知恵の花

お部屋掃除で運気もアップ!効率的なやり方と綺麗を保つコツ

   

お部屋掃除で運気もアップ!効率的なやり方と綺麗を保つコツ

忙しい日々が続くとお部屋はすぐに散らかり汚れていってしまいます。
掃除が面倒くさいとそのままにしておくと、いつの間にか自分では手に負えなくなってしまった…なんてことも多々あります。
しかし、綺麗な部屋は良い気を呼び込み、運気をアップしてくれます。
効率的に掃除するやり方をしっかりマスターして、簡単に綺麗な部屋を維持できるようにしておきましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

元カレが夢に毎日出てくるのはなぜ?意味するもの・対処法


昔、別れた元カレが毎日のように夢に現れたらどう思...

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

男女の友情は既婚者でも成立する?良好な関係を築くコツ


男女の友情は成立するのでしょうか?
<...

彼氏の元カノの存在が気になる場合の対処法

大好きな彼氏ができたとき、自然と彼の元カノのことが気になって...

恋愛の相談は誰にする?別れるかどうか相談するのにベストな相手とは



一言で恋愛相談といっても、内容につい...

好きになった人はスーパーの店員!付き合うまでのプロセス

恋は突然訪れるものといいますが、多くの場合が職場や学校など、...

彼女が男友達に会うのに嫉妬…彼氏の本音・気持ちの伝え方


男友達が多い彼女の場合、付き合っている彼氏がいて...

女性が恋愛の切り替えが早いのはなぜ?理由・男女差・立ち直り方


女性は、男性よりも恋愛において気持ちの切り替えが...

40代の男性との恋愛!好きになった時のアピール術



最近は芸能人の年の差カップルの熱愛報...

好きな人が友達と付き合ったら…ツライ失恋を乗り切る方法



恋愛には様々な問題やトラブルがつきも...

彼の元カノが気になる時の気持ちの処理方法〜男性の心理を知る〜


付き合っている彼の元カノが気になることはありませ...

既婚者の異性とどう付き合う?友達or恋人…ポイントと注意点


気になっている異性が既婚者だった場合、あなたはど...

彼氏の呼び方どうするべき?年下彼氏との付き合い方



付き合い初めは2人の関係もぎこちなく...

友達に対して嫉妬する男の特徴と上手な対処法


友達として付き合っている人に対しても嫉妬する男っ...

大事な本が日焼けしたら大変!予防や修復の方法を知ろう!


大事な思い入れのある1冊。大切に保存しておいたハ...

突然メールを無視する女性心理と効果的なアプローチ法

気になる女性とメールをしていたのに、急に無視された経験はあり...

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

スポンサーリンク


部屋掃除に必要な揃えておきたいアイテム

お部屋の掃除をする前に、掃除に使う道具を用意しましょう。

まず絶対に必要なものは、多めのゴミ袋と頑丈なダンボールです。要らないものを捨てるのにも使いますし、必要なものの分別にも使えるので便利です。

次に、ヒモとハサミとガムテープです。新聞や雑誌をまとめるのに使います。

そして軍手。割れたガラスなど危険なものに触れる際にあると、手を保護してくれるので便利です。

マスクも必要です。あまり掃除していない部屋は、大量のホコリが舞います。

特にアレルギーをお持ちの方は、鼻水や目のかゆみが起きてしまいますので必ず用意してください。

また、マジックとメモ帳も用意しましょう。

マジックはゴミ袋やダンボールに入っているものを直接書き込むことができます。

その際に大事なものや誰のものなのかがひと目でわかるように、赤と黒のマジックを用意して色分けしておくと便利です。

忘れてはいけないのが雑巾です。水拭き用と乾拭き用、きれいな場所と汚い場所を分けるなど大量に必要になるので、多めに用意しておきましょう。

また、食べた後の弁当やカップ麺がそのまま散らかっているような部屋だと虫が発生することもあります。殺虫剤を用意しておけば安心です。

そして最後に、メモ帳やガムテープなどが必要なときにすぐ使えるよう、それらを入れて身に付けられるエプロンやウエストポーチがあると便利です。

部屋の大掃除はどこから始める?効率的なやり方と手順

大掃除の進め方は、場所ごとに行う、また作業ごとに行うやり方があります。

しかし、キッチンやお風呂などの水回りは他の場所と並行して行うのは難しいので、先に済ませてしまいましょう。

また、掃除の基本は「奥から、上から」です。奥の部屋は忘れがちなので、早めに取りかかりましょう。

そして「上から」というのは、天井のライトや棚の上を掃除する際にホコリが舞うので、先に上から掃除してしまおうという意味と、高い階から掃除を始めるという二つの意味があります。

次に、大掃除の進め方の例をあげます。まず場所単位での進め方は、初めに水回りのキッチン、トイレ、お風呂を片づけてしまいましょう。

そして次に階上の部屋、奥の部屋から始めます。寝室や書斎、子供部屋。次に、リビングルームやダイニングルームを行います。そして廊下、最後に玄関です。

次に、部屋の中での進め方をお伝えします。天上、ライト、壁、窓、棚、テーブル、そして機器類全般を行い、最後に床を掃除します。

カーテンなどの衣類は、他の部屋とまとめて洗濯やクリーニングを行います。

部屋掃除をすればこんなメリットがいっぱい!

「掃除をしてもどうせまた汚れるから面倒」と思っていませんか?

そんな方は掃除による数々のメリットを意識しましょう。

1つ目のメリットは、モテることです。「部屋がキレイになると運気が上がる」というのはよく耳にします。

これはスピリチュアルの世界の話ではなく、実際にモテる理由があるのです。

いつも部屋をきれいに片づけておこうという意識のある人は、自分の身なりにも気を使います。

清潔感もアップし、異性の目も気にするようになるのです。美しい表情や態度の人が男女ともにモテるのは当たり前ですよね。

2つ目のメリットは、部屋がキレイだと時間に余裕ができることです。部屋が散らかっている人は、物が捨てられず整理整頓ができません。

そうすると、使いたいものを探す時間や片づける時間がムダになるのです。

いつもきれいに片づけておけば、時間を有効活用でき、自分の身なりを整える時間を生まれます。

3つ目のメリットは、お金がたまることです。

部屋をきれいにしておくと、ムダなものを買わなくなります。

というのも、一度片付けた部屋が散らかるのは嫌だという心理が働き、要らないものを買わなくなるのです。

モテる、時間の余裕が生まれる、お金が貯まる、この3つのメリットがあれば掃除のモチベーションが上がりますよね。

部屋掃除を1日で完結させるやり方とコツ!

掃除が何日にも渡って続くと滅入ってしまいますよね。確実に1日で終わらせるコツは、「掃除以外のことをしない」ことです。

当たり前のことだと思われるかもしれませんが、掃除に集中するのは意外と難しいのです。

例えば、何気なくつけたテレビで面白い番組をしていると見入ってしまうこともあるでしょう。

また、片づけの途中に出てきたアルバムをめくって思い出に浸っていると、掃除のやる気も一気に吹き飛んでしまいます。

食事のタイミングも大切です。中途半端に片付いた状態で食事をはさむと、食後の満腹感と掃除の疲れでで眠気が襲い「これくらいでもういいや」とやめてしまう可能性もあります。

掃除は隅々まできれいに行わないと、「破れ窓」の理論と同じことが起こります。

一つの窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓も壊されていくのです。

掃除も同様で、一箇所でも汚くしていると「まあいいか」という気持ちになり、どんどん散らかっていきます。

この日だけは掃除を頑張ろうと自分に言い聞かせ、掃除に集中してみましょう。

特にココに注意!運気を上げる部屋掃除のやり方

玄関まわりは、家を出るときと帰ってきたときに通る場所です。

つまり、一日の始まりと終わりに目にする玄関が汚いと、気分も下がってしまいます。

逆に玄関をきれいにしておけば、一日を気持ちよく過ごすことができます。

また、お風呂場は身体をきれいにする場所です。

お風呂場が汚いと体の洗い方も適当になるなど、自然と自分の体を雑に扱ってしまうものです。

水回りはカビや水垢などですぐに汚れてしまうので、日ごろからキレイにしておくのがお勧めです。

入浴中に気になる汚れをゴシゴシと簡単にこすったり、入浴後にお風呂場の水気を拭き取るなど簡単にできる作業でキレイを保ちましょう。

また、一日の中で一番長く時間を過ごすお部屋の掃除も大切です。

部屋を整理するよりも、要らないものを捨てると片付きます。

物が多いと整理整頓に時間がかかりますが、もともと物が少ないと片づけるのも簡単に済むからです。

トイレは一日に何度か利用し、ひと息つくところなので、意外と壁や床がぼんやり眼に入る場所です。

便器だけでなく、壁や床も見落としのないように掃除しておきましょう。

関連記事はこちら


 - 生活

ページ
上部へ