知恵の花

もうすぐ社会人!髪を染める許容範囲と身だしなみについて

   

もうすぐ社会人!髪を染める許容範囲と身だしなみについて

もうすぐ社会人、学生時代とは違い身だしなみにも注意が必要になります。

特にヘアカラーは気を付けたいところ!
会社や業種によっても、どこまで髪を染めるかの見解が違っています。

まずは社会人としてのマナーや節度を守り、自然なヘアカラーを楽しみたい。

そこで今回は、社会人のヘアカラーについて詳しくリサーチしてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

モテたい人必見!デートの達人はお礼メールを毎回欠かさない!

好きな人とのデートは幸せな時間ですよね。
...

友達に彼女を取られるのが怖い!友情と恋愛を両立させる方法


彼女とは仲がいいし信じているけれど、ふと、友達に...

異性の友情は成立する?友達が既婚者で付き合い方に悩んでいいる方へ

「異性の友情は成立するのか?」

彼女ができない諦め男子!その理由と対策

俺には一生彼女なんかできない…そう嘆いている諦め男子が増えて...

節約!旦那の手作り弁当のコツと注意点

家計を預かる主婦にとっては、節約は永遠のテーマです。

夫婦の趣味が合わない!信頼のきずな構築の真の原理とは

これから結婚を考えているあなたへ、付き合っている彼と趣味が一...

彼女が料理を作ってくれない…その本当の解決方法!

彼女が料理を作ってくれないと、不満を抱えている男子諸君へアド...

彼氏と喧嘩してLINEが未読スルーになったまま!こんな時の対処法

今や連絡手段としてはあたりまえの通信アプリLINE。...

職場で恋愛感情を抱いてしまった相手が既婚者だった時のこの先…

独身・既婚に関係なく、男女の出会いの場として多いのが職場です...

精神な不安定からの脱出方法!真の恋愛と幸せのために

恋愛中のあなた、精神的な不安定状態にないかどうか、チェックし...

幸せな結婚…娘の彼氏を紹介された父親の感情の理解が重要

幸せな結婚のためには、ご両親の理解は欠かせません。

ついに彼女と部屋で二人きり!よい雰囲気の作りかた

ついに彼女が僕の部屋にやってきた。まて、慌てるな!急ぐな!お...

あなたの潜在意識の中の不安を解消してステキな恋愛を!

恋をすると不安になる。それは当たり前のことなのです。

高校受験の面接では髪型が合否を左右する!

高校入試の面接時に、髪型は合否に影響するでしょうか。

部活の部長になりたい! リーダーシップの本質とその技術

部活の部長になりたい人は、必見です。

同じ部活の後輩を彼女にするのに必要な心構えとは



学生時代にクラスメイトと同じくらい、...

旦那が無職でイライラ…妻たちのストレス解消法とは

旦那が無職になって毎日家でダラダラしている姿を見ると、イライ...

魅力的な彼女になるには…毎日会いたいと感じる女性の特徴



彼氏の仕事が忙しくなると、なかなか会...

元カノからの連絡って来ないもの?女と男の考え方の違い

別れた後の関係にもよりますが、元カノから連絡が来ないのは、普...

毎日がつまらない…そんな主婦の生活を変えるコツ


三食昼寝付き、と言われていたのは昔の話。

スポンサーリンク


もうすぐ社会人!髪の毛はどこまで染める?

髪を染めていたのに内定が出たのであれば、その髪の色はなら問題ないということです。

髪を染めても大丈夫かどうかを判断するポイントは、就職活動中の髪の毛の色を参考にするということです。

就職活動は社会人になる一歩前の状態です。

社会人と同じように気を遣います。

スーツをぴしっと着て、言葉遣いにも気を配り、髪型や髪色も普段とは少し変えるなど社会に出て恥ずかしくないよう身だしなみを整えますよね。

よって、就職活動中の格好や身だしなみは、社会に出て働く人間として相応しい格好であると言えます。

面接のときと同じ髪色というのが一番確実でしょう。

髪色は会社によって基準があるので、人事の方に問い合わせてみることをおすすめします。

就職活動をしているときにも髪を染めている女性も時折見られます。

髪を染めたまま説明会に出たり、面接を受けたりする人もいます。

男性は黒髪の場合が多いですが、女性の場合はある程度は染めるのは問題ないという暗黙の了解があるので、面接のときの髪色で内定が出たのならば、その髪色でも企業は問題ないと判断したと言うことです。

ということは、その髪色のまま入社式に出ても良いということでしょう。

不安な場合は、人事の方に尋ねてみるのが確実です。

社会人が髪を染めるマナー!

男性新入社員の身だしなみ明るい髪色は控えましょう。

染髪の他、男性新入社員は以下のことに注意しなければなりません。

  • 清潔感のある服装
  • 相手に不快感を与えない
  • 若々しい身だしなみにする

以上の3つに注意しましょう。

茶髪に関しては、企業ごとに基準がありますが、先ほど挙げたポイントから考えると、新入社員の茶髪はできる限り避けた方がいいです。

ですが、入社から数年経ったら環境に応じて髪色を変えてみるのもいいかもしれません。

女性新入社員の身だしなみ派手な格好は控えましょう。

女性の場合はこの他にどのようなことに注意しなければならないのでしょうか。

  • 清潔感のある服装
  • 相手に不快感を与えない
  • 若々しい身だしなみにする
  • 仕事がしやすく、動きやすい服装
  • 相手に親近感を抱かせる

以上の5つに注意しましょう。

派手な格好は控えた方が無難ですね。

ただ、女性の場合は大半の企業でナチュラルメイクをすることが求められますので、それに合わせるための髪色や髪型であれば男性よりも許容範囲が広い場合が多いです。

どこまで髪を染める?社会人の許容範囲

2004年に日本ヘアカラー協会(JHCA)がヘアカラーの明るさの基準となる「JHCAレベルスケール」を開発しました。

これはもともと美容師が勉強をするために開発したものでしたが、今では多くの会社が自社の社員のヘアカラーの基準として「JHCAレベルスケール」をとり入れています。

具体的な値が公開されていないため、見本をお見せすることはできませんが、焦げ茶(レベル5)から金色(レベル15)までを11段階に分類しています。

以下は職業ごとに推奨されるレベルです。

ここで紹介しているのは推奨される明るさの上限になります。

接客業 女性:7〜8/男性:5〜6
事務  女性:7〜9/男性:5〜6
営業  女性:7〜8/男性:4〜5
外回り 女性:7〜10/男性:6〜8
クリニック 女性:6〜8/男性:5〜6
ブティック 女性:6〜13/男性:4〜13

全体的な傾向として、男性よりも女性の方が推奨されるレベルが高いようです。

ブティックなどファッション関係の職種の場合は男女ともに幅広い髪色が推奨されているようですね。

職種によってヘアカラーの明るさを変えることも、職場でうまくやっていくコツです。

自然に染める!社会人が髪のカラーリングを楽しむコツ!

ばれずにヘアカラーを楽しむばれずにヘアカラーをするためにおすすめなのが「インナーカラー」です。

これは、髪が動いたときや髪を巻いたときにちらっと見えるカラーのことです。

もちろん表面にカラーをして、内側の一部だけを色の違うカラーにするのもいいですが、表面は地毛もしくは黒染めのまま、耳の後ろだけをインナーカラーにするのが流行っています。

ばれないカラーのやり方このインナーカラーは自分ですることができます。

仕事で髪を結ぶ場合は、結んだときに面として見える位置は避けましょう。

耳の後ろの生え際から3センチくらいの位置がおすすめです。

普通に髪を下ろしているときはあまり見えないので、ピンクなどの明るめのカラーを選んでみるのもいいですね。

色が決まったら、カラーをしない所の髪を結ぶかピンで留めるかして避けましょう。

避けた所をブリーチしてください。

黒染めが抜けないときは何回かブリーチしてしっかり色を抜きましょう。

時間をおいてシャワーで流し、軽く乾かします。

次に市販のカラーリング剤で色を入れる作業に入ります。

使ったカラーリング剤に記載されている規定の時を置いてシャンプーをしたら完成です。

社会人でも大丈夫!髪を染めてもOKな業種

エンジニアなどプロフェッショナルな職業で会社の外の人間とあまり関わることがない場合は、髪色に関してはあまり規制がないことも多いようです。

先輩や同僚に髪を染めている人がいる場合、その人たちよりも明るい色でなければ問題ないようですね。

ですが、髪色を変えたくてもいきなり変えることはせずに、あらかじめ飲み会や休憩時間などに仲の良い先輩や上司などにその旨を伝えておくといいですね。

私は以前雑誌広告の会社に勤めていたことがありますが、服も髪型も人によって様々でした。

一緒に仕事をさせていただいた出版系やテレビ局などのマスコミ系の方も個性的な方が多かったです。

この業界は見た目に関しては割とゆるい会社が多いように感じます。

電通でもクリエイティブの人は自由な格好をしていることが多いので、仕事できればビジュアルにはあまりこだわらないのだと思います。

アパレル系は他の業界と比べるとかなり自由です。

アパレルの中でも職種によって異なりますが、企画系は特に自由な方が多いです。

私は営業ですが、おしゃれな方が得意先の反応もいいように思います。

一概には言えませんが、若くて勢いのある会社、IT系や通販系の内勤の方、特に女性は自由な格好をしている方が多いです。

関連記事はこちら


 - 仕事

ページ
上部へ