知恵の花

効果的に筋肉がつく食べ物〜効率よく摂取する方法とポイント

   

効果的に筋肉がつく食べ物〜効率よく摂取する方法とポイント

筋肉をつけるために筋トレに励んでいる方も多いことでしょう。

そして筋肉を効率よくつけるためには筋トレと同様に、筋肉がつくための栄養を摂取することも重要になります。

ではどんな食べ物を摂取すれば筋肉をつけるのに有効なのでしょうか。

気になる筋肉と食べ物の関係について詳しく調べてみました。

ぜひ参考にして、筋肉で引き締まった体を目指しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

再婚によって子供の苗字はどうすべき?子供のために考えるポイント



母親が再婚すると子供の苗字が変わると...

告白してから返事を待つ期間と待っている間の過ごし方

勇気を出して告白したけど、返事を待って欲しいと言われてしまっ...

AB型彼氏の特徴〜冷たいと感じる性格と上手に付き合う方法



血液型で相手がどんな人かを当てはめて...

本当に結婚できる?彼氏との将来に不安を感じた時の処方箋



結婚はしたい!だけど今の彼氏とで将来...

好きな人に電話したのに無視される…その理由とは

好きな人が電話に出てくれなくて、無視されたらつらいですよね。...

メンヘラ彼女に要注意!別れたいけど別れられない恐怖の恋愛



大好きな彼女だったのに…付き合いが長...

なぜ異性の友達がいない?女性にとって男友達の重要性とは


近頃、異性の友達がいないという女性が増えていると...

バツイチの彼氏には子供がいる…長続きする付き合い方のコツ

付き合い始めた彼氏がバツイチで子供がいると知ったら、あなたは...

お菓子作りが趣味の女性は男性ウケする?男性の本音とは

お菓子作りと言えば、女性の趣味の定番ですね。
...

40代男性のデート代、割り勘はアリ?ナシ?婚活も考えた支払い方法


最近はデート代を割り勘にする男女が増えてきている...

男友達から突然の告白!その後も友達関係を維持する断り方



仲が良かった男友達から突然告白された...

片思いしている彼は仕事が忙しい人…メールで彼の心を掴む方法


片思いをしている彼との心の距離を縮めるには、直接...

騒音の苦情を警察に訴えたい…円満解決のための対策

今では、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる世帯が...

大学の部活は大変なの!?サ-クルとの違いについても紹介!


大学に進学しても、中学・高校時代に熱中した部活を...

大学生の彼氏が好きなご飯って?彼女に作って欲しい手料理とは

彼氏にご飯を作ってあげたいと思った時に悩むのが、「どんなご飯...

元カノから連絡するのは迷惑?別れた後の元カレの心理とは

しばらく前に別れた元カノから久しぶりに連絡が来たら、あなたは...

彼女の仕事が大変な時に彼氏がとるべきベストな対応

ページの目次1 仕事が大変な彼女とどう付き合う?2 仕事が大...

女性は告白されるのを待つべき?気になる今の恋愛事情!



草食男子と言われる恋愛に消極的な男性...

気になる彼女の交友関係!男友達グループに対する許容範囲



彼女に男友達グループと遊ぶと言われた...

勉強中に音楽を聴くことは科学的に本当に効果がないのか


数ある勉強法の中で、音楽を聴きながら集中力を高め...

スポンサーリンク


効率よく筋肉がつく食べ物は何?

筋トレだけ一生懸命にしていても筋肉はつきにくいのです。

筋肉を増やしたいのであれば、栄養補給も大切です。

つまり、効率よく筋肉をつける食事をするようにしなければいけません。

筋肉となる栄要素はたんぱく質です。

そして、たんぱく質を筋肉に変えるためのビタミンやミネラル、炭水化物、脂質といわれる栄養素をバランスよく補給するこも重要になります。

それでは、これらの栄養素を含む食品を紹介していきます。

■たんぱく質

筋肉を作る中心的な栄養素で必ず必要になります。

鶏モモ肉、鶏胸肉、ささみ、牛のヒレ肉、豚のヒレ肉、サーモン、マグロ、カツオ、ティラピア、大豆、納豆、卵、牛乳など

■ビタミンB6

たんぱく質の筋肉にかえる助けをします。

ビスタチオ、ビーフジャーキー、にんにく、牛レバー、まぐろ、いわし(丸干し)、鴨など

■ミネラル

微量な物質ですが体にとって必要なミネラルは多くあります。

筋肉を増やすという点ではマグネシウムです。

トレーニングで疲れた疲労を回復します。

なまこ、しらす干し、あさり、納豆など。

■炭水化物

体を動かすエネルギー源となります。

ごはん、パスタ、さつまいも、ホットケーキなど。

■脂質

トレーニングを行うためのカロリーです。

油揚げ、いくら、アボガド、オリーブ油など。

筋肉がつく食べ物と必要な栄養素!オススメ食べ物は?

マッチョが選んだ筋肉がつく食べ物ベスト3を紹介します。

第3位は卵白

卵白だけを摂取するためには、黄身と卵白を分ける作業が必要なので、わずらわしいという点から3位に。

ただ、低脂肪高たんぱく質の食品としては代表的です。

毎日摂取することができれば、すばらしい結果を期待することができます。

第2位は豆腐

普段何気なく食べている豆腐ですが、一度栄養成分表をチェックしてみるとよいでしょう。

100g中に含まれるたんぱく質量は、他の高たんぱく質食品と比較しても引けをとらない量が含まれています。

そして、なにより値段が安くていくらでも食べることができます。

トレーニング後であっても冷蔵庫から取り出してすぐに食べることができるし、消化の負担も少ないのです。

普段の食事に冷奴をプラスするだけでも、筋肉づくりのための食事に改善することができます。

第1位は鶏肉

様々な高たんぱく質で低脂肪な食品がありますが、値段、味、たんぱく質量という点でもっとも鶏肉が優れています。

メインのおかずとしてもいいですし、調理をして冷凍しておけばトレーニング後の補給も手軽にできます。

働きを助ける!筋肉がつく食べ物の効率的な摂取方法とは

1.トレーニング前は軽めの食事にする

食事をすると消化が始まります。

消化の際は胃に血液が集まるため、筋肉に血流が行きにくくトレーニング効果が低下します。

また、消化不良や脇腹痛を招く原因にもなります。

運動前にお腹がすいているようであれば、消化の早い炭水化物をとるようにしましょう。

お勧めはバナナなどの果物が良いでしょう。

2.トレーニング直後にタンパク質を摂る

タンパク質はトレーニングによって傷ついた筋肉を修復して、より強く太い筋肉する働きをします。

特に、トレーニング終了後の30〜40分間はゴールデンタイムです。

なるべくこのタイミングでタンパク質を摂取しましょう。

運動後に食事が無理であれば、アミノ酸や炭水化物が含まれたスポーツ飲料を飲むようにしましょう。

3.1日3食は必須

筋肉は分解されて体を動かすエネルギーに使われることもあります。

空腹の時間が長く続けば筋肉が分解されて痩せてしまいます。

筋肉を増やすことを考えているのであれば、筋肉の分解を抑えてタンパク質を筋肉に合成させることが必要です。

そのためには、タンパク質中心の食事を1日3食しっかりと摂取する事が大切です。

まとまった食事の時間が摂れない場合はおにぎりや果物などをこまめに摂取してもいいです。

トレーニング効果をサポート!筋肉がつく食べ物の摂取

【トレーニング前の食事の摂り方】

トレーニングをするためには、体を動かすエネルギーが必要です。

主にエネルギーとなるのは炭水化物からの「グリコーゲン」です。

しかし、このグリコーゲンが不足すると筋肉を分解してエネルギーの不足分を補おうとします。

筋肉を増やすためには分解を防ぐことも必要なので運動前には適量の炭水化物の摂取が必要です。

トレーニング前の食事時間はばらばらになることが多いと思います。

消化が早い、消化が遅い炭水化物があるので適切なものを摂取しましょう。

■消化が早い食材・・・白ご飯・果物・シリアルなど

■消化が遅い食材・・・パスタ・ハンバーガー・芋料理など

【トレーニング後の食事の摂り方】

トレーニングをすると、筋肉や肝臓のグリコーゲンが消費されて、筋肉のタンパク質の分解が進みます。

トレーニングが終了したらなるべく早く食事を摂取して、疲労回復と筋肉の修復を促しましょう。

もし、食事を摂ることが難しいようであれば、サプリメントやスポーツ飲料でアミノ酸や炭水化物を摂取して一時的に対処することができます。

良質なたんぱく質とビタミン・ミネラルを中心にバランスの良い食事が必要

〈良質なたんぱく質〉

アミノ酸のバランスが良く豊富にたんぱく質が含まれている食品。

鶏胸肉、ささみ、サーモン、卵、豆腐、乳製品など。

※なるべく脂質の少ない食品を選ぶとよいでしょう。

〈ビタミンB群〉

摂取したタンパク質を筋肉に合成するために必要な食品。

ほうれん草、ニラなどの緑黄色野菜。胡麻にも多く含まれる。

筋肉がつくのを阻害してしまう食材

■ブリ

ブリには脂質も多く含まれているので食べ過ぎると体もブヨブヨになってしまいます。

ブリにはタンパク質も多く含んでいるので食べるのであれば、余分な脂を落とす調理をして食べるのがいいです。

オススメはしゃぶしゃぶにする事です。

■サンマ

サンマもブリと同様で非常に脂質を含んでいる食材です。

食べすぎはカロリーオーバーとなり引き締まった筋肉質の体つくりには向いていません。

魚は無条件で「ヘルシーだ」と思われがちですが、種類によってはお肉よりも脂質を含んでいるので注意してください。

■豚ばら肉

豚肉の中でもタンパク質の含量が少なく、脂質を非常に多く含んでいるので筋肉つくりには適しません。

豚肉を食べるのであれば、ヒレ肉やモモ肉が高たんぱく低カロリーなのでおすすめです。

■マヨネーズ

サラダや揚げ物などにつけて食べる事が多いと思いますが脂質をとても多く含んでいるので注意が必要です。

マヨネーズは大さじ1杯で84kcalもあり脂質の塊といってもおかしくないです。

サラダを食べるときにはカロリーの少ないノンオイルのドレッシングを使うようにすると良いです。

関連記事はこちら


 - 健康

ページ
上部へ