知恵の花

ママ友のランチ会に誘われない!?気になる原因と対処法

   

ママ友のランチ会に誘われない!?気になる原因と対処法

ママにとって、ママ友との付き合いは結構重要なポイントです。

特にママ友同士の交流の場であるランチ会は、子供の成長や様々な情報交換にと大切な意味合いが含まれています。

そんなママ友のランチ会に誘われなかったら…ママにとっては緊急事態です。

なぜランチ会に誘われないのか、その原因を知ることが、この先のママ友との付き合いにおいて大切です。

自分の発言や行動を見返し、ママ友と上手く付き合う方法を考えてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

スポンサーリンク


ママ友のランチ会には誘われない方がよいことも…

ママ同士のランチ会で得られるメリットと言えば、耳寄りな情報を手に入れられることでしょう。

自分たちの子供が通っている幼稚園や、学校で行われる遠足や発表会の詳しい内容、感染している子の多い病気のことなども教えてもらえます。

幼稚園や学校関係以外に、天気が悪い時でも料金なしで使用できる施設や、地元のスーパーのお買い得情報など役に立つ話が聞けるし、知りたいことがあれば遠慮なく尋ねることだってできます。

これが学生時代やOL時代の友達なら、今でも付き合いが続いている人でも相手が自分とは異なる生活スタイルを送っている未婚の友達の場合、子供のことは話題にしにくくなります。

もちろん、ママ友との付き合いにもデメリットはあります。

ランチ会も週に何度もあると懐具合も厳しくなってきますし、時間もとられてしまいます。

家事が山積しているのにダラダラとした話に付き合わされるとさすがにうんざりさせられるものです。

会話の中で口にした言葉が、ママ友同士のいがみ合いになってしまうことがあり、当事者でない自分までもがそれに巻き込まれることもあります。

また、自分の言葉が原因で誰かを傷つけてしまい、結果的に爪弾きにされてしまうこともあり、ひどい時には子供までそのとばっちりを受ける可能性さえあります。

話をする時はある程度言葉を選ばないと災難が降りかかるリスクが潜んでいる点もデメリットと言えます。

ママ友のランチ会に誘われない原因はあなたかも!

頭が良く穏やかそうで、自分の考えも述べながら聞き上手で性格の明るい人と言うのは、ママ友のランチ会の時にもよく声がかかるようです。

ランチ会を開くなら、やはり話をしていて楽しい人に加わってほしいものなのでしょう。

一方で、一向に声をかけてもらえない人もいます。

誘われないタイプ人たちというのは大抵、何かと騒がしく口を開けば人の陰口ばかり叩いたり、自分の自慢話ばかりしている厄介なタイプだったりするのです。

逆に自分について話そうとしない人も敬遠されがちです。

黙ってばかりの人というのは暗い印象を与えてしまうからなのでしょう。

もちろん、人付き合いには相性の良し悪しもありますし、幼稚園に通っている子供のを持つ人すべてが必ずしも他の親たちと交流をしているわけでもありません。

普段から単独行動をとることの多い人もいるでしょう。

それでもママ友からのお誘いがなく孤立状態で、幼稚園へ毎日子供を送り迎えすることされ苦痛になっているというのなら、普段の自分の言動を振り返ってみて、自分が誘われないタイプに当てはまるかどうか今一度問い直してみて下さい。

ママ友のランチ会に誘われないのは断り方に問題があったのかも!

ランチ会の誘いを一度断ってしまうと、次からはもう声をかけてもらえないのではないかと気になってしまう人もいます。

しかし角を立てずに上手く断っている人もいるので参考になるかもしれません。

よく使われるのが金銭的な理由を上げる方法でしょう。

「出費がかさんで、お小遣いがあまり残っていないから」「今月は家計が苦しいので、今回は遠慮させてもらうね」など、今はお金のやりくりで苦労していることを伝えれば、相手も仕方がないと思ってくれるようです。

それ以降お誘いがないのなら、適当な時期を見計らって「窮地は脱したから、また食事でも」とこちらから声をかけてみることです。

他に別の用事があることを口実に使うケースもよくあります。

夫からの頼まれごとでその日のうちに役所へ行かなくてはならなくなったとか、どうしても外せない急用があることを伝えるという方法です。

夫の都合など家庭の事情であれば、ママ友達も受け入れるしかないと思ってくれるはずです。

しかし、あまり夫を矢面に立たせると、今度は夫に対する印象が悪くなってしまうので頻繁にこの口実を使うことはお勧めできません。

また、理由なしでストレートに行かれないと伝えるのも良いかもしれません。

余計な言い訳をしたり変に取り繕ったりするより、この方が自然に受け止めて貰えるでしょう。

その際にはまた誘ってもらえるためにも「残念だけど」「次の機会は是非」などと、本当は行きたい気持ちがあることを示しておくのがポイントです。

ランチ会に誘われない…ママ友に執着しすぎかも!

一緒にランチをしていてもその中にぎくしゃくした関係の人たちがいたり、帰り道で、分かれた後にその人の悪口を言うママ友がいたりと、一見楽しそうに行動しているママ友同士でもその裏では思わぬ確執があったりするものです。

誰からもランチに誘ってもらえないと寂しい思いをしているお母さんもいるでしょうが、その方がかえって気が楽と言えるかもしれません。

誰かに不満があってもそれを自分の心のうちに留めている限りは、神様から罰が当たるということもないと思います。

それに自分一人だけ誰からも声をかけてもらえず、置いてけぼりされてように感じて孤独感だったという体験なら誰しもしたことがあるはずです。

もし、そんな思いを味わったことのない人がいたら、その人は執着心の少ない人で余り悩むことのない幸せな性格の人なのではないでしょうか。

そんな性格になれれば誰しも楽になれるとは思いますが、実際には結構みんな同じ思いをしているものです。

いつも連れ立って出かけている他のお母さんたちも、実際には同じような体験を何度かしたことがあるはずです。

ただそれを言葉に出して言わないだけなのです。

ですから、今は友達がいないと嘆いている人でも、自然体に振舞っていれば、そのうちきっと気の合うお友達もできるはずです。

ママ友のランチ会に誘われない…悩むぐらいなら誘ってみては?

子供が仲良く遊んでいるお友達のご両親はどんな人なんだろう?」「子供の友達なら親同士でもお付き合いをしてみたい」と思うお母さんはいないでしょうか。

しかし、電話番号やLINEのIDを知りたいけど聞き出すのには結構勇気がいるし、ランチ会の話もなく、親しくなるきっかけがなかなかつかめずに、もどかしい思いをしながら毎日を過ごしているケースも少なくないようです。

待っていても仕方がないからこちらから声を掛けようと思っても、ビジネスマンのように名刺など差し出したりしたら、向こうはきっと身構えてしまうに違いありません。

それより、今あちこちで見かける可愛らしいデザインの付箋を名刺代わりに活用してみてはいかがでしょうか。

付箋の上の5、6枚に、自分と子供の氏名や連絡先、簡単なメッセージをいかにもさりげなく書いたような感じで、渡してしまえば向こうも気楽に受け取ってくれると思います。

これを実行に移すには人が集まっている時を狙っていく方が良いでしょう。

そして何人かの人に、「いつもお世話になっている○○の母親です。登録してもらえれば嬉しいです。」などと明るく声を掛けましょう。

受け取ってくれた人の中には社交的な性格で、すぐに登録してくれる人も出てくるかもしれません。

もし登録の連絡を頂いたら、お礼の返信を忘れずないようにしましょう。

こうしているうちに、きっとママ友同士でのランチのお誘いも受けることになると思います。

関連記事はこちら


 - 育児

ページ
上部へ