知恵の花

子供の食事の悩み〜ご飯を食べるのが遅い原因と正しい対応

   

子供の食事の悩み〜ご飯を食べるのが遅い原因と正しい対応

子育て中のママには様々な悩みがあります。
そんなお悩みの中でよく耳にするのが、「子供がご飯を食べるのが遅い」ということです。
なかなか片付かない食卓にイライラしてしまうママも多いようです。
なぜ子供は食べるのが遅いのでしょうか?
それには子供なりに原因があるようです。
そこで今回は、食べるのが遅い子供の原因や対処法についてお伝えします。
子供の気持ちに寄り添いながら、楽しい食卓で悩みが改善できるように、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚したいけどお金がない!知っておきたいリアルなお金事情




最近は結婚しなくても良い...

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

スポンサーリンク


なぜ子供はご飯を食べるのが遅いのか?その4つの原因とは

お箸やスプーンで食器をたたく、ごはんをぐちゃぐちゃにして粗末にする「遊び食べ」はお行儀がよくないのでやめさせたいですよね。

子どもが遊び食べをするのは、食事に集中できないことが原因の一つです。

テレビを付けながら食事をしていませんか?テレビが付いていると食事に集中できません。

また、おもちゃをテーブルの上に乗せていませんか?遊びの途中で無理に食事を始めると、なかなか気持ちを切り替えられないのが子どもです。

食事が始まる5分ほど前に「後5分でごはんだよ」と声をかけ、時間がきたらおもちゃのお片付けを行うとスムーズにお食事タイムを始めることができます。

それでも時間が過ぎるようなら、キリのいいところでもう一度声をかけましょう。

食事のたびに食べる量が一定ではない「ムラ食い」は、離乳期や幼児期にはよくあることです。

ムラ食いの原因も遊び食べと同様に、食事に集中できないことがあげられます。

また、大人でも食欲に波があるように、子どもにもお腹がすいていないことがあると理解してあげましょう。

最後に「食べるのが遅い」原因は、4つあります。

  1. 食事に集中できない環境であること。
  2. 単にお腹が空いていない。
  3. 子どもの嫌いなものを無理やり食べさせている。
  4. あれもこれもと食べさせているうちに時間がかかってしまう。

お腹が空いていなければ、食べるのが遅くても当たり前です。

嫌いなものがあれば、お箸が進まないのも当然ですよね。

子供に「ご飯を食べるのが遅い!」と叱るのはNG!

子どもの食事が遅いと、つい「早く食べなさい」とせかしてしまいますよね。

考えていたよりも食事の時間がかかってしまうと、イライラするお母さんも多いのではないでしょうか。

そんなときについ「いつもグズグズして」や「ノロマね」などと言ってしまうこともあるでしょう。

しかし、これらのマイナス言葉は子どもの心に悪影響を与えてしまいます。

食事のたびにマイナス言葉を浴びせられると、自分は本当にグズでノロマなのだと思うようになるのです。

そして、本当にグズでノロマな子どもになってしまいます。

しかし、よく考えてみれば、まだ発達段階にある子どもの動作がゆっくりとしているのも当たり前のことです。

大人のように大きな口でパクリと食べることはできませんし、素早く噛むこともできません。

もちろん、幼児は慣れない手つきで食べ物を口に運ぶだけで大仕事なのです。

まずお母さんがイライラしないで、子どもは食べるのが遅いものと割り切ることが大切です。

子供がご飯を食べるのが遅い時は食事に工夫を!

家族そろっての食事の時間はワイワイと楽しいものにしたいですよね。

「この食べ物は何?」などの問いには食育上必要なものなので、丁寧に答えてあげたいものです。

しかし、食に興味のない子どもは、話に夢中になると食事がなかなか進みません。

おしゃべりが大好きな子どもは、完全に手を止めたまま延々とお話してしまうこともあるでしょう。

そんなときは「今は何の時間かな?ごはんをパクパク食べる時間ですよ」と確認し、食事に集中させることが大切です。

時計を見せて、「何時何分までに食べようね」と目標を立ててあげます。

時間を決めて食事をすると、自然とおしゃべりをやめて食事に集中しやすくなります。

食事の時間は30分程度で済ませるようにしましょう。

終了の時間になっても食べ終わっていなければ、「時間だから、ごちそうさまね」と優しく言葉をかけてお皿をさげます。

「また残してる!」「まだ食べ終わっていないの?」などと怒ってはいけません。

負けん気の強い子どもの場合、食事の途中でお皿を下げたら、次からは全部食べようという気持ちになってくれるかもしれませんね。

ご飯が食べるのが遅い子供への正しい対応

「うちの子は食べるのが遅い」と悩むお母さんは意外と多いものです。

食べるのが遅い原因はさまざまですが、ごはんの量が多すぎる場合は、量を減らしてあげましょう。食事は15分から30分程度で済ませるのがベストです。

食べている途中でも遊び始めたり、「お腹いっぱい」と言うなら、それまでの食事の量がが子どもにとっての適量なのです。

子どもの気持ちを尊重して「お腹いっぱいなら、ごちそうさまをしようね」とお皿を下げましょう。

また、そもそも食べるのが遅い場合は仕方ありません。幼児期の子供に時間の管理をさせるのは難しいです。

食事の終了時間よりも、まず「お行儀よく食べる」ことを優先しましょう。

上手にお箸やスプーンを使うことができないときは、手づかみでも構いません。

食事のマナーは、子どもの成長過程に合わせて少しずつ教えてあげましょう。

また、小さいころはワンプレートのお皿で食事をする手もあります。

小さな子供は大人のように器用ではないので、いろんなお皿を並べても手が届きにくいのです。

最後に、食事は盛り付けをカラフルにして見た目も楽しくしましょう。

いつもと見た目が変われば、それだけで手を伸ばしてくれるかもしれませんよ。

ご飯を食べるのが遅い子供は知能の発達に影響が!

幼稚園や保育園では、必ずと言っていいほどクラスに1人か2人は食事にかかる時間が異様に長い子どもがいます。

食事の遅さは、たいてい離乳食の段階から現れ始めます。

たとえゆっくりでも食べさせないと大きくならないので、普通の幼児の倍以上は食事の時間がかかります。

そのため、食事の後の予定が詰まってしまい、忙しくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、食事の遅いことはデメリットばかりではありません。

よく噛んで食べるため消化吸収しやすくなり、病気にかかりにくい強い体になるのです。強い体はエネルギッシュな心を育み、物事の上達が早くなります。

さらに、よく噛むことで脳の血流が多くなり、知能が発達します。

中には、言語能力が発達して口が達者になったり、絵を描くのが得意になったり、歌を歌うのが上手な子どもが現れます。

このような子どもは、小さなうちから頭角を現してきます。食事が遅くても出世のスピードが速ければ、申し分ないですよね。

自分の子どもが何か一つのことに興味を示したら、とことん付き合ってあげましょう。

集中力が育つ場所を与えることが、子どもの成長につながります。

関連記事はこちら


 - 育児

ページ
上部へ