知恵の花

排卵日頃に生じるツライ症状…胸の痛みの原因と妊娠の可能性

   

排卵日頃に生じるツライ症状…胸の痛みの原因と妊娠の可能性

排卵日頃になると女性の身体には様々な変化が起こり始めます。

PMSとも言われ、ツライ症状が身体に生じてしまいます。

その症状の一つに胸の痛みが挙げらます。

生理前にはかなり多くの女性が感じると言われる胸の痛みは、必ずしも排卵が原因ではない場合があります。

では胸の痛みの原因は何なのか、詳しく調べてみました。

もしかしたら妊娠の可能性も…!?

ぜひ参考にして、ツライ症状の原因と緩和について理解しておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

スポンサーリンク


排卵日頃の気になる症状…胸の痛みのメカニズム

排卵日に胸に痛みを感じるときはありませんか?

痛みがあると少し不安になったりもすると思いますが、今回はその痛みの原因について、詳しく見ていきましょう。

まずメカニズムとしては、黄体ホルモンが分泌されて卵巣に届くと、排卵が起こります。

排卵が起こると、女性の体は妊娠のための準備を始めます。

そして、その排卵を起こした黄体ホルモンが分泌されている間に見られる症状の一つとして、胸の張りがあります。

そして、胸の張りから痛みを感じることがありますが、この場合の胸の張りは正常な反応です。

排卵日のその他の症状としては、食欲増進やめまい、倦怠感、排卵出血などがあります。

排卵出血があれば、排卵したばかりだということなので、妊娠できるタイミングです。

妊活の一つの目安となるでしょう。

しかし、出血が多いと感じたときは、出血が悪化する可能性があるので、性交は避けた方がいいでしょう。

黄体ホルモンの影響は月経が始まる前まで続きます。

月経の3日〜10日ほど前になると、月経前症候群と呼ばれる症状が出ます。

胸の張りに加えて、憂鬱やイライラ、過食や便秘、または下痢などが見られます。

月経前症候群の症状の強さや、どんな症状が出るかは、個人差が大きいです。

排卵日頃に起こるツライ症状…胸の痛みの対処法

では、どのようにすれば胸の痛みが和らぐのでしょうか。

まず、胸の痛みを感じるときは、ブラジャーをゆるめてみてください。

ブラジャーのホックを一つずらしてゆるくしたり、胸が張っているときは、ノンワイヤーのブラジャーや、スポーツブラに変えることもおすすめです。

また、胸を優しくマッサージすることで、血行を良くして、痛みを和らげるという方法もあります。

豆乳をよく飲まれる方は、豆乳のイソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするので、痛みが助長される可能性があるので、少し摂取を控えるのも良いでしょう。

黄体ホルモンが分泌されている黄体期は、いつもより体温も上がっている状態なので、水分不足になりがちです。

水分を摂取するだけでも、胸の痛みが和らぐ場合があります。

さらに、黄体期はストレスも感じやすい時期です。

そして、ストレスは張りや痛みを増加させてしまう恐れがあります。

黄体期には、ゆったりとした気分でリラックスすることを心がけましょう。

排卵日頃の気になる症状…胸の痛みと妊娠の可能性

皆さんは、妊娠超初期という言葉をご存知ですか?

これは、妊娠した場合の最終月経から28日以内を指す言葉です。

妊娠の可能性は排卵日以降になるので、正確には、わずか14日間の短い期間になります。

妊娠超初期であることを見極めるのは、かなり難しいことと言えます。

なぜなら、妊娠超初期の主な症状は、着床出血や熱っぽさ、倦怠感や胸の張りといった、妊娠していなくても黄体期に現れる症状と似ているためです。

そのため、月経が始まる前に妊娠を判断することは困難です。

しかし、いつもより胸の張りを感じるのが早いなぁと感じたら、もしかしたら、それは妊娠超初期かもしれません。

赤ちゃんを待ち望んでいる方にとっては、妊娠しているのかどうか少しでも早く知りたいところですね。

しかし、前述のように、通常の黄体ホルモンの分泌による体の変調なのか、妊娠によるものなのか、妊娠超初期では判断がつきにくいので、一喜一憂せずに、ゆったりと構えることが大事です。

その症状は排卵が原因じゃないかも!?胸の痛みの原因は?

この胸の張りや痛みの多くは生理的なもので、日常生活に支障をきたすようなケースは、ほとんどありませんが、まれに、痛みが強く、治療の対象となるケースもあります。

治療が必要な乳房痛には、「周期性乳房痛」と、「非周期性乳房痛」があります。

周期性乳房痛は、黄体ホルモンが分泌されている期間に起こります。

月経が始まる前まで、中程度以上の痛みが7日間ほど続きます。

この場合は、痛みにより、睡眠が浅くなったり、日常生活でも苦痛を感じることが多いです。

原因は、プロラクチンなどのホルモン分泌バランスの異常と考えられています。

また、周期性乳房痛は、乳がんの発症や増殖に関わる危険因子の一つとされています。

非周期性乳房痛の場合は、閉経後の女性に多く見られます。

この場合も、ホルモン分泌バランスの異常が原因と考えられていますが、月経周期とは関係なく、痛みが現れます。

通常のホルモン分泌のサイクルによる痛みの場合は、その痛みが両方の胸に現れることが多いです。

しかし、片側の胸のどこか一部分が長期間痛むようであれば、乳がんとの関連も疑われます。

もし、気になる症状があれば、専門医を受診してみるのが良いでしょう。

胸の痛み以外にも!排卵日に生じるツライ症状

排卵日には、胸の痛み以外にも特徴的な症状が見られます。

例えば、おりものに変化が見られます。

いつもは、トロッとしているおりものが、排卵日近くになると、サラッとしてよく伸びる卵白のような感じになります。(10センチほど伸びます)

この変化は、精子が、子宮に到達できるように助けるために起こると言われています。

伸びが良くなることによって、精子の運動をサポートします。

よって、おりものが卵白のようになったら、排卵日が近いと言えます。

排卵日に下腹部がチクチクと痛む、「排卵痛」と呼ばれるものもあります。

この痛みは感じる人と感じない人がいて、個人差が大きいです。

また、排卵日にはごく少量の出血が見られることがあります。

これを「排卵出血」と言います。

血が出ているのを発見すると不安になりますが、少量の出血なら問題ありません。

その原因は、卵胞というところから卵子が飛び出すため、その際に卵胞の膜を破って出るので、そのことが原因で出血します。

関連記事はこちら


 - 医療・病気

ページ
上部へ