知恵の花

仕事の悩みで多いのは人間関係。つらい悩みを打ち消す改善方法

   

仕事の悩みで多いのは人間関係。つらい悩みを打ち消す改善方法

会社で人間関係がつらいという理由で悩みを持つ人が多いようです。

会社内では多くの人と接するため円滑にコミュニケーションを図っていきより良い環境で仕事をしていくことが大切です。

しかし、実際にはなかなか上手くコミュニケーションが取れず、それがストレスになりつらい悩みに変わってしまっているようです。

そこで今回は、仕事の悩みで多い人間関係の実態や、悩みを解決に向けるためにできる対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼女よりも友達を優先させる男性側の理由と女性が楽になる考え方


彼女よりも友達を優先する男性は多いようです。それ...

彼の本意はどこに?好きな人が友達と食事に行く理由と対処法

憧れのあの人と二人きりのお食事デート!次の展開にドキドキ…。...

旅行は身軽に!事前に荷物を送る際のポイントと注意点


旅行する際に煩わしさを感じるのは荷物ではないでし...

彼氏と喧嘩で冷めた瞬間…その後の対応・仲直りの方法


彼氏と喧嘩した時、心無い言動に気持ちが冷めたこと...

独身女性が自分の時間を謳歌するためにおすすめしたい趣味5選


独身の女性は自由に使える時間が多く、一人の時間を...

中学生男子の告白必勝法!脈ありサインを見逃すな


思春期真っただ中ともいえる中学時期は、男子も女子...

毎日LINEをやり取りする男友達の恋愛感情と脈ありサイン


今やメッセージツールとして定着したLINE。使っ...

元カレが夢に毎日出てくるのはなぜ?意味するもの・対処法


昔、別れた元カレが毎日のように夢に現れたらどう思...

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

男女の友情は既婚者でも成立する?良好な関係を築くコツ


男女の友情は成立するのでしょうか?
<...

彼氏の元カノの存在が気になる場合の対処法

大好きな彼氏ができたとき、自然と彼の元カノのことが気になって...

恋愛の相談は誰にする?別れるかどうか相談するのにベストな相手とは



一言で恋愛相談といっても、内容につい...

好きになった人はスーパーの店員!付き合うまでのプロセス

恋は突然訪れるものといいますが、多くの場合が職場や学校など、...

彼女が男友達に会うのに嫉妬…彼氏の本音・気持ちの伝え方


男友達が多い彼女の場合、付き合っている彼氏がいて...

女性が恋愛の切り替えが早いのはなぜ?理由・男女差・立ち直り方


女性は、男性よりも恋愛において気持ちの切り替えが...

40代の男性との恋愛!好きになった時のアピール術



最近は芸能人の年の差カップルの熱愛報...

好きな人が友達と付き合ったら…ツライ失恋を乗り切る方法



恋愛には様々な問題やトラブルがつきも...

彼の元カノが気になる時の気持ちの処理方法〜男性の心理を知る〜


付き合っている彼の元カノが気になることはありませ...

既婚者の異性とどう付き合う?友達or恋人…ポイントと注意点


気になっている異性が既婚者だった場合、あなたはど...

彼氏の呼び方どうするべき?年下彼氏との付き合い方



付き合い初めは2人の関係もぎこちなく...

スポンサーリンク


仕事の悩みで多いのは人間関係?会社内でのつらい人間関係の様子

会社をやめたいと思う理由はいくつかあります、給料が安い、仕事内容が自分に向いていないなど、人それぞれの理由があります。

その中でもダントツに多いのが「人間関係がつらい」という理由です。

どのような状況かについて、一般的なものを下記します。

  • 苦手な人や嫌いな人がいて、顔を見ると気分が落ち込む。
  • 上司との関係がうまくいっておらず、コミュニケーションが取れず、仕事に支障をきたしている。
  • 職場で孤立してしまっている。
  • 仕事ができていないと思われているような気がして、萎縮している。
  • いじめやセクハラ、パワハラがある。

人間関係の悩みの多くは、思い込みや誤解、コミュニケーション不足からくるもので、気にしなければどうということのないことが多いです。

しかし、一度疑心暗鬼になってしまうと、そこから立ち直るのは難しいです。

このようなストレスを抱え込んでしまうと、プライベートにも悪い影響が出ます。

このストレスが限界を超えると、会社を辞めるという選択に至ります。

つらい仕事も楽しく?人間関係改善のためのコミュニケーション能力アップ方法

辛い仕事も円滑に進めるためには、職場でのコミュニケーションがかかせません。

コミュニケーションと言っても、対応ひとつ、話し方ひとつで相手の受ける印象も変わるものです。

ここでは、そのコツをご紹介します。

1.笑顔で挨拶をする。

目を見て挨拶をすることで、挨拶をした方もされた方も気持ちよく仕事に取り掛かれます。

2.周りを気にして行動をする

仕事の上でわからないことがあれば、先輩や上司に確認することは当然ですが、何も調べることなく聞いていては、先輩や上司の仕事の手をその都度止めてしまい、迷惑をかけます。

聞くことは悪いことではありませんが、聞く方の状況を確認して聞くようにしましょう。

また、ネガティブな発言をすると職場の雰囲気が悪くなります。

そうしたことも気をつけて、周りに注意して行動しましょう。

3.正論を振りかざすこと無く、相手の立場も考えて意見を出し合いましょう。

相手と議論する際、正論と言うのは正しいがゆえに、強く言ってしまいがちです。

しかし、現実には、正論が通ることは少なく、妥協点を見つけて調整しながら物事を進めていることが多いのです。

相手の立場や意見も考慮して、言い方を考えて話し合いをしましょう。

4.断り方には気をつけましょう。

できないことをできないということは、昨今必要とされるコミュニケーションの一つですが、言い方には気をつけましょう。

「できません」というよりは、「Aの仕事の納期が明日なので、今日明日は手が離せませんので、それ以降でしたら対応できます」というように、代替案を出して、精一杯対応しているということを伝えましょう。

5.相手との距離を縮める努力も必要!

職場とプライベートを分けるという考え方も否定はしませんが、職場によっては、少々プライベートな話をして、自分を知ってもらうことで、円滑なコミュニケーションが図れることがあります。

同様に、相手も自分のことを話すことで、お互いを知ることができ、話しやすい間柄になることで、仕事がうまくいきます。

行動や発言には気をつけて、円滑なコミュニケーションを図ることができれば、辛い仕事も楽しくできるでしょう。

仕事での人間関係の悩みは目標を立てることで解決へのカギとなる

苦手な人との関係を考え直すことで、今抱えている人間関係のストレスの原因と対策が見えてきます。

ストレスにも2種類あり、良いストレスは行動する原動力となりますが、悪いストレスは反対に行動したくない原因となります。

人間関係のストレスの多くは後者にあたり、この種のストレスを抱える方は、なんとか解決したいと思うことでしょう。

解決の手立てとしては、まず原因を探ることです。

その方法として、苦手な相手とどのような関係になりたいのかを考えます。

難しく考える必要はありません。

例えば、上司との関係を想像してみましょう。

苦手な上司とは、業務連絡をすることすら嫌で、まともに口を聞いていない。

顔を見ても挨拶すらしない、というのであれば、まず挨拶くらいはできる関係になりたいと考えたり、業務連絡は仕事と割り切ってできるようにしたい、などと考えます。

このように、なりたい関係を目標として設定します。

では、なぜその目標が達成できていないのか?と考えることで、原因が見えてきます。

そうしましたら、その原因に対する対策を考えて実行することができましたら、問題は解決に向かいます。

仕事内で人間関係の悩みを持つ人は開き直ることも改善には重要

人間関係とは難しいもので、自分ではうまく付き合っているように思っても、現実にはお互いが噛み合っていないということがあります。

人は、大なり小なり「嫌われたくない」と思っているものです。

これは、無意識のうちにそう思っていることが多いです。

「嫌われたくない」ということを行動の中心にしますと、我慢することが増えます。

例えば、「頼みごとがしづらい」「意見を言いづらい」「断れない」など、相手のことを思って、嫌われたくないがために、このような我慢が増えます。

その結果、私たちは、しばしば、自分を卑下したり、組織体制に原因を求めたりして、拗ねてしまいます。

そこで、思い切って「嫌われてもいい」と口に出してみましょう。

開き直るのです。

こうすることで、これまでしてはいけないと思って我慢していたことが、してもよいことになり、肩の力が抜けます。

そうしますと、これまで肩肘を張って、自分の言動に注意し、相手の言葉に警戒しながら会話していたのが、リラックスして話すことができます。

ご自身がリラックスして話せば、相手も自然とあなたに合わせて、和やかに会話ができるようになります。

こうすることで、今まで、なぜ自分が拗ねるようなことになっていたかがわかります。

仕事が出来る人や悩みのない充実した生活を送っている人の特徴

デキる人は群れません。

仕事に限らず、充実した人生を送っている人などを見てもそう言えます。

多くの方は、人と同じことに安心し、自分の居場所づくりに奔走します。

この種の人は、孤立や孤独を恐れます。

また、自分たちと少しでも違うと、常識がないと言って排除しようとします。

しかし、デキる人というのは、群れて行動しなくても成果が出せるので、単独行動が多いです。

そもそも、人と比べて一喜一憂することもないので、群れることに全く興味を持ちません。

もちろん、孤立しようが、孤独であろうが意に介しません。

人と同じということは、横並びの平凡な自分で良いと言っているようなものです。

もしあなたが、そのような平凡を望まず、何か突出したものを持ちたい、デキる人になりたいと思われるのであれば、群れるのをやめることです。

孤立への恐れがありますと、なかなか群れから離れることは難しいものですが、デキる人になりたいとすれば、孤立することなどに関心を払わないことです。

関連記事はこちら


 - 仕事

ページ
上部へ