知恵の花

職場の先輩が冷たい態度をとる原因と後輩としての適切な対処

   

職場の先輩が冷たい態度をとる原因と後輩としての適切な対処

職場の先輩の態度が何だか冷たい…
そんな時あなたはどうしますか?

先輩の態度が急に変わってしまった場合、自分にも何らかの原因がある場合が多く、あなたの言動によって先輩を怒らせてしまった可能性もあります。

まずは後輩であるあなたが自分の言動を振り返り、対処する必要があります。

ではどんなことで先輩の態度が冷たくなってしまう原因があるのか、詳しくまとめてみました。

職場の人間関係を円滑にするためにもぜひ参考にして、後輩として適切に対処しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚したいけどお金がない!知っておきたいリアルなお金事情




最近は結婚しなくても良い...

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

スポンサーリンク


ページの目次

職場の先輩が冷たい原因は自分かも!?嫌われセルフチェック!

1:メモもとらずに同じことを何度も聞く

ただ相槌を打てばいいというわけではありません。

大事なことはしっかりメモして、できるだけ相手の時間を大切にしましょう。

2:あいさつができない

挨拶は人間関係の基本です。基本のキです。

まずは挨拶をすることを心がけましょう。

3:指示待ちで言われたことしかやらない

仕事は自分で創るものです。

指示を待つのではなく、分からなければ聞いて率先して動きましょう。

4:雑用こそ率先してやる

みんなが嫌がる仕事を率先してやる人は好かれます。

5:同じミスを何度も繰り返す

先輩が折角時間を割いて教えてくれた内容はしっかりと反省し、同じミスは繰り返さないようにしましょう。

6:注意するとふてくされた態度をとる

最初のうちは注意されるのは当然です。

注意される度にふてくされていると相手にされなくなるのは当然です。

7:ホウレンソウ(報告、連絡、相談)ができない

ホウレンソウはミスを防ぐだけでなく、お互いに仕事をスムーズに進めるためにあります。

8:敬語がうまく使えない

敬語は社会生活の基本です。

正しく美しい日本語は、必ずあなたの魅力を引き出してくれるはずです。

9:感情表現に乏しい

感情表現が豊かな人は、付き合っていても楽しいものです。

豊かな表情をみせるだけで、過ごしやすい環境を作ることができます。

10:注意してもひとごとでいる

注意されたことを他人事として捉えていると、同じ過ちを繰り返してしまいます。

11:知識もないのに自分で判断する

決断は重要なスキルですが、自己判断で勝手な決断を下すのは危険なことでもあります。

特に新人のうちは必ず上司に相談しましょう。

12:仕事を抱え込んでパニックになる

パニックはミスやトラブルの原因になります。

仕事に優先順位をつけ、随時ホウレンソウを欠かさずにひとつずつこなしていきましょう。

13:チャレンジ精神にかける

スキルや経験がなくても、情熱は大切な財産です。

スキルも経験もない清人が「情熱もない」では、会社の覇気も失われてしまいます。

14:勤務時間中に携帯をいじる

私用のメールやゲームなどもってのほかです。

会社の信用を失墜させる結果になりかねません。

15:自己主張が強い

強い自己主張が忌避されるのは、客観的な視点が欠けているからです。

自分のアイデアを主張する前に客観的な視点で考えましょう。

職場の先輩が冷たいのはあなたの言葉遣いが原因かも!

■「ヤバくないですか」「マジですか」などのタメ口×敬語

公の場で耳につき、正しく敬語を使える人にとってはイライラのもとになる「タメ口×敬語」。

例えば「さっきのお客さん、ヤバくないですか」「昨日の話、マジですか」これは敬語の内に入りません。

これで敬語のつもりなのかと先輩を呆れさせる原因になります。

■「ご苦労さまでした」「了解しました」などの上から敬語

言葉には目上の人が目下の人に使う場合にだけ適切な言葉があります。

特に「ご苦労様でした」「了解しました」という言葉はそのケース。

目下の人が目上の人をねぎらうときは「お疲れ様でした」「かしこまりました」が適切な表現です。

他よく聞く言葉では「なるほどです」という可笑しな日本語もありますね。

「なるほど」は、目下の人が目上の人に使うと生意気な言葉とされています。

■「何でしたっけ」「どうでしたっけ」などの意欲が感じられない言葉

「なんでしたっけ?」「どうでしたっけ?」を連発する後輩は、「こいつ聞くのも面倒くさいんだな」という印象を与えます。

一度聞いて完璧に覚えるのは難しいですが、同じことを聞く場合は「同じことを言わせてしまって申し訳ない」という意識を持ちましょう。

■「へこむ」「最悪」「疲れた」などのマイナス感情をあらわにする言葉

先輩に限らず、マイナスな言葉を聞くのはエネルギーを消費します。

「へこむ」「最悪」「疲れた」なんて四六時中言っている人と一緒に居たいと思う人はいません。

辛く落ち込んだ時も、その気持ちを先輩に吐露するときは前向きなアドバイス求めるようにしましょう。

職場の先輩が冷たい…嫌われスタンスが上手くいく!?

1. 遠まわしな批判に敏感になる

「嫌われている」前提で人の話を聞くと、周囲のちょっとした言葉からトラブルを事前に回避することができます。

2. 相手のアクションを待つ

「好かれている」という前提で自分からアクションをすると押しつけがましくうっとおしいと思われるかもしれませんが、「嫌われている」という前提をもち自分からアクションを起こさないでいれば、少なくとも「うざい」とは思われません。

3. 適当な愚痴聞き相手になって、適当に相槌を打っておく

自分の話が面白いと思って調子に乗ると、十中八九痛い目をみます。

なぜならば、多くの人は自分の話を聞いてほしいと思っているからです。

無理に面白い話をしてすべるより、他人の面白くない話を聞く側に回っておけば、「なんでも話を聞いてくれる人」になることはできます。

中でも愚痴は大抵の人が嫌な顔をするものなので、嫌な顔ひとつせずに聞いてくれる人は重宝されます。

職場の冷たい先輩にはどう接するべき?

姉御肌の上司や先輩には 甘える後輩が好かれます。

頼られると嬉しく思うタイプですから、とにかくなんでも相談してみるのがいいでしょう。

自分でも努力している姿勢を見せつつ、最後の最後に頼るご意見版という立場を与えてあげると喜びます。

お友達タイプの上司や先輩には 親しみやすい友達でいたいというタイプの上司や先輩にはプライベートな相談をぶつけると親身になってくれます。

寡黙でマイペースな上司や先輩には頑張っているぞオーラを出していきましょう。

その上司や先輩の得意分野が見つかればなおよし。

好きな事なら寡黙さが消えてたくさんの話を聞かせてくれるので、後は黙っているだけで好感度があがります。

ただ、しつこくすると嫌がられるタイプでもあるので、適度には大事です。

優しい上司や先輩には 公平に優しくすることを心掛けているタイプで、相手にも同じように誠実さや公平さを求めています。

裏表なく接しましょうヒステリックな上司や先輩相手にしないに限ります。

特に機嫌が悪い時には絶対に近づかないようにしましょう。

何かをお願いする時は、機嫌が良さそうな時を見計らって接しなければひどい目に遭います。

自信をもっていない優柔不断な上司や先輩には褒めると喜びます。

信頼・安心がキーワードです。

職場の冷たい先輩との関係を修復するためのポイント

【1】「○○さんって、仕事ができるよね」など、人づてに伝わるよう先輩を褒める

好意を持っていますよーということを外野にアピールするのは有効です。

何でもよいので褒めましょう。「人づてに」というのがポイント。

その人が自信を持っているところを外野からつつくのがポイントです。

【2】相手から返事がなくても毎日の挨拶はきちんとする

無視されてもへこたれずに挨拶をするのも有効です。

相手が根負けして挨拶を返してくれるかもしれません。

【3】実はどうでもいい悩みを相談して、「頼りにしてます」とアピールする

積極的に懐に飛び込んでみるのもありです。

「先輩なら適切なアドバイスをもらえると思ったので」と言ってヨイショすると、まんざらでもない気分で相談にのってくれるかもしれません。

【4】淡々と仕事をこなし、その先輩以上の信頼を勝ち取る

無視なんて低次元なフィールドでは戦わないという、意見も寄せありました。

仕事での評価があがれば、誰も無視できなくなるはず。

【5】「私、何か失礼なことしましたか?」とサシでの話し合いに持ち込む

正面から向き合ってみるのもあり。

「また前みたいに仲良くさせてもらいたいので、何か自分に至らないところがあれば教えてください」と慕う気持ちを添えて聞くと、相手も心を開きやすいでしょう。

【6】無視されていることに一切気づかない天然キャラを演じる

「あえて気づかないふりをして、今まで通り普通に接します」(20代女性)

という無視を無視にしないというつわものもいました。

【7】相手と仲の良い先輩に相談して事情を探る

「面倒見のいい先輩に、『嫌われてしまったようなんですが…』と持ちかけると一肌脱いでくれそう」(30代女性)

第三者の力を借りるのは良い手ですね。

誰か間に入ってくれそうな先輩に相談すると、一席設けてくれるかもしれません。

【8】常に笑顔と敬語を心がけ、誰よりも感じよく接してみる

決死のヨイショ爆撃作戦。

ひたすらフォローをして、ネガティブな感情を洗い流してしまおうというわけですね。

【9】チーム内の仲間など、業務上支障が出そうな人に仲裁を頼む

「『仕事がしづらくなるから』と、第三者の立場から注意してもらいます」(20代女性)

第三者を立てるのは良い手だと思いますが、「注意してもらう」と相手が悪いことを前面に押し出すと両者とも無事ではすみそうにありませんね……。

関連記事はこちら


 - 仕事

ページ
上部へ