ...

バイト先の後輩との恋愛事情〜うまくいくための心構え〜

バイトをする職種によるところはあるのですが、ほとんどのケース...

理想と現実は違う?男性が彼女に期待すること

理想の彼女を追い求める男性は、少なくないようです。しかし現実...

親に結婚を反対された時の対応法!理由別の対処法とは


多くの女性にとって人生最大の幸せの瞬間、それは彼...

遠距離恋愛からの結婚を親に反対されたときの対処法とは


遠距離恋愛を通じての結婚は、2人にとって感慨深い...

部屋が狭いとストレスを感じる?圧迫感を無くす方法とは


皆さんは、狭い部屋にどのようなイメージを持ってい...

イケメンに対する女性の反応が違いすぎる!?気になる反応とは


女性だけでなく男性も、外見だけではなくむしろ性格...

顔が白い男って人気?それともマイナス?話題の塩顔男子とは


これまで女性にとって顔が白い男性は、弱々しくて不...

告白して振られた時の立ち直り方…失恋は新たな出会いのチャンス

好きな人に勇気を出して告白したけれど、振られたらショックです...

好きな人が友達と一緒だった…友情か恋愛かベストな選択とは

友達と同じ人を好きになってしまったら、あなたはどうしますか?...

別れる理由が「忙しいから」は本当?彼の本音とは

彼が別れを切り出した時、その理由が「忙しいから」というのはよ...

親友が結婚するときの手紙の書き方〜心のこもった手紙を送るには〜

結婚は、人生の大きなイベントの一つです。
...

結婚が決まって初めての家族の顔合わせ!兄弟の参加の有無と注意点

結婚が決定したら、両家の顔合わせへと進んでいきます。

彼氏が元カノの写真や手紙を残しているときの心理と対処の方法

彼氏の部屋にいるときに、たまたま彼氏の元カノの写真や手紙が目...

結婚適齢期の女性と男性!年頃の婚活事情について

まだ結婚していない20代後半くらいの年頃の男性や女性は、結婚...

スポンサーリンク


試用期間中でも退職できる?気になる雇用の条件とは…

雇用契約、労働契約上、雇用期間が定められている場合、それまではちゃんと勤務しなければと思うものです。

確かに契約はそうなっているのですが、必ずしも絶対にその契約を破棄できないというわけではありません。

そもそも雇用契約は、雇用者と被雇用者の合意に基づいて交わされるものです。

もちろん社員にいつでも好き勝手に退職されては会社側も困ってしまいますから、みだりに契約破棄はできません。

ただし、いかなる事情があっても破棄できないとすれば、それは人の自由意志を無視することになります。

ですから契約書には、「相応の事情がある場合は契約を破棄できる」という条項が含まれているはずです。

本人の事情により退職も可能ということです。

契約書に署名すれば、その時点で内容に全て同意したと見なされます。

自分が交わした契約がどんなものなのか、ちゃんと内容を把握しておきましょう。

退職に関する就業規則があれば、それに従って細かい手続きを取ります。

退職の仕方については事前によく確認しておきましょう。

2週間は必須!試用期間中なのに退職したい時は早目に告知を!

会社に入社したが、試用期間中にやはりこの会社は自分には合わないと気がつくこともあるでしょう。

それは仕事内容であったり、職場の雰囲気であったり、単に続かないと思うこともあります。

そうしたことは珍しいことではなく、いくらでもあることです。

しかし例え試用期間中でも、明日からもう来ませんと言うわけには行きません。

ですから辞めようと決めたら、なるべく早く、試用期間が終わらないうちにその意思を会社側に伝えましょう。

労働基準法では退職を申し出てから退職までは最短で2週間とされています。

これは試用期間中でも同じす。

つまり退職届を出してから少なくとも2週間は仕事を続けなければなりません。

それ以前の退職は法律違反です。

例えあなたがもう明日から来たくないと言っても、会社にはあと2週間は働いてもらう権利があります。

さらに会社によっては就業規則で退職1ヶ月前までなどと別途独自の規則を定めているところもあります。

そうした場合はその規則に従わなければなりません。

特にそうした規則が定められていない場合は、法律通り2週間後に退職できます。

2週間の辛抱…試用期間中にスムーズに退職するには?

新たな人生に向けて意気揚々とスタートを切ったものの、試用期間中に、「やっぱりこの仕事は自分には無理」と退職を考え始めることもあるでしょう。

入社したばかりでやっぱり辞めたいと言い出すのは気が引けるものですし、周りに迷惑を掛けるのではとか、どんなタイミングで辞めるべきかとか、色々と悩んでしまうでしょう。

そこで本採用以前の試用期間中に退職する場合の退職方法について確認しておきましょう。

試用期間中の退職は労働者側の都合によるものがほとんどで、会社側の都合というのはほとんどありません。

なお試用期間中に自分の意思で退職する場合、自己都合による退職になります。

まずそこをきちんと確認しておきましょう。

会社と労働者が結ぶ労働契約上、退職理由として定められているのは、自己都合、定年、期間契約の満了、労働者の死亡、休職期間の満了、労働者の行方不明などがあります。

ですから自己都合は正当な退職理由となっています。

この点をよく覚えておきましょう。

2週間は頑張って!試用期間中に使える退職理由

試用期間、研修期間中に退職する場合、退職理由はほとんどが自己都合です。

ですから例え会社が社会規範に反するようなことをしていたとしても、「仕事がどうしても自分に合いません」というように、会社の批判をするのは止めましょう。

これから関係を断とうという会社と無駄な軋轢を生じさせることはありません。

無難な例を挙げておきます。

「まだ入社して間もありませんが、会社の雰囲気にどうしてもなじめず、仕事内容も自分の目指すこととは違い、気分も重く、体調にも影響が出ています。

このような状態で仕事を続けても、会社にとっても私にとっても、双方にメリットがないと思います。

そこで誠に勝手ではありますが、退職させて頂きたいと思います」「雰囲気が合わず魅力を感じない」というのが退職理由としては無難です。

人と会社にも相性がありますし、それが合わないのはどちらかの落ち度というわけではありません。

そしてそれは外から見ただけでは分からず、実際に中に入ってみて初めて分かることです。

ですからそれを理由にするのが一番角が立たないのです。

最低でも2週間前に…使用期間中の即日退職はNG!

試用期間だからといって、会社はみだりに社員を解雇することはできません。

解雇するには就業規則に違反したり、履歴書に嘘を書いた、無断欠勤が続く、就業態度に問題があるなど、正当な理由がなければ解雇できません。

解雇する場合も労働基準法により、30日前までに予告するか、30日分の賃金を支払わなければなりません。

労働者の権利を守るためです。

試用期間中の給与は低めに設定されていることが多いですが、地域の最低賃金を下回ってはいけません。

このように試用期間といっても長期雇用を前提としたもので、労働者としての権利はちゃんと守られているので心配要りません。

一つ注意しなければならないのは、自分から退職する場合もちゃんとした手続きを取らなければならないことです。

試用期間中でも、退職の申し出は2週間前にしなければなりません。

権利があるなら、義務も同様にあるのです。

また解雇の場合でも自己退職でも働いた分の賃金はちゃんと支払われます。

しかし会社に損害を与えて辞めるような場合は、別途損害賠償を求められることもあります。

試用期間中に退職する場合、就業規則や雇用契約をちゃんと確認して、きちんとした手続きを取ってトラブルにならないよう気をつけて下さい。

関連記事はこちら


 - 仕事

ページ
上部へ