知恵の花

好きな人のハートをキャッチ!次につなげる電話の切り方

   

好きな人のハートをキャッチ!次につなげる電話の切り方

好きな人に電話をする時には、緊張や気持ちの高まりでついつい余計なことまで話してしまうことってありますよね。

電話を切った後に何を話したか思い出せない…なんて経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

好きな人の気持ちを引き付けるためには、どのようなことを気を付けるべきなのか、事前に用意しておくことも大切です。

話す内容以外にも、意外と重要なのが電話の切り方です!

細部にまで気を付けて、好きな人に電話をしてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

元カレが連絡を数年後に突然してくる理由とは?彼の心理と対処法

別れてしばらく経ってから数年後、元カレから連絡が来たら、あな...

既婚男性が女性を食事に誘う本当の気持ちと下心

気になる相手が既婚男性だったという経験をした女性は多いのでは...

彼女が元カレと連絡してる!?気になる女性の心理と対処法



彼女が元カレに連絡を取っていることが...

徹夜で勉強する時に集中力を保つ効果的な方法



試験前など今日は徹夜で勉強しなきゃ!...

テスト前の勉強でやる気が出ない時…やる気を高める5つの極意!


テスト勉強でやる気のスイッチが入らず、そのまま時...

結婚の挨拶で彼の実家へ…女性が気をつけるべきポイントとは

結婚が決まり、彼の実家へ挨拶しに行くことになったら、どうすれ...

バイト先の後輩との恋愛事情〜うまくいくための心構え〜

バイトをする職種によるところはあるのですが、ほとんどのケース...

理想と現実は違う?男性が彼女に期待すること

理想の彼女を追い求める男性は、少なくないようです。しかし現実...

親に結婚を反対された時の対応法!理由別の対処法とは


多くの女性にとって人生最大の幸せの瞬間、それは彼...

遠距離恋愛からの結婚を親に反対されたときの対処法とは


遠距離恋愛を通じての結婚は、2人にとって感慨深い...

部屋が狭いとストレスを感じる?圧迫感を無くす方法とは


皆さんは、狭い部屋にどのようなイメージを持ってい...

イケメンに対する女性の反応が違いすぎる!?気になる反応とは


女性だけでなく男性も、外見だけではなくむしろ性格...

顔が白い男って人気?それともマイナス?話題の塩顔男子とは


これまで女性にとって顔が白い男性は、弱々しくて不...

告白して振られた時の立ち直り方…失恋は新たな出会いのチャンス

好きな人に勇気を出して告白したけれど、振られたらショックです...

好きな人が友達と一緒だった…友情か恋愛かベストな選択とは

友達と同じ人を好きになってしまったら、あなたはどうしますか?...

別れる理由が「忙しいから」は本当?彼の本音とは

彼が別れを切り出した時、その理由が「忙しいから」というのはよ...

親友が結婚するときの手紙の書き方〜心のこもった手紙を送るには〜

結婚は、人生の大きなイベントの一つです。
...

結婚が決まって初めての家族の顔合わせ!兄弟の参加の有無と注意点

結婚が決定したら、両家の顔合わせへと進んでいきます。

彼氏が元カノの写真や手紙を残しているときの心理と対処の方法

彼氏の部屋にいるときに、たまたま彼氏の元カノの写真や手紙が目...

結婚適齢期の女性と男性!年頃の婚活事情について

まだ結婚していない20代後半くらいの年頃の男性や女性は、結婚...

スポンサーリンク


切り方って難しい…好きな人との電話は短めに!

男性は電話をするのが好きではないという人の方が多数です。

なかでも、用件のない長電話は時間も拘束され、疲れていると億劫に感じてしまいがちなのです。

何でもよいから繋がっていることを実感できて嬉しい女性と、内容や要件を求める男性では、電話でのコミュニケーションの捉え方が根本的に違っているので、相容れない部分は大きいでしょう。

しかし、世の中の男性は面倒だと感じながらも、ちゃんと彼女の長電話に付き合っています。

どうして付き合うことができるのかと言えば、もちろん彼氏が好意を持っているからです。

これはつまり、男性が長電話をする時は、相手に対して女友達以上の関心を示しており、恋愛感情として好意を抱いている可能性が高いということです。

ですから、もし好きな人から電話がかかってきた場合には、長く話したいという気持ちを抑えて、あえて早めに切って反応を見てみるのも、良い方法です。

相手は「もっと話したい」と思っているわけですから、そのドキドキやトキメキを失わせないようにするため、一度早めに電話を切る流れに持っていって焦らすのです。

もし彼が「もっと電話していたい」と言ってくれたら、脈アリのサインだと思っていいでしょう。

今回は一度こちらから切って、次はあなたから好きな人へアプローチしていきましょう。

好きな人のハートをつかむ電話の切り方

好きな人との電話を切る時、どんな言葉で会話を終わらせているでしょうか。

「じゃあ、またね。バイバイ」

「それでは失礼します」

こうした電話の切り方をしている人も多いと思いますが、これでは可もなく不可もなくで物足りません。

平凡な電話の切り方では、彼のハートをつかめません。

好きな人との電話ですから、もっと気持ちのいい電話の切り方を工夫してみましょう。

では、どのような切り方が効果的なのでしょうか。

電話を切る時に「また連絡ちょうだい」 「また連絡するね」 といった言葉をかけるのがポイントです。

積極的に電話をかけ合うことを歓迎する言葉ですね。

こんな風に言われると、また電話をしたい気持ちになります。

彼は連絡をすることを許されてるということと同時に、あなたに好かれていることも感じとるため、格段に連絡を取るハードルが下がるのです。

積極的に連絡を取りたがる意思表示は「もっと仲良くなりたい」という思いも自然と伝えてくれるでしょう。

彼のことをもっと知りたい、繋がりを持ちたいという胸に秘めた熱い思いを察してもらいましょう。

また連絡を取りたいという余韻を残せるかどうかが鍵です。

スパッと切ってしまったのでは、次に繋がっていきません。

気持ちのいい余韻を残して電話を切ると、名残惜しい気持ちが湧いて、また連絡をしたくなるのです。

そんな「また連絡したい」と思わせる、気持ちのいい電話の切り方をして、やり取りを重ねていけるようにしましょう。

好きな人との電話でベストな切り方は?

電話を切り上げるタイミングは難しいですが、だらだらと続けると、微妙な雰囲気で会話を終わらせてしまいかねません。

電話を切り上げるキッカケとなるフレーズをいくつか見ていきましょう。

まずは、一番使いやすいフレーズです。

「あっ、そろそろ充電なくなりそう」と伝えてみましょう。

今の時代は、公衆電話じゃなくスマートフォンなど自分の携帯電話を持っている人がほとんどです。

ですから、電話を終わらせたい時、充電が無くなりそうと伝えることが一番言いやすく、嘘だともバレにくいです。

実践している人も多いと思いますが、 「あっ!」と、さも今気づいたかのような言い方をすると、相手に悪かったと思わせないですみます。

しかし、長電話が好きな相手だと「充電すればまだ話せるよ」と上手くかわされてしまう可能性もあるので、万能とは言えません。

2つ目は、「もうこんな時間!電話ありがとう」というフレーズです。

電話をしていると、時間の感覚がだんだん曖昧になって、気づいた時には相当な時間が経っていることがよくありますね。

そんな時は素直に「もう、こんなに長い時間話していたんだね」と事実を伝えて終わらせましょう。

その際に「長い時間電話をしてごめんね」と謝ってしまいがちですが、それよりも「長い時間ありがとう」と感謝の気持ちを伝えた方が、お互い気持ちよく電話を終わらせることができるので、オススメです。

3つ目は、使いやすいフレーズではありませんが、「トイレ行きたい」と伝えてみましょう。

やむを得ない状況を伝えて、電話を終わらせるひとつの手段だと思ってください。

「トイレ行きたい」と言われたら、相手もそれはやむを得ないと納得してくれて、スムーズに終了へ持っていけるでしょう。

特に長い時間電話をしていたなら、生理現象ですから、実際起こり得ることです。

中には電話中にトイレに行く人もいるようですが、 やめて欲しいと思っている人が多いので、気をつけましょう。

恥じらいがないほど気を許せているという関係は素敵ですが、親しくなっても適度な恥じらいは大切だと思います。

好きな人に嫌われちゃう!?絶対NGな電話の切り方

電話中に気をつけたい、やってはいけないことを覚えておきましょう。

まず気をつけたいのが、電話を切る時に「もう切っていい?」 などの一方的に切り上げないことです。

どんなに大好きな人との会話でも、疲れていたり余裕のない時の長電話はしんどいものです。

そんな時でも「もう切ってもいい?」というシメの言葉は禁句です。

彼は「自分との電話を楽しんでくれていない」「退屈させたんだな」とマイナスに受け取ってしまい、もう電話をかけるのは止めようと思うかもしれませんので要注意です。

次に気をつけたいのが、通話中に雑音がうるさくならないようにすることです。

特にTVを観ながらの通話は避けるべきです。

TVを観ながらの通話は、雑音が入るばかりではなく、相手の話に集中できなくなってしまうので、リアクションがお粗末なものになってしまいます。

相づちが「うん」とか「へー」といった単調なものになったり、「何て言ったの?」と、聞き返すことが多くなります。

すると彼は、こちらが話に集中していない、真剣に聞いていないということを見抜きます。

傷ついたり、腹を立てて、それが嫌われてしまう原因となることもあります。

そのほかに気をつけたいことは、友達とメールしながら電話しないようにすることです。

好きな人との電話中に「どんな話題を振ればいいんだろう?」と思って、友達にメールで相談をしながら電話をするケースもあるようですが、メールをしている理由は健気であっても、通用しません。

メールで相談しながら電話すると話題には困らないかもしれませんが、彼はメールを打つ「カチカチ音」や「着信音」などが気になって、会話に集中できずに楽しめません。

それに自分よりも、メールの相手を優先されていると感じると、やはり相手からすれば面白くないでしょう。

好きな人との電話を次につなげるためには…

好きな人に「また電話したい」と思ってもらうためには、心がけておくべきポイントがいくつかあります。

まずは、かける前に「電話しても大丈夫?」とメールで聞いて配慮を示すことです。

女性と違い、男性は内容のない長電話を嫌います。

また、電話で話すのと同時に他の物事を処理していくことが不得意なため、通話中は話にしか集中できません。

作業の手を止めさせたり、予定を狂わせてしまう可能性を考慮して、彼が電話できる状況かどうか確認する気遣いを見せましょう。

会話を始めてから気をつけたいポイントが、リアクションに変化を持たせることです。

会話の中で、どれだけ聞き上手になれるかが大切です。

これはただ話を聞いていればいいわけではありません。

特に電話だと、動作や表情が見えないため、視覚的に傾聴の姿勢が伝わらないことを意識しておく必要があります。

彼の気を引きたいのであれば、相づちのバリエーションを増やすのが効果的です。

同じ相づちばかりを繰り返していると、話を聞き流していると思われる危険性があります。

相づちを少し変えてみるだけでも、相手の話をしっかり聞いているという好印象を与えられます。

電話を切ってから、しばらくしてからメールを送って感謝の気持ちを伝えることもポイントとなります。

「今日は急にごめんね」「電話できて良かった、ありがとう」といった内容のメールを送ってみましょう。

彼が電話が苦手であっても、こんなメールを受け取ったら、嬉しく思うはずです。

そして何よりも重要なポイントは、自分が彼との電話を思いっきり楽しむことです。

相手を楽しませるには、まず自分からです。

ちょっとくらい緊張してもいいので、あまり考えすぎず、「声が聞けて嬉しい」「話が弾んで楽しい」という気持ちを素直に出していきましょう。

その楽しさが自然と声のトーンに表れて、彼にも伝染していくのです。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ