知恵の花

車のローン返済!無理なく返すための年収との割合目安

   

車のローン返済!無理なく返すための年収との割合目安

車を購入する際に、いろんな車を見ているとついつい上のグレードの車に目が行きがち…

しかし、ローンを考えると自分が無理なく返せる額をしっかり理解して、その範囲での車選びが重要です。

そこで、無理なく返せる額を算出するために、ローンと年収や頭金の割合目安について詳しくまとめてみました。

ぜひ参考にして、後悔しない無理のない車選びをしましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

元カレが連絡を数年後に突然してくる理由とは?彼の心理と対処法

別れてしばらく経ってから数年後、元カレから連絡が来たら、あな...

既婚男性が女性を食事に誘う本当の気持ちと下心

気になる相手が既婚男性だったという経験をした女性は多いのでは...

彼女が元カレと連絡してる!?気になる女性の心理と対処法



彼女が元カレに連絡を取っていることが...

徹夜で勉強する時に集中力を保つ効果的な方法



試験前など今日は徹夜で勉強しなきゃ!...

テスト前の勉強でやる気が出ない時…やる気を高める5つの極意!


テスト勉強でやる気のスイッチが入らず、そのまま時...

結婚の挨拶で彼の実家へ…女性が気をつけるべきポイントとは

結婚が決まり、彼の実家へ挨拶しに行くことになったら、どうすれ...

バイト先の後輩との恋愛事情〜うまくいくための心構え〜

バイトをする職種によるところはあるのですが、ほとんどのケース...

理想と現実は違う?男性が彼女に期待すること

理想の彼女を追い求める男性は、少なくないようです。しかし現実...

親に結婚を反対された時の対応法!理由別の対処法とは


多くの女性にとって人生最大の幸せの瞬間、それは彼...

遠距離恋愛からの結婚を親に反対されたときの対処法とは


遠距離恋愛を通じての結婚は、2人にとって感慨深い...

部屋が狭いとストレスを感じる?圧迫感を無くす方法とは


皆さんは、狭い部屋にどのようなイメージを持ってい...

イケメンに対する女性の反応が違いすぎる!?気になる反応とは


女性だけでなく男性も、外見だけではなくむしろ性格...

顔が白い男って人気?それともマイナス?話題の塩顔男子とは


これまで女性にとって顔が白い男性は、弱々しくて不...

告白して振られた時の立ち直り方…失恋は新たな出会いのチャンス

好きな人に勇気を出して告白したけれど、振られたらショックです...

好きな人が友達と一緒だった…友情か恋愛かベストな選択とは

友達と同じ人を好きになってしまったら、あなたはどうしますか?...

別れる理由が「忙しいから」は本当?彼の本音とは

彼が別れを切り出した時、その理由が「忙しいから」というのはよ...

親友が結婚するときの手紙の書き方〜心のこもった手紙を送るには〜

結婚は、人生の大きなイベントの一つです。
...

結婚が決まって初めての家族の顔合わせ!兄弟の参加の有無と注意点

結婚が決定したら、両家の顔合わせへと進んでいきます。

彼氏が元カノの写真や手紙を残しているときの心理と対処の方法

彼氏の部屋にいるときに、たまたま彼氏の元カノの写真や手紙が目...

結婚適齢期の女性と男性!年頃の婚活事情について

まだ結婚していない20代後半くらいの年頃の男性や女性は、結婚...

スポンサーリンク


車のローン!返済可能な割合は年収の35%まで!

車のローンの返済額の割合は、年収の35%以内がよいと言われています。

この数字については、実際に返済する場合に、生活を維持しつつ返済が可能な金額の上限という意味合いもありますが、ここでは、「ローンの審査と返済額」について、お話しします。

金融機関によって、審査の基準は様々ですが、概ね年収の35%を目安に審査をしています。

例えば、手取り年収ではなく、額面で年収300万円の収入があった場合、この35%ですので、105万円まで車のローンが組めることになります。

ただし、すでに他のローンを組んでいて、毎月の返済を行っている場合、105万円全額、車のローンを組むことは難しいでしょう。

他のローン(住宅ローン、教育ローン、フリーローンなど)の毎月の返済額が3万円であった場合、年間返済額は36万円となります。

105万円-36万円=69万円となり、この69万円が車のローンとして借りられる上限金額の目安となります。

もし、これ以上の借り入れを希望される場合、保証人をつけますと、審査に通る確率が上がります。

年収と車の価格の割合でローン額を算出!

現在では、様々な価格帯の車が発売されています。

軽自動車から高級車、新車、中古車、様々な選択肢があります。

車の購入を考える場合、真っ先に気になるのが、お金のことです。

ここでは、年収と購入する車の価格について、それぞれ一般的な目安をご紹介します。

  • 年収1000万円以上の方→500万円程度の車が目安となります。
  • 人気のある高級外車も射程圏内です。

    このクラスの方は、基本的に新車での購入が多いようです。

  • 年収800万円以上の方400万円程度の車が目安となります。
  • 国産車であれば、高級車の選択も可能です。その他、多くの車種で新車が狙えます。

  • 年収600万円以上の方→300万円程度の車が目安となります。
  • 新車で購入できる車も多いですが、中古車も視野に入れますと、型落ちの高級外車や趣味性の高いスポーツカーなど、希望の車が見つかります。

  • 年収400万円以上の方→200万円程度の車が目安となります。
  • 軽自動車やコンパクトカーでしたら新車で購入できます。

    それ以上のクラスですと、中古車での検討となります。

  • 年収300万円以上の方→150万円程度の車が目安となります。
  • 軽自動車でしたら、新車で購入できるものがほとんどです。

    コンパクトカーや家族で乗れるワゴン車などは中古車でしたら、様々な車種から選ぶことができます。

  • 年収300万円以下の方→100万円程度の車が目安となります。
  • 新車の軽自動車や中古車が選択肢として候補に上がります。

    これらの目安は、いずれの場合も、年収の半額程度で車の購入を考えた場合の目安です。

    ご自身の希望する生活レベルと相談して、稼いだ金額のうちから車に使う金額を決められると良いでしょう。

    車のローンで重要な返済と融資の割合目安

    自動車のローンの審査の際、金融機関が審査の参考にする数字として、返済比率と融資比率があります。

    返済比率とは、1年間の自動車ローンの金額が、年収に対して何%であるかという比率です。

    例えば、年収300万円の方が、月々3万円、1年間で自動車ローンを36万円支払っていた場合、返済比率は12%となります。

    融資比率とは、購入予定の自動車の金額に対して、借入金額がいくらであるかという割合のことです。

    金融機関からすれば、あなたが借り入れる金額を融資することになりますので、融資比率と言います。

    例えば、100万円の自動車の購入について、頭金を40万円とした場合、融資を希望する金額は60万円ですので、融資比率は60%となります。

    一般的な目安として、返済比率は25%以内として、融資比率は、頭金を増額するなどして可能な限り下げることで、審査に通りやすくなります。

    特に若い方に多いのですが、自動車購入金額の全額をローンで賄おうとしますと、融資比率は100%となり、返済比率も高くなりますから、ローンに通ることは難しいでしょう。

    車のローン総額と頭金のバランスの良い割合は?

    車の購入に際して、自動車ローンを組んで購入を検討される場合、一般的に、頭金は購入金額の2-3割が理想とされています。

    しかし、これは一般論であって、実際には、それぞれの生活スタイルによって、頭金の金額は変わってきます。

    頭金の議論の前に、毎月の返済金額からご自身の生活を想像してみて下さい。

    返済するお金の他に、家賃、食費、生活費、通信費、ガソリン代、駐車場代など、生活にかかる出費は毎月発生します。

    その多くは、突然削れるものではありません。

    年収が余程高い場合は、こうした細々とした計算は不要ですが、そうした方は多くありません。

    こうした諸々の出費を計算した上で、頭金をいくら入れれば、毎月の返済金額がいくらになるかという計算をした上で、頭金の目安とすると良いでしょう。

    ここで気をつける点は、仮に、頭金ゼロでも生活に支障の無い借入金額であったとしても、こうしたフルローンでは、審査に通らない可能性があることです。

    車の価格と年収の割合によってはローンを組めない!?

    自動車ローンを利用する場合、気をつけておきたいのは、「申し込みの条件」です。

    これが、キャッシングやカードローンであれば、比較的間口が広いため、勤続年数や雇用形態など不問で、収入を証明するものさえあれば審査をしてもらえることも多いですが、自動車ローンのように、目的の決まっているローンの場合は、誰でも申し込めるわけではありません。

    この「申し込みの条件」としてよくあるのが、年収いくら以上、勤続年数何年、来店ができること、という条件が多いです。

    この条件は、各金融機関で大きく異なりますが、一例として、年収100万円以上、勤続年数1年以上というところもあります。

    これらを満たしていないと、ローンの審査すらされずに落とされることになります。

    この「申し込みの条件」をクリアしている方のみが、次のステップとして、年収と借入希望金額との割合に応じて、融資が可能かどうかの審査がされることになります。

    この場合、自動車の購入金額から頭金の金額を引いた金額が借入希望金額となります。

関連記事はこちら


 - ライフスタイル・生活

ページ
上部へ