知恵の花

告白の返事待ち!可能性はある?待つ理由や期間・対応について

   

告白の返事待ち!可能性はある?待つ理由や期間・対応について

告白をしてすぐに返事をもらえず保留になってしまう返事待ちの経験をしたことがある人もいると思います。

返事待ちのあいだには可能性はあるのか、ないのかなど期待を込めつつ不安な部分も多いはずです。

待つ側としては返事をもらうまではドキドキだと思います。

しかし、返事待ちはどれぐらい待てばよいのでしょうか?

そこで今回は、告白で返事待ちをする期間や、相手が返事を待たせる理由などをおつ返します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼氏と喧嘩で冷めた瞬間…その後の対応・仲直りの方法


彼氏と喧嘩した時、心無い言動に気持ちが冷めたこと...

独身女性が自分の時間を謳歌するためにおすすめしたい趣味5選


独身の女性は自由に使える時間が多く、一人の時間を...

中学生男子の告白必勝法!脈ありサインを見逃すな


思春期真っただ中ともいえる中学時期は、男子も女子...

毎日LINEをやり取りする男友達の恋愛感情と脈ありサイン


今やメッセージツールとして定着したLINE。使っ...

元カレが夢に毎日出てくるのはなぜ?意味するもの・対処法


昔、別れた元カレが毎日のように夢に現れたらどう思...

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

男女の友情は既婚者でも成立する?良好な関係を築くコツ


男女の友情は成立するのでしょうか?
<...

彼氏の元カノの存在が気になる場合の対処法

大好きな彼氏ができたとき、自然と彼の元カノのことが気になって...

恋愛の相談は誰にする?別れるかどうか相談するのにベストな相手とは



一言で恋愛相談といっても、内容につい...

好きになった人はスーパーの店員!付き合うまでのプロセス

恋は突然訪れるものといいますが、多くの場合が職場や学校など、...

彼女が男友達に会うのに嫉妬…彼氏の本音・気持ちの伝え方


男友達が多い彼女の場合、付き合っている彼氏がいて...

女性が恋愛の切り替えが早いのはなぜ?理由・男女差・立ち直り方


女性は、男性よりも恋愛において気持ちの切り替えが...

40代の男性との恋愛!好きになった時のアピール術



最近は芸能人の年の差カップルの熱愛報...

好きな人が友達と付き合ったら…ツライ失恋を乗り切る方法



恋愛には様々な問題やトラブルがつきも...

彼の元カノが気になる時の気持ちの処理方法〜男性の心理を知る〜


付き合っている彼の元カノが気になることはありませ...

既婚者の異性とどう付き合う?友達or恋人…ポイントと注意点


気になっている異性が既婚者だった場合、あなたはど...

彼氏の呼び方どうするべき?年下彼氏との付き合い方



付き合い初めは2人の関係もぎこちなく...

友達に対して嫉妬する男の特徴と上手な対処法


友達として付き合っている人に対しても嫉妬する男っ...

大事な本が日焼けしたら大変!予防や修復の方法を知ろう!


大事な思い入れのある1冊。大切に保存しておいたハ...

突然メールを無視する女性心理と効果的なアプローチ法

気になる女性とメールをしていたのに、急に無視された経験はあり...

スポンサーリンク


可能性はある?告白が返事待ちになってしまった場合

告白をして返事が保留な場合の可能性は2つ考えられます。

1つは相手に全然その気がない場合、もう1つは多少なりとも交際を検討する余地がある場合と言えます。

前者なら相手が返事を保留にしたのは、どうやって断れば相手を傷つけないか考えるためです。

それは双方にとってツライ状況となりますが、大半の場合は双方が打開策を考え、手をこまねき保留期間が伸びていきます。

そして結局告白自体がなかった様になってしまいます。

後者なら前者より希望がもてます。

これまで恋愛対象ではなかったといった内容で保留された場合には、告白による感情の高ぶりを恋と認識、もしくは新たな恋への予感と受け取り、相手からいい返事をもらえる可能性があります。

ですが、どっちにしても最終的に問題となるのが告白したあなたの誠意と努力です。

後者の可能性を高めるためには、告白をするまでにどれだけ異性にいい印象を与えることができたかにかかっています。

恋愛対象と思われていなくても、マイナスの印象の人間に好意を告げられるのと、いい印象の相手から告白されるのとでは結果は明らかに違います。

どうして?告白が返事待ちになってしまうときに考えられる理由

恋愛対象と見たことがないので戸惑っている

「料理、掃除が出来ない女性はモテないよね」と女性的な役割が得意ではないニュアンスを伝えてみましょう。

もし「女性は料理や掃除くらいは出来て当然」ちった返事なら残念ですが恋愛対象として見られてない可能性が高いと言えます。

男性は好みを聞くと様々な条件を答えてくれます。

もし決まった好みがない人であっても苦手なタイプは存在します。

もちろん女性にも同じことが言えます。

ですがあくまで「理想の相手」です。

恋愛感情を持っていない

異性として好みではないことは芸能人、身近な人を話題にして簡単に確認することが可能です。

顔形だけではなく、好き嫌いの共通点を探し自分と比較してください。

他に好きな人がいる

相手が言わない限り確認することは困難です。

だから他の質問で駄目だった場合、消去法でこの可能性が高いと言えます。

恋愛より優先事項がある

入学したばかりだったり、就職したばかりだったり、何かのライフイベントの変わり目の時には、学業や仕事などに精一杯で、恋愛のことを考えられないといったこともあります。

また、仕事が忙しかったり、何かのプロジェクトを任されるなど、仕事に熱中している場合や、趣味に熱中している場合にも、恋愛第一に考えられない要因が考えられます。

可能性があるってこと?告白の返事待ちは1ヶ月は様子をみよう

最低でも1ヶ月は待ちましょう。

仮に既に1ヶ月以上経過しているのならここは読まずに飛ばしてください。

まだ2週間程の段階で、今後をどうするか悩んでいる場合は、まずは待つことをお勧めします。

期間を決めることで、待つこともさほどツラくはありません。

着信音が鳴るたびに緊張することが続く羽目になりますが、とにかく1ヶ月は待つようにしてください。

相手も保留している間は、あなたのことを考えてくれている場合がほとんどです。

だから最低限、相手のことを考慮する必要があります。

ですが、ただ待つのは長いので期間を決めておきましょう。

そして告白の返事を考えるのに、1ヶ月以上かかる人はいないといえます。

1ヶ月以上かかる場合は考えているのではなく、何かを待っているとしか思えません。

だから1ヶ月と期限を決めて連絡は自分からは取らずに待っていましょう。

気を紛らわせるためにも、新しい趣味を見つけるのもいいかもしれません。

1ヶ月といっても何もせずに待つには長いと言えます。

1ヶ月の間の連絡をすると告白自体がなかったことにされる場合があるので、それは避けましょう。

寂しくても趣味に打ち込み、あまり考えないようにして過ごしてください。

自分を強化する期間と認識し、時間を有効に使いましょう。

可能性を自分で潰さないで!告白の返事待ち中の態度や心がけ

いきなり態度を変えてよそよそしくされると相手の女性は困ってしまいます。

女性はあなたのことを考えているから返事を保留にしているのです。

だから、つかず離れずの距離感を維持し、普段と変わらない態度で接してください。

内心穏やかではないでしょうが、あれこれ考えても仕方がないので表面上は冷静を装ってください。

相手の女性の事ばかり考えるのではなく友達と出かける、趣味に没頭すると他に目を向けるように心がけましょう。

ヤキモチを焼かせる、迷っているのを自分の方に向かせる為にやってしまう人が多いのですが、NGです。

女性が貴方の気持ちを疑うことになってしまい逆効果です。

これまで通り、本気で好きなことが伝わる言動をしましょう。

いつまでも返事がないといつまで待てばいいのかと腹が立つかもしれませんが、ソレは関係を悪化させるだけです。

告白したらあとはじっくり返事を待ちましょう。

自分は考えた結果の告白ですが、彼女にしたら告白されて初めて貴方の気持ちを知ったので整理する必要があります。

告白の返事待ちが長く全然返事を聞けない場合の対応

1ヶ月から2ヶ月が経過したら単刀直入に返事を聞いてください。

「この間の話、そろそろ返事がほしいんだけど」と聞いていてください。

この時に重要なのは「返事がほしい」ときちんと言葉にすることです。

「できたら返事がもらえたらうれしい」といった曖昧な言葉にすると、返事がさらに引き延ばされる場合があります。

「自分から告白した」と負い目があるかもしれませんが、告白の返事がほしいと自分の意思をきちんと伝えることが大切です。

また、3ヶ月以上も返事を引き延ばすような相手は、付き合い自体を考えなおす必要があります。

なぜなら、人としての誠意がありません。

そんなケースは思い切って断ち切りましょう。

友達関係も止めた方がいいかもしれません。

「親しき仲にも礼儀あり」で返事を引き延ばすにも限度があります。

もちろん、断ち切ることはツラいでしょうが、友達や家族に力になってもらいましょう。

きちんと断ち切らないとずっとツラい状態が続きます。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ