知恵の花

彼氏が男友達に嫉妬する理由や嫉妬させないための彼女の配慮

   

彼氏が男友達に嫉妬する理由や嫉妬させないための彼女の配慮

男性は女性より嫉妬心が強いので、付き合っている彼氏の嫉妬心を感じとったことがある彼女も多いことでしょう。

付き合っている彼氏の場合、彼女の男友達に嫉妬することが多いようですが、きちんと配慮出来ていますか?

そのまま何も彼氏をフォローせずにいると彼氏と喧嘩したり険悪なムードをつくってしまいます。

そこで今回は、男友達に嫉妬してしまう彼氏の原因や彼女としての注意点や配慮すべき点をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

モテたい人必見!デートの達人はお礼メールを毎回欠かさない!

好きな人とのデートは幸せな時間ですよね。
...

友達に彼女を取られるのが怖い!友情と恋愛を両立させる方法


彼女とは仲がいいし信じているけれど、ふと、友達に...

異性の友情は成立する?友達が既婚者で付き合い方に悩んでいいる方へ

「異性の友情は成立するのか?」

彼女ができない諦め男子!その理由と対策

俺には一生彼女なんかできない…そう嘆いている諦め男子が増えて...

節約!旦那の手作り弁当のコツと注意点

家計を預かる主婦にとっては、節約は永遠のテーマです。

夫婦の趣味が合わない!信頼のきずな構築の真の原理とは

これから結婚を考えているあなたへ、付き合っている彼と趣味が一...

彼女が料理を作ってくれない…その本当の解決方法!

彼女が料理を作ってくれないと、不満を抱えている男子諸君へアド...

彼氏と喧嘩してLINEが未読スルーになったまま!こんな時の対処法

今や連絡手段としてはあたりまえの通信アプリLINE。...

職場で恋愛感情を抱いてしまった相手が既婚者だった時のこの先…

独身・既婚に関係なく、男女の出会いの場として多いのが職場です...

精神な不安定からの脱出方法!真の恋愛と幸せのために

恋愛中のあなた、精神的な不安定状態にないかどうか、チェックし...

幸せな結婚…娘の彼氏を紹介された父親の感情の理解が重要

幸せな結婚のためには、ご両親の理解は欠かせません。

ついに彼女と部屋で二人きり!よい雰囲気の作りかた

ついに彼女が僕の部屋にやってきた。まて、慌てるな!急ぐな!お...

あなたの潜在意識の中の不安を解消してステキな恋愛を!

恋をすると不安になる。それは当たり前のことなのです。

高校受験の面接では髪型が合否を左右する!

高校入試の面接時に、髪型は合否に影響するでしょうか。

部活の部長になりたい! リーダーシップの本質とその技術

部活の部長になりたい人は、必見です。

同じ部活の後輩を彼女にするのに必要な心構えとは



学生時代にクラスメイトと同じくらい、...

旦那が無職でイライラ…妻たちのストレス解消法とは

旦那が無職になって毎日家でダラダラしている姿を見ると、イライ...

魅力的な彼女になるには…毎日会いたいと感じる女性の特徴



彼氏の仕事が忙しくなると、なかなか会...

元カノからの連絡って来ないもの?女と男の考え方の違い

別れた後の関係にもよりますが、元カノから連絡が来ないのは、普...

毎日がつまらない…そんな主婦の生活を変えるコツ


三食昼寝付き、と言われていたのは昔の話。

スポンサーリンク


彼氏が男友達に嫉妬してしまうときに気をつけたい配慮

別の男性が気になる嫉妬、彼女に多くの男友達がいる場合は嫉妬をしてしまう彼氏は大勢存在します。

オスの本能で彼女を他の男に取られたくないと思ってしまうからです。

別の男性と親しくする様子に嫉妬したり、他の人とメール交換をしているだけで嫉妬する人もいるくらいです。

彼氏が男友達との交流をよく思わない様なら一緒に連れてきて遊ぶ、事前に遊ぶ時間を伝えておく、女友達も入れて遊ぶといった配慮が必要です。

彼氏も一緒に遊ぶことで隠す事は何もないことを伝えることが出来ます。

そうすることで健全な関係を築くことが可能です。

ファイアストーン博士は、「互いの友達を紹介することで友達の輪が広がる」と言っていて、ほとんどの男性は彼女が男友達と遊ぶのを嫌がるものです。

その理由は男が何を考えているか理解しているからで、男の友達と遊びたいけどと聞かされて嬉しくなる彼氏は存在しません。

好きな人を嫌な気持ちにさせて自分の好きなことをしたいのなら別に構いませんが、本当にただの友達なら、事前に彼氏に紹介し人柄を知ってもらうといいのです。

彼氏と男友達を比べてしまうと嫉妬の原因をつくるので注意!

自分と男友達と比較するような言葉は、たとえ悪気がなかったとしても、彼氏にとって気持ちのよいことではありません。

「彼女に『○○くんはすごく収入がいいんだよ』と言われた時はかなり嫉妬してしまいました」(25歳/広告)

「彼女が『△△くんは料理上手なんだよ』というので嫉妬が爆発。自分は料理をしないのが気に入らないのかなと思ってしまった」(22歳/大学生)

このように、比較するような発言をされたら、彼と男友達との友情にヒビが入る恐れがあります。

だから絶対に口にしないようにしてください。

「彼氏の男友達のことを褒めたらいきなり不機嫌になったことがあるんです。

そして『どうせ俺はすごくないよ』と拗ねてしまいました。

その後は全然返事をしてくれないし困ってしまいました。」

という意見も。

あなたはそんな経験はありませんか?

他の同性と比較されるのを嫌う男の恋愛心理と言えます。

女性もそうですが、女性以上に男性は同性と比較されるのを嫌うので注意しましょう。

付き合っていない男性に対しても同様です。

彼があなたを恋愛対象に思っているのならなおさらで、自分のことを常に一番と思ってほしい、自分だけを見てほしいと思っています。

追い打ちをかけるように、「○○はそんなつまらないことで怒ったりしない」と別の男性を引き合いに出されると気分が悪いものです。

NGワードを言われて別れようと思ったと抵抗を感じる人は多いと言えます。

男としての価値、魅力に触れた場合には、「それならそいつと付き合えよ」とへそを曲げてしまうでしょう。

男友達の呼び方に注意!彼氏が嫉妬してしまう呼び方・呼ばれ方

呼び方にも注意しましょう。

どのように呼ぶかも気をつけてください。

ベストな呼び方は苗字に「くん付け」もしくは「さん付け」です。

当然、1番止めたほうがいいのが下の名前を呼び捨てすることです。

この呼び方は、彼氏彼女の関係かと思うくらい親密さが出るので、彼氏も嫉妬してしまうことでしょう。

さらに彼をくん付けで呼んでいる人はなおさら注意が必要です。

「互いに下の名前で呼んでいるとどれだけ親しいの?もしかして付き合ってたの?と過去の関係を疑ってしまいます」(20代男性)

そんな意見もあるように、下の名前で呼び合う男友達がいる場合には、友人以上の関係を疑われるおそれがあります。

彼氏の前では互いの呼び方にも気をつけてください。

男友達に下の名前で呼ばれる人、仲がいい友達なら下の名前で呼ぶのも珍しいことではありません。

ですが、2人の関係性に詳しくない彼氏が見聞きしたら特別な関係では?と思ってしまいます。

言葉にしなくても嫉妬するので、男友達に呼び方を変えてもらうことは難しくても、せめて彼の前では下の名前で呼び合うことは避けた方が無難です。

友達に嫉妬心をもってしまう前にカップルで出来る予防法

異性とは2人だけでは遊ばない、異性とは連絡先を交換はしないといった束縛ルールは恋人同士によりいろいろなものがあるでしょう。

ですが、異性との関係に対して厳しいルールをつくることが、逆に浮気心を刺激する場合があるので気をつけましょう。

あまり細かいルールを設定せずに、「自分がされて嫌なことはしない」といったシンプルなルールにしておいた方が自由度が高く互い気楽に交際することができます。

仮に嫌だなと思った場合は、その都度2人でルールを決め、2人ならではのルールを少しずつつくっていくといいでしょう。

2人のルールを決める、異性の友達との交流やその価値観も人により異なります。

自分からしたら友達と遊んだといった認識でも、相手は浮気と判断する場合もあるのです。

だから事前に2人で異性とは2人だけでは会わない、異性の友達がいる飲み会に参加する場合は事前に伝えておくといったルールを設定しておくといいでしょう。

互いに守ることができるルールを決めることで基準が明確になります。

男友達に嫉妬する彼氏は多いので許容範囲を話し合う事が大切

異性との交流に対してドライな考え方をしている女性の大半は、男友達との関係を軽く見ている傾向があるのです。

男性は彼女のそんなドライな考え方や行動に対して、いろいろ我慢している可能性があるので注意しましょう。

一般的に男性の方が嫉妬心が強く、口では大丈夫と言っても、正直な所勘弁して欲しいと恋人の異性関係に対してうんざりしているケースは少なくありません。

男性の嫉妬心も人によってかなり異なりますが、誰だって心の中に許容範囲というボーダーラインがあり、それを超えた言動や考え方は彼に対して精神的なストレスを与えることになります。

必要以上に相手に我慢を強いると負担が大きくなるので、一日も早く相手が嫌がるボーダーラインをきちんと話し合うことが大切です。

さらにその時に彼の本音をしっかり聞きだしましょう。

絶対に彼の強がった言葉だけを鵜呑みにしないでください。

そうでないと後々拗れる原因となりますし、男はプライドが高いので言葉の裏を読み取りましょう。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ