知恵の花

子供のいない夫婦が急増!夫婦が考える家族のカタチと問題点

   

子供のいない夫婦が急増!夫婦が考える家族のカタチと問題点

結婚すれば子供を…と昔はよく言われていましたが、最近ではあえて子供をつくらないという選択をする夫婦が増えているようです。
子供のいない人生にはメリットやデメリット、生じる問題なども多々あります。
大切な選択だからこそ人生を振り返った時に後悔がないよう、夫婦2人でしっかり話し合い、理想とする家族のカタチを考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼との将来に不安を感じてまう…そんな時の対処法はこれ


長い期間付き合っていたとしても、お互いに好き同士...

元カレが連絡を数年後に突然してくる理由とは?彼の心理と対処法

別れてしばらく経ってから数年後、元カレから連絡が来たら、あな...

既婚男性が女性を食事に誘う本当の気持ちと下心

気になる相手が既婚男性だったという経験をした女性は多いのでは...

彼女が元カレと連絡してる!?気になる女性の心理と対処法



彼女が元カレに連絡を取っていることが...

徹夜で勉強する時に集中力を保つ効果的な方法



試験前など今日は徹夜で勉強しなきゃ!...

テスト前の勉強でやる気が出ない時…やる気を高める5つの極意!


テスト勉強でやる気のスイッチが入らず、そのまま時...

結婚の挨拶で彼の実家へ…女性が気をつけるべきポイントとは

結婚が決まり、彼の実家へ挨拶しに行くことになったら、どうすれ...

バイト先の後輩との恋愛事情〜うまくいくための心構え〜

バイトをする職種によるところはあるのですが、ほとんどのケース...

理想と現実は違う?男性が彼女に期待すること

理想の彼女を追い求める男性は、少なくないようです。しかし現実...

親に結婚を反対された時の対応法!理由別の対処法とは


多くの女性にとって人生最大の幸せの瞬間、それは彼...

遠距離恋愛からの結婚を親に反対されたときの対処法とは


遠距離恋愛を通じての結婚は、2人にとって感慨深い...

部屋が狭いとストレスを感じる?圧迫感を無くす方法とは


皆さんは、狭い部屋にどのようなイメージを持ってい...

イケメンに対する女性の反応が違いすぎる!?気になる反応とは


女性だけでなく男性も、外見だけではなくむしろ性格...

顔が白い男って人気?それともマイナス?話題の塩顔男子とは


これまで女性にとって顔が白い男性は、弱々しくて不...

告白して振られた時の立ち直り方…失恋は新たな出会いのチャンス

好きな人に勇気を出して告白したけれど、振られたらショックです...

好きな人が友達と一緒だった…友情か恋愛かベストな選択とは

友達と同じ人を好きになってしまったら、あなたはどうしますか?...

別れる理由が「忙しいから」は本当?彼の本音とは

彼が別れを切り出した時、その理由が「忙しいから」というのはよ...

親友が結婚するときの手紙の書き方〜心のこもった手紙を送るには〜

結婚は、人生の大きなイベントの一つです。
...

結婚が決まって初めての家族の顔合わせ!兄弟の参加の有無と注意点

結婚が決定したら、両家の顔合わせへと進んでいきます。

彼氏が元カノの写真や手紙を残しているときの心理と対処の方法

彼氏の部屋にいるときに、たまたま彼氏の元カノの写真や手紙が目...

スポンサーリンク


子供のいない夫婦が急増するワケ

最近では子供のいない夫婦も増えてきました。

子供を作らないという選択をするには様々な原因があります。

不妊治療をしたものの子供ができなかったという人もいますが、最初から子供を作らないという選択をする夫婦もいます。

両親と離れた場所に住んでいて、両親の助けなく子供を育てていく自信がないという人もいます。

また、仕事が大好きで、子供は作らないという人、経済的な理由から子供を作らないという人もいます。

また、出産や育児によって「女を捨てたくない」と考える人もいれば、妻のことが大好きで、子供がいると嫉妬してしまいそうだから子供はいらないという人もいます。

夫婦によって理由は様々ですが、子供がいないくても仲良く幸せに暮らしている夫婦はたくさんいます。

夫婦水入らずで充実した生活をしています。

たとえパートナーの両親から責められることがあるとしても、罪悪感を感じる必要はありません。

子供がいるだけで人間としての価値が上がるわけではないからです。

子供がいない夫婦が感じるメリットとは

子供がいないことでメリットもあります。

特に女性は出産と育児にかける時間はかなり大きいので、子育てをしながら仕事を続けることは非常に大変です。

たとえ周囲の協力があってもなかなか難しいものです。

子供がいなければ、仕事に打ち込むことができますし、悩みや負担も軽くなります。また経済的な面でもかなり負担は減ります。

共働きで子供がいない場合、子供に使う分のお金がいらないので、経済的に余裕のある生活を送ることができます。

子供がいれば、教育や医療などいくらあってもお金が足りないという人も多いですが、子供がいない場合にはこれらの心配がありません。

また、いつまでもおしゃれを楽しみ、若々しい感覚を保つことができます。

もちろん今では子育てをしていてもおしゃれなお母さんも増えてはいますが、やはり子供のことに気を取られ、なかなか思うようにはできないかもしれません。

しかし、子供がいなければ、経済的にも時間的にも余裕ができ、おしゃれを楽しんだり、美容にお金や時間をかけることができます。

子供のいない夫婦に生じるデメリット

では、子供を持たない夫婦にデメリットはないのでしょうか。

もちろんデメリットはあります。まずは老後の問題です。子供がいない場合、もしも配偶者が先に亡くなってしまった場合、一人きりになってしまいます。

ずっと二人での生活に慣れている場合は、かなり寂しさを感じるかもしれません。

また老後まで行かなくても、ほとんどの友人に子供が生まれるかもしれません。

子供がいる家庭ではどうしても子供中心の生活になるので、子供の話が話題になったりする場合に寂しい気持ちになるかもしれません。

女性は出産可能年齢が限られているので、高齢になって出産が困難になってから、やはり子供が欲しかったと思うようになるかもしれません。

若いうちは子供はいらないと思っていても将来欲しくなる可能性はあります。

ですから、若いうちにいろいろな選択肢について夫婦でよく話し合うことが必要です。

男性は年齢的に制限がないため、この点についてはあまり真剣に考えていないかもしれません。

子供のいない夫婦に訪れる老後の問題点

先ほど子供のいない夫婦の経済的なメリットについて書きましたが、良いことばかりではありません。

子供のいない夫婦はたとえ生活費が足りなくても、老後の生活を援助してくれる人はいません。

そのため若いうちから老後のためい準備しておく必要があります。

老後必要となる生活費は、夫婦揃っている場合には現役時代の約70〜80%と言われています。

夫婦ともに65歳で退職する場合、夫婦二人で過ごす期間が20年、妻が一人になる期間が4年とします。

年間支出を327万円と考えて、20年間の支出は6540万円になります。妻一人で過ごす期間は327万円×70%×4年で916万円になります。

生活費以外にも医療費や介護費用なども必要ですし、娯楽費なども考えてさらに予備費として1000万円を計算すると、老後に必要になる費用はおよそ8456万円となります。

平成25年簡易生命表によると、10万人の出生に対して生存数がおおよそ3分の1になる年齢は男性88歳、女性は93歳です。

その場合必要な老後資金は9666万円になります。

子供がいない夫婦の遺産相続について

子供のいない夫婦の相続について考えてみましょう。

夫が遺言を残さずに亡くなった場合、子供がいないので、相続は妻と夫の父母や祖父母、もしくは妻と夫の兄弟姉妹(すでに亡くなっている場合には甥や姪)となります。

相続人が妻と夫の父母の場合を考えてみましょう。

法定相続分は配偶者である妻が3分の2を相続し、夫の父母が残りの3分の1を二人で分け合うことになります。

夫の父母が離婚しているような場合には、父母双方に遺産分割協議に参加してもらうことは難しい場合があります。

また、どちらかが認知症になっている場合には、遺産分割協議の前に成年後見制度による後見人の選定手続きが必要になります。

また、夫の父母がすでに亡くなっている場合、夫の兄弟姉妹(すでに亡くなっている場合は甥や姪)が相続人になります。

この場合には法定相続分は妻が4分の3、夫の兄弟姉妹が4分の1を分け合います。

この場合には、夫の兄弟姉妹全員で4分の1を分け合うため、全員と遺産分割協議をする必要が有ります。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ