知恵の花

 目をつぶるだけで睡眠と同様に休息効果が得られる理由や方法

   

 目をつぶるだけで睡眠と同様に休息効果が得られる理由や方法

睡眠は人間にとって大事なものですが、現代人は忙しいので睡眠不足の人が多いのが現状です。

睡眠をとることで休息を確保しているのですが、睡眠時間を確保出来ない人もいます。

ただ、何としてでも眠らなきゃいけないという思いが強いと逆に不眠に陥ることがあります。

しかし、休息は睡眠だけではなく目をつぶるだけでも効果が得られるんです。

目を閉じるだけなら簡単ですすぐにできますね。

今回は睡眠と休息の関係をお伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚したいけどお金がない!知っておきたいリアルなお金事情




最近は結婚しなくても良い...

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

スポンサーリンク


睡眠時間がなくても目をつぶるだけで休息効果がある理由

疲れた時にゆっくりと眠りたいけど時間がない、または寝付けないということがあります。

そんな時に実は目を閉じるだけでかなりの疲労回復効果が得られます。

なぜ目を閉じるだけで疲労が回復するのでしょうか。

目を閉じることで目がリラックスし、涙が眼球に行き渡ります。

涙によって眼球に養分と水分を与えることができます。瞼を閉じることで光を遮断することができるので、網膜を休めることができます。

また、目を開けて物を見ようとすると、無意識に遠近調節をしています。

しかし、目を閉じることで毛様体筋を休めることができますし、目を動かさないので外眼筋も休まります。

目を閉じることで得られる効果について述べましたが、なぜ目が開いていると疲れるのでしょうか。

それは脳が常に視覚から入る情報を読み取り処理しているからです。

目を閉じることで視覚からの情報を80%はシャットアウトできるので、脳を休めることができます。

それで目を閉じることでリラックス効果が得られるのです。

横になるだけでOK!睡眠が確保できなくても休息効果あり!

目を閉じる以外に疲労回復効果を得るにはどうすればよいでしょうか。

現代人は忙しい生活を送っています。睡眠時間も昔の人と比べるとかなり減っているでしょう。

そこで、健康を保つために、自分なりに工夫して疲労をためないようにすることがとても大切です。

実は人間は生きて活動することで体にダメージを蓄積していきます。

活動することで体の中の細胞がどんどんダメージを負っているのです。このダメージを修復するには休息することが必要です

昼間は活動的に行動していることが多いので、交感神経が優位になっています。そうすると体の細胞は積極的にダメージを負っていきます。

ですから、夜にはしっかりと休息を取ることが不可欠です。

横になってじっとしているだけで、ダメージを修復する機能が働きます。

夜でもなかなか熟睡できないので疲れが取れないという人がいますが、実は熟睡とは関係なく、ただ目を閉じて横になっているだけで、体と脳を休めることができます。

睡眠の効果をアップさせるカギは昼寝にあり!! 

睡眠の効果をアップさせるカギは昼寝にあり!!
それでもやはり熟睡できないと疲れが残ってしまうかもしれません。

そんな時に昼寝は効果大です。

昼寝の効果は夜の睡眠の3倍とも言われています。

夜の睡眠は6〜7時間あり比較的長い睡眠ですが、実は6〜7時間ずっと熟睡しているわけではありません。

最初のうちは眠りが深くても、朝が近づくにつれ眠りはだんだん浅くなってきます。

実は本当に深い眠りは30分ほどしかありません。

昼寝を30分するとかなり深い眠りを得ることができます。

たとえ仕事中に30分時間をとって眠ることができなくても、10分〜15分の昼寝でもかなりの効果が

得られ、頭がすっきりします。

仕事場の環境によっては昼寝する環境が取れないかもしれません。その場合には横になれなくても椅子に座った状態で眠ることができます。

昼寝をしすぎると余計に頭がすっきりしない場合があるので、15分から30分ほどにしましょう。

昼寝で疲労を取ることで、午後からの仕事もはかどり効率が上がります。

10分ほどの睡眠や目をつぶる動作で集中力アップ効果が得られる

仕事や勉強中に休憩を取ると時間もったいないと感じるかもしれません。

しかし、少しの休憩を取ることで効率を上げることができます。

1時間に1度はとるようにしましょう。

たとえば1時間勉強した後に10分間の休憩をとります。

この場合、もちろん睡眠を取ってもいいのですが、

眠らないでただ目を閉じて静かにしているだけでも効果は得られます。

目を閉じることで視覚から入る情報を遮断し、脳を休ませることができるので、

ストレスが急減し、疲労回復効果が得られます。

この時同時に腹式呼吸を行うことでより高いリラックス効果が得られます。

もう少し長く休憩したいと思うかもしれませんが

、人間は30分眠ると完全に睡眠モードに入ってしまい、なかなか集中力を回復させるのが難しくなります。

ですから10分から15分の短い休憩が効果的です。

たった10分と思うかもしれませんが、10分で1時間以上の睡眠と同じ程度の疲労回復効果が得られ、長期的に見ると作業の効率を上げることができます。

体内リズムを整え休息効果を高めるなら多相性睡眠がオススメ

人間の体にはもともと睡眠のリズムが備わっています。

ほとんどの生物には「サーカディアンリズム」あるいは「概日リズム

という生理機能のリズムの波があります。

人間にもこのリズムがあり、このリズムが狂うと体に不調を感じるようになっています。

徹夜をすると、たとえ次の日たくさん寝たとしても体がかなり疲れてしまうのもそのためです。

普通は午前中から正午にかけて活動的になります。

その後だんだん落ち込んでいき、午後4時頃から再び活動的になります。ですから、昼の間に短い睡眠をとることは生物学的に見ても理にかなっています。

そして夜になると再度低下し、午前2〜3時に最低になります。

この時間にはほとんどの人が寝ていると思います。

ですから、人間は生物学的に見ると、

1日の間に何度か「起きて」「寝て」を繰り返す多相睡眠が自然であると言えます。

イタリアの有名な画家レオナルド・ダ・ヴィンチは多相睡眠の超ショートスリーパーで、1日のうちにまとまった睡眠をとるのではなく、4時間ごとに15分ずつ寝ていたと言います。

関連記事はこちら


 - 健康

ページ
上部へ