知恵の花

気になる大学選び!進路の決め方に迷った時のポイント

   

気になる大学選び!進路の決め方に迷った時のポイント

大学どうしよう…多くの高校生がその先の進路に悩むことになります。

自分がどんな進路や将来を選ぶのか、決め方は自由です。

たくさん悩み考えることが、自分を見つめ直し、将来を見据えるとても大切な時間になることでしょう。

今回は、そんな将来の選択の参考に、大学の進路のいろんな決め方についてリサーチしてみました。

いろんな意見などを取り入れながら、自分に合った進路を選択しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

これでバッチリ!料理の苦手意識を克服するためのプロセス

料理を作ってもなかなかうまくいかない…何度か...

イタリアンレストランに行く服装は…気になるマナーと注意点

少しかしこまったイタリアンレストランに行く時...

異性から来た突然のメール…隠された意図と注意したい下心

突然来た異性からのメールにはどのような意図が...

スポンサーリンク


大学の進路どうしよう!決め方がわからない時は?

進路は逆算で考えるそれでは、具体的に進路はどのように決めていけばいいのでしょうか。

それは、「私はこんな風に生きていきたい」ということをはっきりさせ、そこから逆算していくことです。

例えば、アメリカの田舎で放牧をしながらゆっくり生きていきたいということであれば、英語と放牧について勉強できる道に進む、もしくは現地へ行くという道が考えられます。

40 歳までは外資系証券会社でお金を稼ぎ、早期退職して、東南アジアの島で生きたいとうことであれば、英語、投資や証券取引法などを勉強できる道に進み、インターンシップで働くという道もあります。

他にも、夏は都会で働きつつ冬はペンションを経営し、好きな時にスキーを楽しめるような生き方をしたいということであれば、期間を選んで働くことができる技術、経営や集客を勉強できる道に進むなど、様々な進路を考えることができます。

自分の進みたい道をはっきりさせ、勉強したいことを高校で学ぶことができるならば無理に大学に進学する必要はありません。

大学でなければ学ぶことができないのならば高校では勉学に励み、大学進学を目指しましょう。

決め方に迷う大学の進路は高1から始めて!

高校1年生から始まる進路選び「先んずれば制す」。

進路選びを成功させるカギはこの一言に集約されています。

高校に入学したときからすでに進路選びは始まっているのです。

一年生の秋までに文系、理系を選択する学校がほとんどなため、秋までにお子さんの興味や将来の夢などについて話し合っておくようにしてください。

話し合ったら、夢の実現のためにどの大学や学部、学科に進まなければいけないのかをしっかりと調べることが大切です。

秋に文系・理系の選択をすると、2年生からそれぞれのコースに分かれて授業が進んでいくため、受ける科目や時間割がコースごとに異なります。

この選択は受験できる大学や学部、学科に深く関わってくるため、慎重に選ばなければなりません。

高校時の文系・理系の選択だけが将来就く職業を決めることになるとは限りません。

しかし、今後の人生に大きな影響を与える選択であることは事実です。

医者になりたい場合、医学部へ進み、国家資格を取得しなければなりません。

医学部を受験するためには、理系に進むことは必須になります。

目標を達成するために必要な技術や知識をどのようにして身につけるか、そこに注意してコースを選びましょう。

大学で取得できる資格もたくさんあるので、大学を選ぶときの参考にしてみてください。

 こんな決め方アリ?大学の進路を選ぶ動機

なかなか志望校を決めることができない人は、志望理由を気にしすぎている場合があります。

周りの人はもう志望校を決めていて、焦ることもあるかもしれませんが、周りにつられて何か急いで決めようとする必要はありません。

彼らは意志や夢があって、素晴らしい理由を持っていることも多いですが、だからといって自分も何か立派な目標を立てなければと気をもむことはないのです。

事実、受験に成功した人でも、立派な志望理由を持って受験に望んだ人はそう多くはないでしょう。

例えば、大阪市立大学は大阪市内では唯一の国公立大学なので、家から近いから志望したということも珍しくありません。

医学部受験者ですら自分の偏差値に見合っていたからという理由の場合もあるのです。

欲に忠実な理由でも問題ないでしょう。

例えば成人式を迎え、同窓会で級友に会ったとき「どこの大学行ってるの?」 という質問をされたとき、どこの大学に行っていると答えたら誇らしい気持ちになれるでしょう。

そんなことでもいいのです。

それも立派な動機になります。

人間は自分の自尊心を満たすためなら大きな力を発揮することができます。

自分の欲望に忠実な理由が一番強いのです。

大学の近くに繁華街があるからそこへ買い物に行きたい、近くに女子大があるから合コンがしたい、兄弟姉妹を越えたい、校舎が綺麗など自分がそこでやっていける理由ならばどんなものでもいいのです。

気になる大学選び!進路の決め方は?

大学の探し方

1.学べる学問で探す

まずは、自分が大学で学びたいことは何かということを考えてみましょう。

これを考えて、自分が学びたい学問が学べる大学を探していく方法です。

学びたいことは、初めは経済学部や法学部、理学部などの学部から考えていきましょう。

候補の学部がある程度決まってきたら、学問分野が学べるのか、盛んな研究内容はなんなのかなどをさらに詳しく調べてみるといいですね。

2.所在地から探す

現在の居住地や、将来住みたい場所から進学する大学を探すのも1つの方法です。

保護者から、自宅から通える大学にしてほしい、と言われているのであれば、親と相談しつつ今住んでいるところの近くの大学を探してみましょう。

3.偏差値から探す

成績や偏差値から大学を探すときに注意しなければならないことは、今の成績からかんがえるのではなく、今後学力が伸びる可能性も含めて考えるということです。

どうしても今の成績から考えてしまいますが、今後の成長にも期待してあまり選択肢を限定しないようにしたいですね。

大学の進路は決め方によっては失敗するかも!

人間関係に左右された決め方人間関係を軸に進学先を決める人がよく見られます。

「○○が××大学に行くなら私もそこを目指そう」という決め方です。

この決め方がよくないことは誰でもわかると思います。

自分の将来に大きく関わる大学選びを他人との関係で決めてしまっては、自分の意思で進路を決めたとは言えませんからね。

他人につられて志望校を決めてしまうと、たとえ受験に合格して無事に入学できたとしても、だんだんとそこでの学びがつらくなってきてしまいます。

そんなところで4年間を過ごすことは学費も時間も無駄にしてしまうだけです。

そのような決め方が全ていけないというわけではありません。

仲の良い人と同じ大学を目指すことがモチベーションとなるのであれば、そういった決め方も効果があるのかもしれません。

周りに優秀な友人がいると、その友人たちから刺激を受けて、もっと上を目指して入学した後も仲間たちに置いていかれないように勉学に励もうと思うかもしれません。

妥協した決め方模擬試験を受けるとA〜Eの間で判定が出され、その判定をもとに受験生は受験勉強を進めていきます。

中にはその判定を見て「今の学力では絶対に合格することはできない。」と絶望してしまう人もいます。

ですが、これは大きな間違いです。

人は目標を低くしてしまうと、その低くした目標でさえ達成できなくなってしまう可能性もあるのです。

関連記事はこちら

 - 学校生活

ページ
上部へ