知恵の花

仕事の不安で吐き気が続く場合に考えられる原因と対処方法

   

仕事の不安で吐き気が続く場合に考えられる原因と対処方法

仕事のことを考えると不安になって、吐き気を催して体調が悪くなってしまう人がいるようです。

このような状態が続くと精神的ストレスが溜まって仕事に行くのも億劫になってしまいます。

一体、仕事に対しての不安はどこからくるものなのでしょうか?

また、不安から吐き気が続く人はどういった特徴があるのでしょうか?

そこで今回は、仕事の不安から吐き気を催してしまう人の特徴や原因、緩和するための方法などをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

これでバッチリ!料理の苦手意識を克服するためのプロセス

料理を作ってもなかなかうまくいかない…何度か...

スポンサーリンク


仕事の不安で朝に吐き気が起こってしまう人に共通する特徴

普段は元気だけれど、会社に行く直前になると吐き気に襲われてしまう。

しかし、その原因は不明。

そんな、朝に原因不明の吐き気による体調不良に悩まされている人は、「仕事によるストレス」を疑ってみましょう。

人間誰でも、毎日仕事をしながら生活する上で何かしらのストレスは感じていることと思いますが、原因不明の吐き気に襲われるなど、ストレスによって体調不良を引き起こしてしまう人には、何点か共通点があるようです。

その共通点を以下にまとめました。

  1. 責任感が強く、難しい仕事などを任されても断らない人。
  2. 他人がどう思っているか、他人の気持ちに敏感で、自分の欲求や本音を相手に伝えることができない人
  3. 休みの日も仕事のことを考えてしまい、ゆっくり休むことができない、または休日出勤をしている人。
  4. 趣味が少なく、昔からリラックスすることが苦手な人。
  5. 何となくいつも不安を感じていたり、些細なことが気になってしまう性格の人。

このように、真面目であったり繊細な人ほどストレスを溜め込みやすく、出勤前の吐き気や嘔吐といった体調不良に陥りやすいということが言えます。

また、このようなストレスによる体調不良は身体からのSOSのサインと言えるでしょう。

その体調不良を放置してしまうと、より恐ろしい病気を引き起こしてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

仕事が不安すぎて吐き気を催したときにできる対処法

仕事の不安などから吐き気を引き起こしてしまっているのか・・・それは自分の考えだけでは判断しかねることがあると思います。

病院に行くべきかどうか悩むこともあるかもしれませんが、吐き気だけといっても、その裏には重大な病気が隠れているかもしれません。

病院の先生に診察してもらえば原因も分かり、ひとまず安心することができます。

また、ストレスが原因であるなら心療内科や精神科、メンタルクリニックを受診することも体調不良を改善する手段の一つです。

精神科と聞くと、「本当に行くべきだろうか・・・」と受診することを迷う人もいるかと思いますが、精神的なダメージといっても、既に吐き気として身体に症状が現れてしまっているので、その時点で病院を受診することが得策です。

そして、大切なことは自分を助けられるのは自分だけであるということです。

自分の限界を分かっているのは自分自身であり、会社は助けてくれません。

ストレスを溜め込み、体調を崩して倒れてしまうなど、何かが起きてしまう前に自分を労わる気持ちを持って、病院に行くことをオススメします。

仕事が不安になってしまう人によくある3つの原因

仕事をする上で不安になる原因として、まず挙げられるのが自分の能力についての不安です。

新卒でこれから初めて仕事をする人、今までの自分の勤めていた職種とは異なる業種・職種に転職した人、社内異動によって仕事内容が変わった人など、多くの人が新しい場所で働き始める際に、与えられた仕事をこなすだけの能力が備わっているのか不安になるようです。

次に挙げられるのが、キャリアアップに関する不安です。

仕事そのものに対する不安は、仕事に慣れてこればある程度解消されますが、その代わり大きくなっていくのがキャリアアップに関する不安です。

同僚が先に出世してしまい、自分だけが取り残されているように感じてしまうと、不安が大きくなってしまう場合があります。

次に挙げられるのが、ワークライフバランスに関する不安です。

「ワークライフバランス」とは、「生活と仕事の調和」という意味で、最近流行している言葉です。

結婚や出産、育児、親の介護など、今までと同じように仕事をすることが難しくなった時に、自分の置かれた生活環境と仕事の両立ができるのかどうか不安を感じてしまう人が多くなっているようです。

仕事の不安で吐き気が起こるときに軽減できるリラックス方法

まずは背筋を伸ばすことです。

猫背気味の姿勢が続くと、腹部が圧迫されて吐き気が増幅されやすくなります。

また、普段から背筋を伸ばしておくことで深く呼吸をすることができ、呼吸の流れがスムーズになることで、吐き気を引き起こす肉体的な要因を減らすことができます。

ただし、背筋を伸ばすことにばかり意識を向けると、体が逆に緊張して固くなってしまいますので、気が付いた時に背筋を伸ばすことを心がけるなど、無理をしないことが大切です。

次に、呼吸に意識を向けてみて、口呼吸や浅い呼吸をやめてみましょう。

口呼吸を続けていると、呼吸自体が浅くなり、空気の出入りのバランスが崩れてしまうため、自律神経が乱れる原因にもなってしまいます。

それとは逆に鼻呼吸を心がけ、鼻から空気を吸い、長めに息を吐くことで自律神経の調子が整えられ、気持ちを落ち着かせる効果を得ることができるので、不安からくる吐き気に悩まされる方は、「鼻呼吸」を心がけると良いでしょう。

次に吐き気の軽減に効果をもたらすツボを刺激してみましょう。

吐き気の軽減に効果をもたらす「関衝」というツボが、薬指の爪の生え際、小指側の部分にあります。

刺激の仕方は、反対側の手の親指と人差し指で薬指をはさみ、ゆっくり圧を加えながら5秒かけて息を吐き、圧を継続したまま7秒かけて息を吸う。

そして、圧を緩めながら息をゆっくり吐ききるということを続けてみましょう。

咄嗟の吐き気の対処法として有効なツボとなっています。

仕事の不安で吐き気が続くときには迷わず専門病院で相談を!

「こんな苦しい思いをしてまで仕事を続けるべきなのだろうか」、「職場に迷惑をかけてしまっていないだろうか・・・」、「会社を辞めてしまった方がいいだろうか・・・」と一人で悩み、苦しんでいる方も多くいることでしょう。

体調不良の原因や、個々の症状、置かれている環境はそれぞれ異なるので、絶対にこうした方が良いなどと言うことはできません。

しかし、あなただけではなく、多くの人が同じような症状を経験しています。

だから、あなたも大丈夫などと言うつもりはありません。

しかし、こうした症状は必ず治すことのできる症状なのです。

仕事のストレスによって酷い吐き気の症状に悩まされていたけれど、仕事を辞めてすぐに症状が治まったという人もいます。

仕事を続けながら心療内科などを受診できるのであれば、一度、先生に相談してみるのも良いでしょう。

一時的に強いストレスが掛かってしまうと、正常な判断をすることも難しくなってしまう場合があります。

そんな場合でも病院で診察を受けていれば、的確なアドバイスをもらえるはずです。

そして、体も心も限界だと自分で分かっているのなら、無理せず休職や退職をして、ゆっくり休むべきです。

無理をすることによって、失うものが出てしまっては後悔してもしきれません。

そして、自分が最も自分らしく生きていく方法が今の仕事以外にあるのであれば、それを優先することが一番良い選択なのではないでしょうか。

関連記事はこちら


 - 仕事

ページ
上部へ