知恵の花

彼氏と女友達のLINE問題!嫉妬しないための対処法

   

彼氏と女友達のLINE問題!嫉妬しないための対処法

女友達の多い男性と付き合い、頻繁にLINEなどで連絡を取り合っている姿を見るといくら友達とはいえ、その関係が気になるものです。

彼女として堂々としていたいものの、女友達との関係が気になって、嫉妬してしまう場面も多々出てきます。

しかし、女友達の多い彼氏と長く付き合うためには、いつまでも嫉妬ばかりしていては良好な関係は築けません。

お互いにどのように対処していくべきか、二人の付き合い方について考えてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

居酒屋の店員さんがかわいい!自然な感じで仲良くなる方法

なかなか良い出会いがないなぁ…と思っていたら、よく行く居酒屋...

男には彼女を自慢したがる本能がある?自慢したくなる特徴について


「彼氏にとっての自慢の彼女になりたい」 このよう...

夫の両親と同居を解消するベストなタイミングと切り出し方


義理の親と同居している方はいますか? 

遠距離恋愛の彼が言う「忙しい」は本当?長続きのコツとは

遠距離恋愛は、なかなか会えない分、関係を続けていくのはとても...

彼女のことを男友達が呼び捨てする…男性が嫉妬する理由とは

つきあっている彼女が男友達に呼び捨てされているのを聞くと嫌な...

中学生と教師!禁断の恋愛を成就させるための方法について


中学生ともなると、体も心も子供から大人に変化を遂...

女友達が好きかも!?自分の気持ちがわからない時の対処法



女友達としてずっと接してきたのに、あ...

彼氏と元カノのアヤシイ関係!連絡を取っている時の対処法

あなたは彼氏が元カノと連絡を取っていることを許せますか?

彼の仕事が忙しい!彼女と会う余裕ない理由と彼とうまく付き合う方法


仕事が忙しい彼と付き合うことになると、なかなか会...

女性の好意に気づくとモテる!女性からのサインに気づくコツ


女性が自分に好意を持っていると感じることはありま...

仕事で疲れた彼・彼女にかけたい言葉と注意したい言葉


現代は女性の社会進出により、男女問わず仕事をする...

スポンサーリンク


彼女がいるのに彼氏はどうして女友達とLINEをするのか?

彼女がいながら、女友達とLINEのやりとりをしてしまう男性がいたとします。

これは彼女からすれば気になるものですし、腹立たしい思いをすることもあるでしょう。

ですが、その男性に必ずしも浮気心があるとは限りません。

この場合には、あくまでただの友達としてLINEをしているだけですから、浮気心など1ミリたりともないのです。

とはいえ、人は誰しも異性から好かれて悪い気はしませんよね。

ですので浮気心がなくても、LINE相手の女性が仮に自分に気があると感じたら嬉しく感じてしまうのも事実です。

また、中にはそうした友達関係から、浮気に発展してしまうケースもあるにはあります。

しかし、それはほんの一部のことですから、彼があなた以外の女性とLINEをしたからといって過剰に反応してしまうと、かえって逆効果になってしまいます。

彼にとっては浮気心などないのに、彼女に浮気を疑われてしまうことになるわけですから気を悪くするのは当たり前の話です。

そんなわけなので、まずはいきなり怒ったりせず、落ち着いてその状況を見極めていきましょう。

彼氏と女友達のLINEが気になる時は?

彼氏が女友達とLINEをしていると、彼女の立場なら非常に気になりますよね。

たとえば、あなたとのデート中に女友達からLINEが来るなんてこともあるかもしれません。

いくら彼がただの友達だからと言っても、やっぱりいい気はしないでしょう。

では、彼が女友達とLINEをしていたときに、どのような対応をするのが良いのでしょうか。

一番悪い対応は、怒りに任せて彼を責めてしまうことです。

彼はこれっぽっちも浮気をする気などないのに、彼女から責められたら、自分のことを信じてくれていないのかと感じてしまいます。

まずは笑顔で誰なの?と軽く聞いてみましょう。

ただ、たとえLINEの相手が誰だか分かったところで不安は解消されないかもしれません。

そんなときには彼からその女性を紹介してもらうのも一つの手です。

彼の大切な友達から私だって仲良くしたいという風に正直に伝えれば、彼にやましい気持ちがなければ紹介してくれるでしょう。

さらに彼と二人でよく話し合い、ルールを作るのも良いでしょう。

たとえばLINEは良いけど二人きりで遊びに行くのは止めてね、女友達から連絡が来たときは教えてねというようなことです。

このように二人のルールを作っておくことが彼へのブレーキにもなるでしょう。

彼氏と女友達の浮気はLINEで見破れ!?

彼が彼女以外の女性とLINEをしていたとして、ただの友達なのかそれとも浮気をしようとしているのかすぐには見極められませんよね。

しかし彼の言動によってある程度は見極めることができます。

たとえばLINEをしているところを隠すようにする、スマホの画面を彼女に見せないなどすれば、これは浮気心があると考えて良いでしょう。

やましい気持ちがなければ彼女に見られたって問題ないはずです。

ただ彼女を嫌な気分にさせないため、ただ気を使って女友達とのやりとりを見せないようにしている場合もありますが、彼女が見ようとしたときにあからさまに隠すようではやっぱり怪しいと考えても良いでしょう。

他にもLINEでのメッセージが来ているはずなのに、通知音が鳴っていなかったり、逆に通知音が鳴ったのに画面にはメッセージが表示されていないというような場合には、彼が巧妙に設定をして、内容を読まれないようにしている可能性が大です。

この設定自体は簡単にできるのですが、わざわざ設定をしてあるなら浮気をしている、あるいは浮気心があると考えても良いでしょう。

彼氏が女友達とLINEをしても嫉妬しないためには?

彼女であるあなたとは別の女性と彼がLINEをしていたら、どうしたってその相手に対して嫉妬心を抱いてしまうものですよね。

彼のLINE相手と自分とを必要もないのにわざわざ比べてしまい、自分が負けているのではないかと疑心暗鬼になってしまう女性もいるかもしれません。

しかし彼が彼女として選んだのはあなたであるということにもっと自信を持ち、彼が一番好きなのは私なのだと信じるようにしてみましょう。

嫉妬心は醜いだけでそこから何も生み出しません。

それよりはさらに彼に愛されるよう自分を磨いたほうが得です。

そもそも誰に対しても嫉妬をしてしまうのは裏を返せば、それだけ自分に自信がないからという言い方ができるわけです。

嫉妬すればするほど余計自分が惨めになっていくだけですから、まずはもっと自分に自信を持って外見だけでなく、内面も磨いていくことが大事です。

そうして自分というものをしっかりと持ち、彼からより魅力的な女性だと思われるように頑張りましょう。

LINEに遊びに…女友達の多い彼氏とはルールを決めておこう!

女友達が多い男性を彼氏に持つと大変ですよね。

しょっちゅう嫉妬をしなければなりませんし、やきもきすることも多々あるでしょう。

ですが彼に友達付き合いを止めてほしいと言うわけにもいきません。

そんなことをしてしまってはただ嫉妬深いだけの醜い女性に成り下がってしまいます。

ではどうすれば良いのかというと、まずは彼とよく話し合うことが大切です。

彼だって彼女のことは大切なはずですし、自分のことで嫉妬をしてしまう女心というのも分かっているはずです。

ですから女友達とLINEをするのは良いけど、二人きりで会うのは嫌だなどとはっきり伝えてみましょう。

またどこからが友達でどこからが浮気なのかの線引きをしておくことも重要です。

二人きりでの食事は浮気なのかそうでないのか、人によってその線引きは様々ですが、彼女であるあなたはどう思っているのかを彼にしっかりと伝えておくことで余計な争いを防ぐことができます。

恋愛においては何はともあれお互い信用しあえることが一番です。

ですので二人で話し合いルールを決め、また嫉妬してしまう女心というのも分かってもらえるようにしておきましょう。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ